栄養失調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
栄養失調
A malnourished child in an MSF treatment tent in Dolo Ado.jpg
エチオピア最南部のドーロ・アドにある国境なき医師団医療テントにいる栄養失調の子供
診療科 集中治療医学
症候学 肉体的・精神的成長の遅れ、エネルギー量の低下、脱毛、脚や腹部の腫れ[1][2]
原因 食事における栄養素の過多または不足、吸収不良[3][4]
リスクファクター 貧困、母乳育児の不能、胃腸炎、肺炎、マラリア、はしか[5]
予防 農業改善、貧困削減、衛生の改善、女性の地位向上[6][7]
治療 栄養の強化された食事、サプリメントすぐに食べられる栄養補助食品、根本的な原因の改善[6][8][9]
頻度 世界人口の約11%にあたる、8億2100万人の栄養失調(2017年)[10]
死亡者数 栄養失調により406,000人(2015年)[11]

栄養失調(えいようしっちょう)または栄養不良(えいようふりょう)、栄養不足(えいようぶそく)(: Malnutrition)とは、偏食や食料の不足、すなわち1つ以上の重要な栄養の不足した食事、もしくは疾病により引き起こされる、動物が健康を維持できない状態を指す一般的な用語である。動物は従属栄養生物であって、何らかの形で生体外からエネルギー産生に必要な物質を摂取せねば生きられず、飢餓が限度を超えた場合は餓死に至る。

日本の学校教育法では、身体虚弱[12]に含まれる。

要因[編集]

2020年の世界の栄養失調人口の割合。出典:世界食糧計画
  < 2,5%
  < 5,0%
  5,0-14,9%
  15,0-24,9%
  25,0-34,9%
  > 35,0%
  データなし
飢餓の状態にある女の子。

栄養失調の動物は、食事で充分なエネルギーや、必須アミノ酸ビタミン微量元素を補給できていない。食事の不足や栄養の偏りなどで発生するが、何らかの疾患によって起きた栄養失調は悪液質と呼ぶ。

栄養失調のうち、特に体を動かすエネルギーが不足している状態を低栄養と呼び[13]、一般的には飢餓と呼ばれる。世界人口約77億人[14]に対して、約6億8,780万人が栄養を充分に摂取できない飢餓の状態にある[15]

飢餓は異常気象戦争災害、そして慢性的な貧困によって起きることが多く[16]、また歴史的には政治・経済体制の崩壊の場合にも多く発生した。世界の食糧生産自体は常に必要量を上回っており、さらに20世紀の人口爆発においても、緑の革命などの食糧生産技術の革新によって、1人あたりの食糧生産量はむしろ大きく増大した[17]が、飢餓は21世紀においても消滅していない。また、最低限のカロリーを確保することができ飢餓に陥っていない場合においても、必要な栄養素をすべて確保した健康的な食事を取るにはさらに費用が必要となるため、栄養失調となっている人びとは多い[18]

現代社会では経済的な理由で食料の調達が行えない状態(貧困)、拒食症摂食障害、極端な偏食、自己流の菜食主義、自己流の制限食ダイエットなどに伴い発生する。特に、高齢者や自己流の制限食ダイエットによる極端な偏食に伴うものは新型栄養失調と呼ばれる事がある[19][20]。しかしながら、21世紀現在においては先進国でも、亜鉛[21][22][22]ヨウ素、およびビタミンAビタミンBなどの欠乏症は広く一般的に発生しており、公衆衛生の問題として認識されている。

分類[編集]

欠乏症[編集]

ある栄養素が不足していることから起こる医学上の問題は一般的に欠乏症と呼ばれる。栄養不良の一般的な形態はタンパク・エネルギー栄養失調と微量栄養素栄養失調に分かれる。

