股関節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

股関節(こかんせつ)は寛骨臼と大腿骨頭よりなる球関節(関節部分が球形(股関節の他に肩関節))であり、荷重関節(体重などがかかる関節(他に膝関節など))である。大腿骨頭は半球を上回る球形で、寛骨臼は深く大腿骨頭を収納するように形成されている。また、大腿骨頭が容易に脱臼できない仕組みになっている。


組織[編集]

股関節を構成する人体の組織には、以下の様な物がある。

[編集]

  • 寛骨臼
  • 大腿骨頭

靭帯[編集]

  • 腸骨大腿靭帯
  • 恥骨大腿靭帯
  • 坐骨大腿靭帯
  • 寛骨臼横靭帯
  • 輪帯
  • 大腿骨頭靭帯

筋肉[編集]

病気[編集]

股関節に起こる主な病気には以下のようなものがある。

  • 先天性股関節脱臼
  • 股関節亜脱臼障害
  • 変形性股関節症
  • ベルテス病
  • 特発性大腿骨頭壊死症
  • 大腿骨頭辷り症
  • 単純性股関節炎
  • 急性化膿性股関節炎
  • 結核性股関節炎
  • 色素性絨毛結節性滑膜炎
  • 股関節周辺滑膜包炎と石灰化腱炎
  • 特発性一過性大腿骨頭萎縮症
  • 急速破壊型変形性股関節症
  • 臼蓋形成不全
  • 股関節唇損傷

関連項目[編集]