大国主

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
出雲大社にある大国主の銅像

大国主(おおくにぬし)は、『古事記』『日本書紀』に登場する日本神話である。国津神の代表的な神だが、天孫降臨天津神に国土を献上したことから「国譲りの神」とも呼ばれる。出雲大社の祭神。(天津神の主宰神である天照大神に対し、国津神の主宰神とされる。)

神話における記述[編集]

日本書紀』本文によるとスサノオの息子。また『古事記』、『日本書紀』の一書や『新撰姓氏録』によると、スサノオの六世の孫、また『日本書紀』の別の一書には七世の孫などとされている。

スサノオの後にスクナビコナと協力して天下を経営し、禁厭(まじない)、医薬などの道を教え、葦原中国の国作りを完成させる。だが、高天原からの使者に国譲りを要請され、幽冥界の主、幽事の主宰者となった。国譲りの際に「富足る天の御巣の如き」大きな宮殿(出雲大社)を建てて欲しいと条件を出したことに天津神が約束したことにより、このときの名を杵築大神ともいう。

大国主を扱った話として、因幡の白兎の話、根の国訪問の話、ヌナカワヒメへの妻問いの話が『古事記』に、国作り、国譲り等の神話が『古事記』・『日本書紀』に記載されている。『出雲国風土記』においても多くの説話に登場し、例えば意宇郡母里郷(現在の島根県安来市)の条には「越八口」を大穴持命が平定し、その帰りに国譲りの宣言をしたという説話がある。

別称[編集]

大国主は多くの別名を持つ。

  • 大国主神(おおくにぬしのかみ)・大國主大神 - 根国から帰ってからの名。大国を治める帝王の意
  • 大穴牟遅神(おおなむぢ)・大穴持命(おおあなもち)・大己貴命(おほなむち)・大汝命(おほなむち『播磨国風土記』での表記)・大名持神(おおなもち)・国作大己貴命(くにつくりおほなむち)
  • 八千矛神(やちほこ) - 須勢理毘売との歌物語での名。矛は武力の象徴で、武神としての性格を表す
  • 葦原醜男・葦原色許男神・葦原志許乎(あしはらしこを) - 根国での呼称。「しこを」は強い男の意で、武神としての性格を表す
  • 大物主神(おおものぬし)-古事記においては別の神、日本書紀においては国譲り後の別名
  • 大國魂大神(おほくにたま)・顕国玉神・宇都志国玉神(うつしくにたま)- 根国から帰ってからの名。国の魂
  • 伊和大神(いわおほかみ)伊和神社主神-『播磨国風土記』での呼称
  • 所造天下大神(あめのしたつくらししおほかみ)- 『出雲国風土記』における尊称
  • 幽冥主宰大神 (かくりごとしろしめすおおかみ)
  • 杵築大神(きづきのおおかみ)

妻・子孫[編集]

大国主の系図(『古事記』による)。青は男神、赤は女神、黄は性別不詳

大国主は色々な女神との間に多くの子供をもうけている。子供の数は『古事記』には180柱、『日本書紀』には181柱と書かれている。記においては以下の6柱の妻神がいる(紀では記にみえない妻神がさらに1柱おり、『出雲風土記』ではこれ以外にもさらに何人もの妻神が表れている)。 別名の多さや妻子の多さは、明らかに大国主命が古代において広い地域で信仰されていた事を示し、信仰の広がりと共に各地域で信仰されていた土着の神と統合されたり、あるいは妻や子供に位置づけられた事を意味しているという説もある。

信仰[編集]

国造りの神、農業神、商業神、医療神などとして信仰される。『古事記』上つ巻、及び『日本書紀』神代紀(下)に拠れば、スクナビコナらと共に「大国主が行った国作りとは、人々に農業や医術を教え、生活や社会を作ること」であったとされる。荒ぶる八十神を平定して日本の国土経営の礎を築いた。医療神としての信仰の事例を近世挙げると、1883年(明治16年)10月に明治天皇皇后昭憲皇太后[1]もしくは大正天皇の生母柳原愛子が病弱だった明宮(のち大正天皇)の健康を祈り、出雲大社より大国主の分霊をとりよせ、明宮が生活していた中山忠能邸の神殿に祀っている[2][3]。 大正天皇は皇太子時代の1907年(明治40年)5月27日東郷平八郎元帥等と共に[4][5]、出雲大社を参拝した[6][7]。先述の「記紀にて人々に医術を教えた事による医療神信仰」に加えて、大正天皇は己卯の年の生まれ(平易に言えば干支は卯年の生まれ)であるので、(大国主の兄弟神たち・八十神に嘘の治療法を教えられて浜辺で泣いていた兎を正しい治療法・蒲の穂の花粉で癒やしたという因幡の白兎の)逸話等から験を担いだものとされる。