タンパク質-エネルギー栄養障害英語版
タンパク質及びエネルギー栄養失調は、身体のエネルギーとタンパク質の不充分な利用、または、摂取不足や吸収不全による。タンパク質とエネルギーの双方が不足している場合はマラスムス、タンパク質のみが不足している場合はクワシオルコルとなる。
微量栄養素栄養失調
微量栄養素栄養失調は、自身で合成することが不可能な生命活動の維持に少量ながら必要な必須栄養素(ビタミン必須元素アミノ酸脂肪酸)などの不足が原因で発生する。これらの欠乏は様々な疾患につながり、身体の正常な機能を損なう。ビタミン欠乏症は、かつてビタミンが知られていなかった時代においては原因が不明であり、ビタミンC欠乏症の壊血病のように航海中の船員が多くかかることで恐れられたり[23]ビタミンB1欠乏症である脚気のように江戸時代から明治時代にかけての都市において猖獗を極めたものもある[24]。発展途上国においてはビタミンAの欠乏が深刻である[25]。ビタミン欠乏症では、ほかにビタミンD欠乏症であるくる病ナイアシン(ビタミンB3)の欠乏症であるペラグラなども存在する。必須元素欠乏症として最も一般的なものは鉄欠乏症であり、またヨウ素欠乏症の患者も世界中に広く分布している[26]。このほか、亜鉛欠乏症銅欠乏症など、さまざまなミネラル欠乏症が存在する。
新型栄養失調
例えば、高齢者で1日に3回の食事をしているが、総カロリーや蛋白質摂取量が不足し発生する[27]、これは経済的理由や買物難民(買い物弱者)[28]や、サルコペニアの要因との指摘されている[29]。また、「自己流の制限食ダイエット」などに伴い発生する[30][22]
他一覧

過剰症[編集]

15世紀の医師で毒性学の父とも呼ばれるパラケルススの名言として「全てのものは毒であり、毒でないものなど存在しない。その服用量こそが毒であるか、そうでないかを決めるのだ」は現代でも通用する。通常の食事では起きえなくとも、サプリメントの過剰摂取などによって引き起こされる場合がある。

栄養過剰の中でもっとも一般的なものは肥満である。2016年には世界人口の13%に当たる約6億5000万人が肥満となっていた[31]。肥満は先進国・発展途上国双方において深刻な広がりを見せているが、先進国においては低所得者層が、発展途上国においては高所得者層が罹患しやすい傾向が見られる[32]

動物の栄養失調の例[編集]

  • インディアンイエローという染料を作る際に、マンゴーの葉だけを食べさせ栄養失調を起こさせた雌牛の尿を利用する。この雌牛は短命となる。
  • 奈良の鹿 - 鹿せんべいが与え続けられた結果、ミネラルなどの栄養が不足し体格が小型になっている。
  • フォアグラ - ガチョウやアヒルに沢山の餌を与えることにより、肥大した肝臓。
  • 犬の亜鉛反応性皮膚症 - 亜鉛の吸収が悪かったり、栄養の偏りで赤い湿疹ができたり、毛の艶が無くなる病気。
  • ホッキョクグマは、北極海で氷が張る時期に食料を得て、それ以外の時期を食料が得られない時期になるが、温暖化により狩猟時期が減り・絶食になる期間が長くなっており、2006年に絶滅危惧種に指定された。それ以外にも気候変動によって多くの動物が絶滅の危機にあると指摘されている[33][34]

栄養失調となる疾病[編集]

疾病による栄養失調を悪液質と呼ぶ。この症状は、悪性腫瘍心不全、慢性肺疾患、リウマチ後天性免疫不全症候群、炎症性腸疾患などの合併症として現れる[35]

栄養失調に伴う疾病・症状[編集]

飢餓浮腫[編集]

