変形性股関節症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう、osteoarthritis of hip)は、関節軟骨の変性・磨耗によって、近傍の骨の変形・破壊や関節滑膜の炎症が起き、疼痛や運動障害からADL障害をきたす股関節疾患である。

本症は明らかな先行する基礎疾患を有さない一次性股関節症と、例えば先天性股関節脱臼や形成不全、あるいは外傷や炎症の結果惹起される二次性股関節症に大別することができる。

日本では先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全などに続発する、二次性のものが多い。

X線所見では、関節裂隙の狭小化、骨硬化、骨棘、骨嚢胞などが認められる。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]