また大国主は縁結びの神としても知られる。縁結びの神とされる由来は、大国主が神事を治める出雲には毎年10月に諸国の神々が集い(神在月)、出雲の大国主の下で神々が人々の縁結びについて話し合われるという逸話から、主宰神たる大国主に縁結びの信仰が生まれたとされる。また、大国主命が福徳によって助けた兎に言われた通りヤガミヒメと縁が結ばれた逸話や、須勢理毘売命を始めとする多数の女神と結ばれたことによるという解釈もある。

出雲大社は「大国主神が幽世の神事の主催神となられ、人間関係の縁のみならず、この世のいっさいの縁を統率なさっている」として、男女の縁のみならず、広く人と人との根本的な縁を結ぶ神であるとしている。出雲大社の主張に対しては、「元々その信仰そのものが江戸時代国学によって作られたもので、古くにはないものであり、上記の俗説が民間信仰となって広まったため」だとする説もあるが、比較神話学の立場から国学とは無関係に古く存在していた信仰である可能性も指摘されている。 

縁結びの信仰がいつから始まったかという点は正確には不明だが、江戸時代中期には確実に出雲大社(大国主)の縁結び信仰が広まっていた模様。確認できる最古の文献として、江戸・元禄時代に井原西鶴が記した『世間胸算用』に「出雲は仲人の神」と記述ありとされる。そも(抑)、神在月の謂われはいつの頃から存在したかという点について、古くは平安時代末に藤原清輔により著された歌学書『奥義抄』では「十月(かみなつき)、天下のもろもろの神、出雲国にゆきて、こと国に神なきが故にかみなし月といふをあやまれり」(意訳:十月は「かみなし月」というべきところを「かみなつき」と誤っている)という記述があり、既に平安時代末の頃には十月に神々が出雲に集まるという話、信仰が広まっていたともされる。同時代、藤原範兼による歌学書『和歌童蒙抄』にも、「十月は万の神たち出雲ノ国へおはしますに依て神無月と云う」とあったとされ、室町時代には、辞書『下学集』に 「出雲国には神有月と云うなり」とあり、ここで初めて神有月(神在月)という言葉が出てきたとされる。他、室町以降は様々な文献等に散見され、室町時代以降は一般大衆の間にも、「十月に出雲に神々が集まる」という話が広まっていた模様。

この他にも、中世には武士や刀鍛冶などから武神、軍神としても広く信仰されていた。記紀神話には直接的な武威の表現は見られないが、武を象徴する別名があることや、スサノオの元から手にした太刀や弓を用い国を広く平定したことなどから、そうした信仰になったと考えられる。このため武士政権が崩壊した明治以降現在も、武術家や武道家などから信仰されている。また江戸期には全国的な民間信仰の広まりにより、「大国」はダイコクとも読めることから同じ音である大黒天(大黒様)と習合していった。このため比較的歴史の浅い神社などでは、大黒天が境内に祀られていることが多い。

また前述の呪術的、あるいは武力的な神格を用いて、所出不明の神などが祀られていた神社などの祭神に勧誘される場合も多く散見される。小さな集落などでは時に氏子などが断絶するなどで廃社となった神社もあり、こうした場合に本来の祭神が誰なのか不明となることが多く、こうした神社を復興させる際に本来祀られていた神の祟りなどを鎮めるといった意味合いから、こうした神格を持つ大国主命が配される[要出典]ことがある。

大国主を祀る主な神社[編集]

大国主を祀る神社は多い。

ほか、全国の出雲神社で祀られている。 また北海道神宮北海道札幌市)をはじめ北海道内のいくつかの神社では、「開拓三神」として大国魂神少彦名神と共に祀られている。

脚注[編集]

  1. ^ #大社叢書四コマ4-5(原本3-4頁)『三、皇后陛下(昭憲皇太后)出雲大佐へ御祈願』
  2. ^ #大正天皇(原2000)31-32頁『アマテラスではなくオオクニヌシ』
  3. ^ #大社叢書四コマ6-7(原本6-8頁)『四、中山邸内へ出雲大社御分靈奉遷』
  4. ^ #大社叢書四コマ8-12(原本11-19頁)『七、出雲大社へ御参拝』
  5. ^ #皇太子殿下島根県行啓日誌コマ60-62(原本115-119頁)『出雲大社御参拝』
  6. ^ 明治40年5月29日官報第7172号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ3『○東宮行啓 皇太子殿下ハ一昨二十七日午前九時今市町御旅館御出門島根縣女子師範學校ヘ行啓續テ杵築町御箸出雲大社御参拝午後同縣立杵紫中學校ヘ行啓同四時三十分御旅館ヘ還御アラセラレタリ』
  7. ^ #大正天皇(原2000)112-114頁『公式の山陰巡啓』

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]