血液中のアルブミンなどの多くのタンパク質は水をひきつける浸透圧作用を持っている。この場合の浸透圧は膠質浸透圧と呼ばれている。ヒトでは血漿のタンパク濃度が7.3 (g/dl)前後であるのに対して、間質液中のそれは2 (g/dl)から3 (g/dl)程度である。この時血漿の膠質浸透圧は約28 mmHgであり、間質液のそれは約8 mmHgである。この濃度差から生じる膠質浸透圧較差によって循環血液量と間質液の量が保たれている。しかし、タンパク質の不足による低アルブミン血症ではこの膠質浸透圧が低下するため、循環血漿量が維持できずに間質に水分が流出(濾出)してしまう。これがむくみである浮腫(腹部の場合は腹水貯留)の原因となっている。貧困地域の栄養失調児が極度に細い手足に反して膨らんでいる腹部の姿を示すのは、このタンパク質不足に起因する浮腫によるものである。医学的に「飢餓浮腫」と呼ばれている。

リフィーディング症候群[編集]

長期の飢餓状態から急に大量の食事をした際に起きる諸症状をまとめてリフィーディング症候群と呼ぶ。食料を与えてから4日以内に発生し、痙攣、心不全、呼吸不全、低リン血症、血糖値・ビタミン・ミネラルの異常、消化器異常、意識障害などが報告され、死亡例もある[36]

発症メカニズムは以下のとおりである。まず飢餓状態では、ミネラルやビタミンなどが不足しながらも、体内のたんぱく質の異化脂肪分解で対応している。この時に大量の食事をしてしまうと血糖値を制御するインスリンが過剰分泌され、急速なATP産出やタンパク質の合成が始まる。その活動によって、飢餓によって不足していたリンが過剰消費され、更にリン・カリウム・マグネシウムが細胞内に移動し、これらミネラル栄養素不足でリン欠乏症・カリウム欠乏症・マグネシウム欠乏症が発症する。また、糖質代謝に関わるビタミンB1も欠乏を起こす[37]

疫学[編集]

2002年における10万人あたりの栄養失調においての障害調整生命年。この図の栄養失調には、タンパク質・エネルギー栄養失調、ヨード欠乏症ビタミンA欠乏症鉄欠乏性貧血が含まれる[38]

世界飢餓指数 (GHI)は、多元的な統計により国家の飢餓状態を示すために使用される。GHIは世界的な飢餓に対する戦いの進捗や失敗の状況を測るものである。[39]。GHIは年に一度更新される。2015年報告のデータは、2000年に比べて飢餓状態にある人々がが27%減少したことを示しているものの、いまだ52カ国が深刻な飢餓レベル、あるいは警戒レベルにとどまっている。GHIは最新の飢餓および食料安全保障に加えて、毎年特別なトピックも取り上げており、2015年報告においては紛争と食糧安全保障に関する記事が含まれている。[40]

飢餓人口[編集]

国際連合は、2019年には世界に低栄養者が6億8780万人いたと推定した。この人口は国連の「低栄養者」の定義によるため、カロリー不足の状態の人口を指し、微量元素不足の人口は必ずしも含まれていないことに注意が必要である[41]。世界の農業従事者たちは同年の世界人口のほぼ2倍にあたる120億人を養うに足る食糧を生産しているにもかかわらず、栄養不良は発生した[42]

2010年時点で、栄養失調はすべての障害調整寿命のうち1.4%の原因となっていた[43]

世界の低栄養者数[44][41]
2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
低栄養者数(100万人)[44][41] 808.6 827.2 863.8 847.1 851.0 825.6 781.2 727.8 702.3 700.6 668.2 638.7 652.0 647.7 628.9 653.3 657.6 653.2 678.1 687.8
割合[44][41] 13.2% 13.3% 13.7% 13.3% 13.2% 12.6% 11.8% 10.9% 10.3% 10.2% 9.6% 9.1% 9.2% 9.0% 8.6% 8.9% 8.8% 8.7% 8.9% 8.9%
発展途上国における低栄養者数
1969-71 1979-81 1990-92 1995-97 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010
低栄養者数(100万人)[45][46][44] 820 790 791.2 812.6 850.7 833.8 839.2 814.8 770.6 718.2 692.0 689.0 657.0
割合[45][46][44] 37% 28% 20% 18% 16.0% 16.2% 16.7% 16.1% 16.0% 15.3% 14.3% 13.1% 12.5% 12.2% 11.5%
2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
低栄養者数(100万人)[45][46][44] 628.5 642.3 638.0 618.5 642.9 647.6 643.6 667.4 677.8
割合[45][46][44] 10.9% 10.9% 10.7% 10.3% 10.5% 10.5% 10.3% 10.5% 10.5%

