充血除去薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

充血除去薬(じゅうけつじょきょやく、充血除去剤、Decongestant)とは、上気道感染症による鼻詰まりを改善する医薬品のカテゴリーである。一般的な成分はプソイドエフェドリン(PSE)やフェニレフリンなど。鬱血除去薬充血緩和薬とも。

これらはαアゴニストであり、0.05-0.1% の濃度で局所の血管を収縮させる。繊毛機能が損なわれるため、これらの薬剤を長期間使用し続けることは避けるべきである。

適応[編集]

成人の風邪の症状を改善しうる(エビデンスレベルB)[1]

一覧[編集]

以下の薬剤が一般的とされる。

以下は一般的ではない薬剤である。

出典[編集]

  1. ^ Fashner J, Ericson K, Werner S (2012). “Treatment of the common cold in children and adults”. Am Fam Physician 86 (2): 153–9. PMID 22962927. http://www.aafp.org/afp/2012/0715/p153.html. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]