ドヤ街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドヤの語源になっている安宿が林立する横浜市中区松影町

ドヤ街(ドヤがい)は、日雇い労働者が多く住む街のこと。「ドヤ」とは「宿(ヤド)」の逆さことばであり[1]旅館業法に基づく簡易宿所が多く立ち並んでいることに起因する。

日本[編集]

東京の山谷、横浜の寿町、大阪のあいりん地区が有名である。

戦後の高度成長期日雇いの仕事を斡旋する寄せ場に日雇い労働者が多く集まり、彼らが寝泊りする簡易宿所が寄せ場の周辺に多く開設されることで、ドヤ街が形成された。いわゆるスラムとは異なり、その地域全体が日雇い労働者のドヤで占めているわけではなく、中産階級の住宅も存在しているのが大きな特徴である。住民構成は肉体労働者の独身男性が多数を占めている点も、戦前の日本の貧民窟や第三世界のスラムとの違いである。衛生状態の問題があり[1]、仕事帰りの日雇い労働者を狙う強盗や喧嘩なども発生しているが[2]、重犯罪の多発地域ではないことも海外のスラムとは異なる特徴である[1]

山谷(東京都台東区)の路上

2000年代以降は労働者の高齢化によりドヤ街は縮小しているが[1]、観光地化や土地開発から免れていたため昭和の雰囲気が残っていることもあり、このような地区を散策する者に人気が高まっている[3]。また格安の宿や飲食店が多く治安も悪くないことから海外からのバックパッカーにも人気があり[1]、開発の余地が残っているため需要が高まっているホテルの建設が予定されるなど、労働者の街から転換しつつある[4]

ドヤの部屋。最近では簡易にリノベーションを施し、外国人向けの安ホテルとしているところも多い。

ドヤ街では公的なサポートを受けられない者も多いため、救世軍などの慈善団体・市民団体による炊き出し[5]や、凍死防止のための夜回りなどの支援が行われている。

一方で日雇い労働者の劣悪な生活環境から、これまでに暴動が幾度も発生している[1]。現在、日本で起きた最後の暴動はあいりん地区で発生した第24次西成暴動(2008年6月)である。これに関連し「寄せ場解放」と称して新左翼活動家が入り込み、年末の越年闘争を通じて日雇い労働者のオルグを図るなどしている[6]。このため他の地域ではあまり目にすることがない新左翼のアジビラや立て看板が存在しているが、活動家の高齢化により左翼活動は消滅しつつある。

中国[編集]

中華人民共和国広東省深圳市にはDJIサムスン電子鴻海精密工業などのハイテク企業の製造工場が集積しており、竜華区にはこれらに労働者を紹介する職業紹介業者が集まる『三和人力市場』が形成され、周辺には地元の住民が無許可で営業する簡易宿泊所が多数存在する[7]

三和人力市場に集まるのは親が出稼ぎに行き、農村の祖父母に預けられて育った『留守児童』である。大学を卒業したが専攻と雇用のミスマッチにより仕事が決まらない者もいるが[7]、大半は中卒程度である[8]。中国で求められているのはソフトウェア開発や電子工学を大学院で学んだ高度な技術者であるが、専攻の違いにより大手企業には採用されず、電気工事や溶接などの技能もないが、2010年代以降の90後インターネットスマートフォンを使いこなし電子部品工場での組み立て作業ならばこなすことができる[7]。従来であれば工事現場での肉体労働で生計を立てるはずだが、90後は親世代のように生活のために辛い肉体労働に耐えることは好まず、オンラインゲームやネットギャンブルにのめり込む傾向が強いため、正職員の道があっても煩わしい人間関係が無く当日に金が入る日雇の仕事を求めるという傾向にある[7]。電子部品の組み立て工場はこのような要求にマッチしているため、三和人力市場に人が集まっている[8]。このような若年労働者は、日雇いの仕事を終えると数日間オンラインゲームネットギャンブル性風俗で散財し、また日雇の仕事を探す『1日働いて3日遊ぶ』という自堕落な生活である[8]。中国のネット上では『三和大神中国語版[9]』と呼ばれている[8]

周辺の簡易宿泊所は掃除もされず客を詰め込む安価な宿であっても、三和大神の需要に答えるためWi-Fiが設置されているという特徴がある[7]。また周辺には格安のインターネットカフェも多数営業しているため店内で夜を明かす三和大神も多い[7]。かつてはWi-Fiが届く周辺で野宿する者が多かったが[10]、警察では治安や美観の問題から路上で寝る者を排除するようになったこともあり[7]、本来は禁止されている深夜営業が半ば公然と行われている[7]

困窮した三和大神の身分証を買い取る業者もおり、不正な取引を行う会社に名義が使われるなど犯罪の温床となっている[7]。身分証を売却した者は条件の良い職に就くことが出来ないばかりか、公共交通のチケット購入が出来ず三和人力市場から動けなくなり、最終的にはピンハネする悪質な業者が紹介する過酷な肉体労働などしか選択肢が無くなる[7]

2018年にNHKで放送された三和大神を取材したドキュメンタリー番組が、2021年ごろに中国で話題となった[10]寝そべり族の心情と類似しているという指摘がある[10]

アメリカ合衆国[編集]

アメリカではスキッド・ロウ(Skid Row)と呼ばれる。これは切り出した木材を滑らせて運搬するための枕木 (Skid) が敷き詰められた道をスキッド・ロード (Skid Road) と呼び、転じてそこで働く日雇いの肉体労働者やドヤ街そのものを指す言葉となった。次第に路上生活者貧困層が多く、薬物中毒者やマフィアによる犯罪が多発する地区を指す言葉へと変化していった。

ロサンゼルス市ダウンタウンの中心部にあるセントラルシティ・イーストは通称のスキッド・ロウで呼ばれるが、職業紹介施設が集まっている訳ではなく単に治安が悪いために付けられた通称である。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 青木秀男『寄せ場労働者の生と死』(明石書店、1989年、ISBN 9784750302713
  • マイク・デイヴィス 著、村山敏勝・日比野啓 訳 (2008) : 要塞都市LA, 青土社
  • 駒井洋 著, デーヴィッド・レヴィンソン 編 (2007) : 世界ホームレス百科事典, 明石書店

関連項目[編集]