注:中国など人口の多い国々の重要なデータの更新の際、2000年まで遡ってより正確に見直された結果、世界の飢餓人口の推定数は減少している。そのため、2000年以降と1999年以前のデータは異なることに留意する[47]

死亡率[編集]

2012年の100万人あたりの栄養不足による死亡
  0-4
  5-8
  9-13
  14-23
  24-34
  35-56
  57-91
  92-220
  221-365
  366-1,207

栄養失調の死亡率は、2006年の総死亡率のうち約58%を占めた。セーブ・ザ・チルドレンの2012年の報告書では、「世界では毎年約6200万人の人々が、栄養失調を一因として死亡している。全世界で12人に1人は栄養失調で、世界の子どもの4人に1人が慢性的な栄養失調となっている[48]。2006年には、3600万人以上の人々が微量栄養素の不足により飢えや病気で亡くなった」と報告されている[49]

1990年には883000人がタンパク・エネルギー栄養失調で死亡したが、この数は2010年には600,000人にまで減少した[50]。2010年にはヨード欠乏症鉄欠乏性貧血により、さらに84000人が死去した[50]。2010年には栄養失調によって150万人の女性と子どもが死亡した[51]

対策[編集]

予防[編集]

すべての人間が栄養失調に陥らず、安全で栄養のある食糧を十分に確保できることを食料安全保障と呼ぶ[52]。飢餓と栄養失調の改善は世界的な問題となっており、幾度となく国際機関によって改善の動きが起きている。1996年にはローマでの世界食糧サミットにおいて「世界食糧安全保障に関するローマ宣言」が採択され、2015年までに栄養不足の人口を半減する世界目標が立てられた[53]。次いで2000年には国際連合において合意されたミレニアム開発目標(MDGs)の中で2015年までの飢餓人口の半減が目標とされ、ほぼ達成された[54]。2015年にはMDGsを継承する形で持続可能な開発目標 (SDGs)が提唱され、すべての飢餓および栄養失調を2030年までに撲滅することを目標に、さまざまな施策が行われている[55]

人間が十分に食糧を確保できるようにするための食糧増産は古くから進められており、とくに1960年代以降に起こった緑の革命などによる食糧増産は1人あたりの食料生産量を大きく増大させた。しかしながら、発展途上国を中心に十分な食糧を確保できない飢餓状態にある人々はいまだに多い。これは貧困などによって食糧を入手できないという食糧の再配分における問題が指摘されており、富裕国から貧困国への食糧援助や貧困の削減による問題解決が図られている[56]。しかし開発援助の現場からは、カロリーは安いために緊急時を除きさほどの不足はしない点や、実際に貧困層がカロリーや収入を改善した場合、ビタミンなどの栄養の改善よりは、より美味しいカロリーなどの嗜好品や食品以外への支出へと向かう傾向が指摘されている[57]。これを避けるため、日常食糧への栄養素の添加や、バイオテクノロジーや品種改良によって微量栄養素を強化した作物の普及が図られている[58]

配給・給食・炊き出し[編集]

人道援助を行うグループの間では、食料を直接届けるより食料を得るための通貨や配給券などを配った方が効率的で経済的で即効性があると考えられており、国際連合世界食糧計画(WFP)の事務局長ジョゼット・シーラン英語版は食糧援助の「革命」と表現した[59]。ただし、市場などの物流から遠い地域の人たちには、この手法は通用せず食料を直接届けた方がよい場合もある[59]

