家船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京の水上生活者(1960年頃)

家船(えぶね)とは、近世から近代日本に存在した一群の漂流漁民の総称である。

古代海部の系統をひく水軍の末裔とも言われているが、詳細は不明である。数艘から数十艘にて集団を形成(「~家船」と称する)して、本拠地を中心として周辺海域を移動しながら一年を送り、潜水を使った漁で魚介類などを採集する漁業を営なみ、1週間から10日おきに近くの港で物々交換に近い交易をしていた。家船が三津の朝市で漁獲品を水揚げする姿は戦後もしばらくは見られていた。

別府温泉では、持ち舟で寝泊まりしながら浜脇温泉や別府温泉に通う湯治の習慣が古くから見られ、戦後しばらくまでは続いていた。春には波止場に係留される舟は100艘近くにのぼり、湯治舟とよばれて季語にもなるほどの別府の春の風物詩となっていた。

家船の根拠地は、西九州及び瀬戸内海沿岸に存在した。西九州では西彼杵半島五島列島に多くが根拠を持ち、女性は抜歯の風習があったとされている。

幕藩体制の成立以後、家船に対する把握も行われ、からの公認と引き換えに鮑などの上納や海上警備などを行った。明治維新以後、納税の義務化、徴兵制義務教育の徹底の方針から政府が規制をしていった。昭和40年頃には陸上への定住を余儀なくされて消滅したと言われている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]