兵馬俑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯34度23分5.7秒 東経109度16分23.1秒

始皇帝陵兵馬俑坑1号坑
騎兵俑と軍馬俑
彩色された兵士

兵馬俑へいばよう)は、古代中国で死者を埋葬する際に副葬されたのうち、兵士及び馬をかたどったもの。狭義には陝西省西安市臨潼区秦始皇帝陵兵馬俑坑出土のものを指す。

概要[編集]

古代中国の俑は死者の墓に副葬される明器の一種であり、被葬者の死後の霊魂の「生活」のために製作された。春秋戦国時代には殉葬の習慣が廃れて、人馬や家屋や生活用具をかたどった俑が埋納されるようになり、華北では主として陶俑が、湖北湖南の楚墓ではとくに木俑が作られた。兵馬俑は戦国期の陶俑から発展したものだが、秦代の始皇帝陵兵馬俑においてその造形と規模は極点に達する。漢代以降も兵馬俑は作られたが、その形状はより小型化し、意匠も単純化されたものとなった。

兵馬俑坑発掘の経緯[編集]

始皇帝陵(驪山陵)の存在は『史記』や『漢書[1]など、古代中国の歴史書に記されていた。1962年に陝西省文物管理委員会が始皇帝陵園の調査を行い、78の遺跡を確認したのが始皇帝陵の考古調査の嚆矢であるが、兵馬俑の存在は知られていなかった(地域の住人の間では、以前から水を枯らす化け物として兵馬俑の存在は薄々知られていたとの報告もある)。1974年3月29日、臨潼県西揚村の住民6人が村の南に井戸を掘ろうとして土を掘っていた際に、住民のひとり楊志発氏によって兵馬俑の最初の破片が発見された。彼へのインタビューによれば、最初、鍬で土を掘り返していたところ、何か硬いものに当たったという。きっとなにか壺でも有って、昔ここに竈でもあったのだろうと何気なく掘り返していると、人間大の人形が出てきたという。その人形は左足はかけていたが、胴体は無傷で、その人形の脇には青銅の矢が置いてあった、とのことである(TBSのテレビ番組「世界遺産」の兵馬俑の回のインタビューにて)。当初、住民たちにはこの発見の価値は理解されず、発見を知らされた臨潼県文化館も現場の保護と陶俑の修復を命じたのみで上級部門への報告を怠った。2カ月後、たまたま新華社通信の記者の藺安穏が県文化館に立ち寄り、陶俑が秦代の俑であることを見抜いた。藺安穏の記事が共産党の内部報である『状況匯編』に掲載され、指導部の目に止まった。そこで国務院副総理の李先念国家文物局に遺跡の保護を命じた。同年7月、陝西省が袁仲一を隊長とする考古隊を編成して、現地発掘を開始させた。1年間の発掘で、東西200メートル以上南北60メートル以上におよぶ兵馬俑坑1号坑の全容が明らかとなった。発見された俑は6000体に及んだ。1975年7月21日、新華社通信が秦始皇帝陵兵馬俑坑の発見を報じると、世界的な大ニュースとなった。1976年4月、1号坑の東端北側に兵馬俑坑2号坑が発見された。同年5月、1号坑の西端北側に兵馬俑坑3号坑が発見された。

始皇帝陵兵馬俑[編集]

始皇帝陵兵馬俑坑では、現在までに約8000体の俑が確認されている。兵士の俑にはどれ一つとして同じ顔をしたものはない[2]。また、かつては兵士の俑のそれぞれに顔料で彩色がされていたこともその後の発掘調査で判明した[3]。指揮官・騎兵・歩兵と異なる階級や役割を反映させた造形は、始皇帝麾下の軍団を写したものである。兵馬俑の軍団は東方を向いており、旧六国を威圧したものとみなされている。21世紀に入った現在でも、兵馬俑の調査・研究は継続されており、近年の調査では、来世へと旅立った始皇帝の為に造設されたこの遺跡は、身を守る軍隊だけでなく宮殿のレプリカや、文官や芸人等の俑も発掘されている。そのため、生前の始皇帝の生活そのものを来世に持って行こうとしたものである可能性が高いと考えられている。

  • 武士俑(兵士俑、歩兵俑)

一般的な兵士をかたどったものであり、平均身長は約1.8メートル。軍団の主体を構成しており、兵馬俑坑から出土した数は最も多い。戦袍を着た兵士(戦袍武士俑)と鎧を着た兵士(鎧甲武士俑)に二分される。

  • 御手俑(御者俑)