古代から戦争や災害の被災者やスラム街などでの栄養失調者向けに炊き出しが行われた。

WFPは、発展途上国での学校で給食事業を行い、子どもの栄養不良を改善し、児童労働から解放し教育も行うプロジェクトを行っている。インドネシアでは、1971年から1997年にかけてバージニア工科大学アメリカ合衆国国際開発庁・現地のパン屋・学校等の協力で、大豆で栄養素を強化した小麦粉を寄付し現地のココナッツ・バナナの粉・ワサビノキの葉・オートミール・ブルグルなどの素材を入れて製造したパン「ニュートライブン英語版」を栄養不足の学校児童や台風の被災地への給食とし一定の成果を得た。

治療[編集]

栄養失調を改善するには不足している栄養素を患者に投与すればよいため、各種サプリメントや栄養補助食品で直接不足栄養素を摂取するほか、食材に栄養強化を目的とする食品添加物英語版を添加することも行われる。緊急時には、現地での調理不要なすぐに食べられる栄養補助食品経口補水液などで患者が素早く栄養を摂取できるようにする。経口摂食ができないほど衰弱している場合は点滴高カロリー輸液を行う。

脚注[編集]

  1. ^ Facts for life (4th ed.). New York: United Nations Children's Fund. (2010). pp. 61 and 75. ISBN 978-92-806-4466-1. http://www.unicef.org/nutrition/files/Facts_for_Life_EN_010810.pdf 
  2. ^ Young, E.M. (2012). Food and development. Abingdon, Oxon: Routledge. pp. 36-38. ISBN 978-1-135-99941-4. https://books.google.com/books?id=XhwKwNzJVjQC&pg=PA36 
  3. ^ "malnutrition" - ドーランド医学辞典
  4. ^ “Diagnosing small bowel malabsorption: a review”. Intern Emerg Med 9 (1): 3-8. (2014). doi:10.1007/s11739-012-0877-7. PMID 23179329. 
  5. ^ Maternal, newborn, child and adolescent health”. WHO. 2014年7月4日閲覧。
  6. ^ a b An update of 'The Neglected Crisis of Undernutrition: Evidence for Action'”. www.gov.uk. Department for International Development (2012年10月). 2014年7月5日閲覧。
  7. ^ Jonathan A. Foley; Navin Ramankutty; Kate A. Brauman; Emily S. Cassidy; James S. Gerber; Matt Johnston; Nathaniel D. Mueller; Christine O’Connell et al. (October 2011). “Solutions for a cultivated planet”. Nature 478 (7369): 337-342. Bibcode2011Natur.478..337F. doi:10.1038/nature10452. PMID 21993620. https://escholarship.org/uc/item/6xw5g085. 
  8. ^ Bhutta, ZA; Das, JK; Rizvi, A; Gaffey, MF; Walker, N; Horton, S; Webb, P; Lartey, A et al. (Aug 3, 2013). “Evidence-based interventions for improvement of maternal and child nutrition: what can be done and at what cost?”. Lancet 382 (9890): 452-577. doi:10.1016/s0140-6736(13)60996-4. PMID 23746776. 
  9. ^ “Malnutrition and gastrointestinal disease”. Curr Opin Clin Nutr Metab Care 5 (6): 699-706. (2002). doi:10.1097/00075197-200211000-00014. PMID 12394647. 
  10. ^ The State of Food Insecurity in the World 2018”. Food and Agricultural Organization of the United Nations. 2019年1月11日閲覧。
  11. ^ GBD 2015 Mortality and Causes of Death, Collaborators (October 8, 2016). “Global, regional, and national life expectancy, all-cause mortality, and cause-specific mortality for 249 causes of death, 1980-2015: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2015”. Lancet 388 (10053): 1459-1544. doi:10.1016/s0140-6736(16)31012-1. PMC 5388903. PMID 27733281. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5388903/. 
