小内転筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小内転筋
分類
所在分類: 骨格筋
支配神経: 閉鎖神経
坐骨神経脛骨神経
部位
体肢筋
下肢の筋
大腿筋
内転筋群
ラテン名
Musculus adductor minimus
英名
Adductor minimus muscle

小内転筋(しょうないてんきん、adductor minimus muscle)は人間恥骨筋肉股関節の内転、屈曲、外旋を行う。

恥骨下枝から大内転筋の最前部として起こり、固有の大内転筋の上部の線維と交叉しながら粗線の内側唇で終わる。

関連項目[編集]