兵馬俑坑1号坑では、随所に4頭立ての陶製馬の引く木製の指揮用戦車がみられた。戦車の後方には3体の俑が並べ置かれたが、そのうち中央か左側に立つのが御者俑である。丈の長い下衣の袍の外側に鎧を着け、頭には頭巾や長冠を被っている。手綱を持つ両手を前に突き出している形状が特徴的である。銅車馬とともに出土した御者の俑は、鶡冠と呼ばれる山鳥の尾をかたどった冠を載せており、高い身分であったことが知られる。

  • 立射俑

兵馬俑坑2号坑の東部で出土し、武器として強弩を所持していた。後述する跪射俑とともに弓弩兵の四方戦陣を構成しており、陣の外側に配置されている。

  • 跪射俑

前述の立射俑と同様に、2号坑の東部で出土し、武器として弓を所持していた。跪射俑は左膝を曲げて立て、右膝を地につけた形状が特徴的である。下衣に戦袍を着て、外側に鎧を着け、頭頂の左側に髷を結っている。立射俑とともに弓弩兵の四方戦陣を構成しており、陣の内側に配置されている。

  • 騎兵俑
  • 将軍俑

兵馬俑としても数が少なく、出土したものは10件に満たない。戦袍を着た将軍と鎧を着た将軍の2種類がみられ、いずれも頭の髷の上に鶡冠を載せている。

  • 軍吏俑
  • 文官俑

裾の長い上衣を着て、頭に冠をつけ、腰には小刀と砥石をぶらさげて携帯している。小刀は竹簡を削って誤字を修正するためのものである。

  • 百戯俑(力士俑)

でっぷりと肥った腹部と逞しい筋肉をもつ男性の俑。力比べに用いられた青銅の鼎とともに出土している。

  • 楽士俑

足を伸ばして座り、足の上の何かを操作する男性の俑。船を漕ぐ人という説もある。青銅製の水鳥とともに出土した。

漢代以降の兵馬俑[編集]

陝西省咸陽市楊家湾漢墓の陪葬坑からは、彩色された兵士俑や書記俑、執旗俑、舞踏俑などが出土している。いずれも身長は50センチメートル程度である。同じく咸陽市の長陵の陪葬墓からも、彩色された騎兵俑が出土している。また江蘇省徐州市獅子山漢楚王墓でも、彩色された兵馬俑が出土している。

関連作品[編集]

テラコッタウォリア / 秦俑
香港合作作品、1989年。香港のアクション監督・程小東が張藝謀鞏俐を主演に起用した映画。張藝謀の扮する将軍(秦始皇帝の側近)が、鞏俐の扮する美女との恋愛で皇帝の怒りにふれ、兵馬俑に生きながら埋葬されるに至るも、三千年後二人とも同じ時代に転生する。[1]
ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝
アメリカ映画。2008年。ハムナプトラシリーズの第3作品目で、これまでのエジプトから中国に舞台を移した映画。劇中に兵馬俑の兵士達が目覚め、襲い掛かってくるシーンがある。
墨攻
酒見賢一の歴史小説。また、それを原作とした森秀樹の歴史漫画およびそれらを原作とした日中韓合作の映画作品。漫画版のラストでは主人公の革離を象った俑が現在の日本で公開される場面で終了する。
劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝
2007年8月4日に公開された、漫画『NARUTO -ナルト-』を原作としたテレビアニメの劇場版。
兵馬俑一号坑のパノラマ写真

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ なお『漢書』楚元王伝は、項羽によって秦の始皇帝陵は大規模な破壊を受けたことを記している
  2. ^ その造形の緻密さから、当時の実在した兵士をモデルに造られたと考えられている。
  3. ^ 日本では2006年に初めて彩色の残る兵士俑が公開された。

文献[編集]

  • 今泉恂之介『兵馬俑と始皇帝』新潮社、1995年11月、ISBN 4106004879
  • 陝西始皇陵秦俑坑考古発掘隊、秦始皇兵馬俑博物館(共編)『秦始皇陵兵馬俑』平凡社、1983年9月、[2]
  • 岳南、朱建栄 監訳『秦始皇帝陵の謎』講談社現代新書、1994年12月、 ISBN 4061492322
  • 滝口鉄夫『中国兵馬俑への旅 カメラ紀行』北海道新聞社、1996年8月、ISBN 4893631152
  • 鶴間和幸『始皇帝陵と兵馬俑』講談社、2004年5月、ISBN 406159656X
  • 『秦の始皇帝とその時代展』日本放送協会、1994年
  • 『始皇帝と彩色兵馬俑展 司馬遷『史記』の世界』TBS、2006年
  • 『特別展 始皇帝と大兵馬俑』NHK/NHKプロモーション/朝日新聞社、2015年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]