  12. ^ 病弱(身体虚弱を含む。)」のカテゴリに包括。
  13. ^ 飢餓をゼロに 国際連合世界食糧計画 2018年11月27日閲覧
  14. ^ “世界人口推計2019年版:要旨 10の主要な調査結果(日本語訳)” (プレスリリース), 国際連合広報センター, (2019年7月2日), https://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/33798/ 2020年12月31日閲覧。 
  15. ^ FAO; IFAD; UNICEF; WFP; WHO (2020-07-13) (英語). State of food security and nutrition in the world 2020>PART 1 FOOD SECURITY AND NUTRITION AROUND THE WORLD IN 2020>FIGURE 1 THE NUMBER OF UNDERNOURISHED PEOPLE IN THE WORLD CONTINUED TO INCREASE IN 2019. IF RECENT TRENDS ARE NOT REVERSED, THE SDG 2.1 ZERO HUNGER TARGET WILL NOT BE MET(2020年 世界の食糧安全保障と栄養の状況>第1章 2020年に世界中の食料安全保障と栄養>図1 2019年も増加を続けている世界の栄養失調者数。最近の増加傾向が改善しない場合、SDG2.1「2030年までに、飢餓を撲滅し、すべての人々、特に貧困層及び幼児を含む脆弱な立場にある人々が一年中安全かつ栄養のある食料を十分得られるようにする。」は達成されない。). http://www.fao.org/3/ca9692en/online/ca9692en.html#fig1 2020年12月31日閲覧。. 
  16. ^ http://119.245.211.13/kyokai/hunger.html 「世界の飢餓状況」WFP国連世界食糧計画 2021年2月5日閲覧
  17. ^ 「食 90億人が食べていくために」(サイエンス・パレット025)p144-145 John Krebs著 伊藤佑子・伊藤俊洋訳 丸善出版 平成27年6月25日発行
  18. ^ https://www.unicef.or.jp/news/2020/0173.html 「世界の飢餓人口 増加続く 2030年の「飢餓ゼロ」達成困難のおそれ ユニセフなど、国連5機関が新報告書」公益財団法人 日本ユニセフ協会 2020年7月13日 2021年2月5日閲覧
  19. ^ 新型栄養失調って何? オムロン ヘルスケア
  20. ^ 衛藤英男、「健康長寿と食品」『科学・技術研究』 2017年 6巻 2号 p.95-96, doi:10.11425/sst.6.95
  21. ^ 小坂和江、小西吉裕、山下佐知子 ほか、「施設入所要介護高齢者における亜鉛摂取量と血清中亜鉛値および関連成分値に関する検討」『日本食生活学会誌』 2013年 23巻 4号 p.207-216, doi:10.2740/jisdh.23.207
  22. ^ a b c 司会:阪上雅史、小林正佳、耳鼻咽喉科の味覚障害治療-新たなる希望- 『口腔・咽頭科』 シンポジウム1 2017年 30巻 3号 p.289-292, doi:10.14821/stomatopharyngology.30.289
  23. ^ 「人間のための一般生物学」p168 武村政春 裳華房 2010年3月10日第3版第1刷
  24. ^ 「新・食文化入門」p100 森枝卓士・南直人編 弘文堂 平成16年10月15日初版1刷
  25. ^ 「食料の世界地図」p22-23 エリック・ミルストーン、ティム・ラング著 中山里美・高田直也訳 大賀圭治監訳 丸善 平成17年10月30日発行
  26. ^ 「食料の世界地図」p22-23 エリック・ミルストーン、ティム・ラング著 中山里美・高田直也訳 大賀圭治監訳 丸善 平成17年10月30日発行
  27. ^ 中村みず季、渡辺理絵、フードデザートマップを用いた後期高齢者の買い物環境」『地理空間』 2014年 7巻 1号 p.33-50, doi:10.24586/jags.7.1_33
  28. ^ 薬師寺哲郎、「食料品の買い物における不便や苦労とその改善に向けての住民の意向 : 大都市郊外団地, 地方都市, 農山村における意識調査から」 農村生活研究 = Journal of the Rural Life Society of Japan 56(2), 14-24, 2013-03-01, NAID 10031196192
  29. ^ 石橋英明、「ロコモティブシンドロームの概念と現状」 理学療法ジャーナル 45巻4号 (2011年4月), p.285-291, doi:10.11477/mf.1551101917(有料閲覧)
  30. ^ 松吉秀武、蓑田涼生、林田桃子 ほか、「過剰なダイエットにより生じた Wernicke 脳症例」『耳鼻咽喉科臨床』 2007年 100巻 5号 p.335-339, doi:10.5631/jibirin.100.335
  31. ^ https://japan-who.or.jp/factsheets/factsheets_type/obesity-and-overweight/ 「肥満と過体重」公益社団法人 日本WHO協会 2020年04月01日 2021年2月9日閲覧
