炊き出し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スープキッチン
コミュニティ給食施設にて、失業者に食事を提供するために炊き出しを行うチリ人女性達/1932年チリにて撮影。cf. es.
アル・カポネが行った失業者向けのスープキッチンに列をなす人々
1931年アメリカ合衆国シカゴ市内。店頭の看板には「失業者のための、無料のスープコーヒー、および、ドーナツ」と書いてある。
日本の炊き出し
震災対応の炊き出し
新潟県中越地震発生後の小千谷市にて2004年10月撮影。を用いて暖かい食事が提供される。
静岡県内の地域自主防災組織にみられる簡易型の(かまど)
軽量かつ後始末も簡便な調理器具であり、炊き出しのほか地域の催し物でも利用される。

炊き出し(たきだし)とは、困窮した状況下にある多数の人を対象として、料理やその他の食料無償提供する一連の行動である。

概要[編集]

炊き出しは避難者被災者難民)・貧窮者ホームレス失業者孤児、その他を含む)等の、困窮した状況下にある多数の人を対象として、料理やその他の食料無償提供する一連の行動である。英語では "soup kitchen"(enスープキッチン)がこれに当たる。ボランティア活動の一形態。

戦争紛争、規模の大きい災害事故経済恐慌等が発生したときに行われるものが目立つが、そのような有事の際に行われるものだけを指しはしない。 なお、英語のスープキッチンは仮設と常設を問わないが、日本語における炊き出しはより狭義で用いられ、常設されたものは通常は該当しない。また、英語では、パンスープを求めて行列ができることから、その行列を指して "breadline"(ブレッドライン)、"soupline"(スープライン[1]などと呼ぶが、これらはスープキッチンそのものを指すこともある。

スープキッチン[編集]

16世紀末、イギリスでは没落した農民が都市に流入しスラム街を築くようになり、1701年にエリザベス救貧法が制定され、救貧院労役所)が設立された。救貧院の生活環境は劣悪で、食事はもっぱら何かのスープかだった。また、ブルジョアには近所の貧困者に施しをする社会的役割が求められ、ヴィクトリア朝の家政書には貧者に施すためのスープのレシピが記載されていた。

18世紀末、小麦の不作による貧困層の危機的な困窮対策として、警察裁判所判事であった社会改革者パトリック・コフーンはスープキッチン(炊き出し、あるいは無料食堂の意味)の設立を提案し、1804年の冬にはロンドン市内の各所で毎週5万人に対して施しのスープを供給した。ただし、教訓的な意味を込めて少額の料金を徴収した。以来、スープキッチンは21世紀の今日に至るまで世界中の災害や飢饉の現場、戦場などで設立されている[2]

日本の炊き出し[編集]

日本語炊き出しは、元々、火災震災水害などで住む家を失った人や、その事後処理に協力した人に対して、周囲の人が(米飯)を「炊いて出す」行為を指す語であるが、近年[いつ?]では様々な危機的状況下において飲食物を野外で提供する行為全般を指している。 ただし、防災研究の分野では、災害食の配布や個人やボランティアによる突発的な煮炊きと、組織的な給食支援(炊き出し)は別のフェイズと考えられている。例えば東日本大震災の場合、炊き出しの開始は災害発生から約1か月後に始まったとされている[3]

災害発生時においては、主に避難所に移動してきた住民に対して、また渋滞中の車両のドライバーや同乗者に、運行停止中の鉄道の乗客などに対して行われる。移動可能なコンロを用いて煮炊きした物を、その場で提供することも多い。

提供される食料品は、菓子パンおにぎりアルファ化米など主食となるもの、コーヒージュースなどの飲料チョコレートなどの菓子類が無償で提供される。気温が低い状況下では温かい飲料(甘酒豚汁など)が提供される場合もある。

公職選挙法第139条では選挙期間中の飲食物の提供は禁じられているが、地方によっては選挙事務所で応援者に振る舞われる炊き出しが選挙戦の慣例となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Category:Soup line
  2. ^ ジャネット・クラークソン著 富永佐知子訳『スープの歴史』、原書房、2014年、pp63-84
  3. ^ 新潟大学 地域連携フードサイエンスセンター編『災害時における食とその備蓄』建帛社、2014年、pp.57-59

関連項目[編集]

  • 炊き出し実行者