大腿骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
骨: 大腿骨
Gray252.png
大腿骨
名称
日本語 大腿骨
英語 Femur, Thigh bone
ラテン語 Femur, Os femoris
関節 股関節, 膝関節
画像
アナトモグラフィー 三次元CG
関連情報
MeSH Femur
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
テンプレートを表示

大腿骨(だいたいこつ、英語:thigh bone)は、四肢動物の後肢において近位部を構成する長骨である。哺乳類の体では最も長く、体積があり、強靭な骨である。からの間を構成する。

ラテン語ではfemurで、属格femoris。ただし古典ラテン語では属格はfeminisである。

人の大腿骨[編集]

平均的な長さは43.2cm。近位端、大腿骨体、遠位端で構成される。近位端は、大腿骨頭、大腿骨頚、大転子、小転子で構成される。丸い大腿骨頭は寛骨とともに股関節を形成する。大腿骨頭はなめらかだが、大腿骨頭窩というくぼみがあり、そこに着いた靭帯が寛骨臼につながっている。大腿骨頭の重要な機能の1つは、骨髄における赤血球の生産である。大腿骨頚は、大腿骨頭と大転子、小転子の間にある。大腿骨頚と骨体の角度は頚体角と呼ばれ、通常は約125度である。大転子と小転子には、股関節を動かす筋肉が着く。

大腿骨体の背面には粗線が走っており、表面を3つに分けている。粗線の上部である殿筋粗面には、大殿筋が着く。粗線の下部には大腿二頭筋が着く。

遠位端には、内側顆と外側顆の2つの隆起があり、脛骨とともに膝関節を形成する。内側顆と外側顆の間の隙間は顆間窩と呼ばれる。内側顆と外側顆の上部には内側上顆と外側上顆があり、内側上顆の上には内転筋結節がある。

大腿骨と関節する骨[編集]

大腿骨から起始する筋肉[編集]

大腿骨に停止する筋肉[編集]

画像[編集]

参考文献[編集]

  • H. F. Frickほか『ヴォルフ人体解剖学アトラス』内野滋雄ほか監訳、西村書店、2001年、398-400頁

現在記載されている、「腸腰筋」 は 「腸骨筋」の誤りでしょう。タイプミスと思いますが。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 大腿骨 - 慶應医学部解剖学教室 船戸和弥