  32. ^ 「食 90億人が食べていくために」p127(サイエンス・パレット025)p144-145 John Krebs著 伊藤佑子・伊藤俊洋訳 丸善出版 平成27年6月25日発行
  33. ^ ホッキョクグマ、2100年までに絶滅の恐れ 気候変動で BBC 更新日:2020年7月21日
  34. ^ 地球温暖化による野生生物への影響 WWF 更新日:2017/09/06
  35. ^ 網谷東方, 網谷真理恵, 浅川明弘, 乾明夫「悪液質のメカニズムと栄養」『心身医学』第56巻第10号、日本心身医学会、2016年、 1013-1022頁、 doi:10.15064/jjpm.56.10_1013ISSN 0385-0307NAID 130005605853
  36. ^ 清水健太郎, 小倉裕司, 高橋弘毅, 和佐勝史, 平野賢一「極度の低栄養状態における低血糖に伴うリフィーディング症候群」『学会誌JSPEN』第2巻第2号、日本臨床栄養代謝学会、2020年、 95-102頁、 doi:10.11244/ejspen.2.2_95NAID 130007945657
  37. ^ 中屋豊, 阪上浩, 原田永勝「リフィーディング症候群 (特集 メンタルヘルスと栄養)」『四国医学雑誌』第68巻1・2、徳島医学会、2012年4月、 23-28頁、 ISSN 0037-3699NAID 40019338763
  38. ^ Mortality and Burden of Disease Estimates for WHO Member States in 2002 (xls)”. World Health Organization (2002年). 2020年3月17日閲覧。
  39. ^ “Global hunger worsening, warns UN”. BBC (Europe). (2009年10月14日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/8306556.stm 2010年8月22日閲覧。 
  40. ^ K. von Grebmer, J. Bernstein, A. de Waal, N. Prasai, S. Yin, Y. Yohannes: 2015 Global Hunger Index - Armed Conflict and the Challenge of Hunger. Bonn, Washington DC, Dublin: Welthungerhilfe, IFPRI, and Concern Worldwide. October 2015.
  41. ^ a b c d FAO; IFAD; UNICEF; WFP; WHO (2020-07-13) (英語). State of food security and nutrition in the world 2020>PART 1 FOOD SECURITY AND NUTRITION AROUND THE WORLD IN 2020>TABLE 1 Prevalence of undernourishment (PoU) in the world, 2005-2019、TABLE 2 Number of undernourished people in the world, 2005-2019(2020年 世界の食糧安全保障と栄養の状況>第1章 2020年に世界中の食料安全保障と栄養>表1 世界における栄養失調者率(2005-2019年)、表2 世界の栄養失調者数(2005-2019年)). http://www.fao.org/3/ca9692en/online/ca9692en.html#tab1 2020年12月31日閲覧。. 
  42. ^ Jean Ziegler. "Promotion And Protection Of All Human Rights, Civil, Political, Economic, Social And Cultural Rights, Including The Right To Development: Report of the Special Rapporteur on the right to food, Jean Ziegler". Human Rights Council of the United Nations, January 10, 2008."According to the Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO), the world already produces enough food to feed every child, woman and man and could feed 12 billion people, or double the current world population."
  43. ^ Murray, CJ (Dec 15, 2012). “Disability-adjusted life years (DALYs) for 291 diseases and injuries in 21 regions, 1990-2010: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2010”. Lancet 380 (9859): 2197-223. doi:10.1016/S0140-6736(12)61689-4. PMID 23245608. 
