トム・リーガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TomRegan2.jpg

トム・リーガン(Tom Regan、1938年11月28日 - 2017年2月17日[1])は、アメリカ合衆国動物の権利論を専門とする哲学者。1967年から2001年まで、ノースカロライナ州立大学で教鞭をとった。1985年以来、彼は妻であるナンシー・リーガンと共に、非営利団体「文化と動物基金(Culture and Animals Foundation)」を創設。動物のための団結、知的·芸術的な努力の成長を促進することを目的とした活動を行っている。

著作(いずれも未邦訳)[編集]

  • All That Dwell Therein: Essays on Animal Rights and Environmental Ethics (1982)
  • The Case for Animal Rights, University of California Press (1983, 1985, 2004)
  • Bloomsbury’s prophet: G.E. Moore and the development of his moral philosophy, Temple University Press (1986).
  • G. E. Moore: The Early Essays, Temple University Press (1986).
  • Animal Sacrifices: Religious Perspectives on the Use of Animals in Science (1986)
  • The elements of ethics / G.E. Moore; edited and with an introduction by Tom Regan, Temple University Press, (1991).
  • Defending Animal Rights, University of Illinois Press (2001). ISBN 0-252-02611-X
  • Empty Cages: Facing the Challenge of Animal Rights, published by Rowman and Littlefield, Lanham, Maryland, (2004). ISBN 0-7425-3352-2, 229 pages.
  • Tom Regan. "Die Tierrechtsdebatte". Interdisziplinäre Arbeitsgemeinschaft Tierethik (Hrsg.). Tierrechte – Eine interdisziplinäre Herausforderung. Erlangen 2007. ISBN 978-3-89131-417-3

脚注[編集]