  44. ^ a b c d e f g 国際連合 (2020年12月25日). “Global SDG Indicators Database>GOLE2 End hunger, achieve food security and improved nutrition and promote sustainable agriculture(国際SDG指標データベース>目標2 飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する) (Excel)”. Sustainable Development Goal indicators website. 2020年12月31日閲覧。
  45. ^ a b c d The State of Food Insecurity in the World 2006”. Food and Agricultural Organization of the United Nations. 2019年4月6日閲覧。
  46. ^ a b c d The State of Food Insecurity in the World 2008”. Food and Agricultural Organization of the United Nations. 2019年4月6日閲覧。
  47. ^ “世界の飢餓人口 増加続く 2030年の「飢餓ゼロ」達成困難のおそれ ユニセフなど、国連5機関が新報告書” (プレスリリース), ユニセフ, (2020年7月13日), https://www.unicef.or.jp/news/2020/0173.html 2020年12月31日閲覧。 
  48. ^ http://www.savethechildren.org/atf/cf/%7B9def2ebe-10ae-432c-9bd0-df91d2eba74a%7D/STATE-OF-THE-WORLDS-MOTHERS-REPORT-2012-FINAL.PDF Archived May 23, 2012, at the Wayback Machine.
  49. ^ Ziegler, Jean (2007). L'Empire de la honte. Fayard. p. 130. ISBN 978-2-253-12115-2 
  50. ^ a b “Global and regional mortality from 235 causes of death for 20 age groups in 1990 and 2010: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2010”. Lancet 380 (9859): 2095-128. (December 2012). doi:10.1016/S0140-6736(12)61728-0. PMID 23245604. 
  51. ^ “A comparative risk assessment of burden of disease and injury attributable to 67 risk factors and risk factor clusters in 21 regions, 1990-2010: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2010”. Lancet 380 (9859): 2224-60. (December 2012). doi:10.1016/S0140-6736(12)61766-8. PMC 4156511. PMID 23245609. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4156511/. 
  52. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/wakaru/topics/vol158/index.html 「わかる!国際情勢 Vol.158日本と世界の食料安全保障のために - 国連食糧農業機関(FAO)との関係強化」日本国外務省 2017年8月15日 2021年2月9日閲覧
  53. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/fao/syokuryo_s.html 「世界食糧サミット(概要と評価)」日本国外務省 2021年2月9日閲覧
  54. ^ https://www.unicef.or.jp/mdgs/ 「ミレニアム開発目標(MDGs)」公益財団法人日本ユニセフ協会 2021年2月9日閲覧
  55. ^ https://www.jp.undp.org/content/tokyo/ja/home/sustainable-development-goals/goal-2-zero-hunger.html 「飢餓をゼロに」国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所 2021年2月9日閲覧
  56. ^ 「食料の世界地図」p12-13 エリック・ミルストーン、ティム・ラング著 中山里美・高田直也訳 大賀圭治監訳 丸善 平成17年10月30日発行
  57. ^ 「貧乏人の経済学 もう一度貧困問題を根っこから考える」p59-64 アビジット・V・バナジー、エスター・デュフロ著 山形浩生訳 みすず書房 2012年4月2日発行
  58. ^ 「貧乏人の経済学 もう一度貧困問題を根っこから考える」p64-65 アビジット・V・バナジー、エスター・デュフロ著 山形浩生訳 みすず書房 2012年4月2日発行
  59. ^ a b UN aid debate: give cash not food?

関連項目[編集]

例:ホウ素欠乏症 (植物)塩害鉄欠乏症 (植物)カルシウム欠乏症 (植物)カリウム欠乏症 (植物)亜鉛欠乏症 (植物)マグネシウム欠乏症 (植物)マンガン欠乏症 (植物)、水の与えすぎの根腐れ

外部リンク[編集]