国民宿舎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
公営の国民宿舎 赤とんぼ荘(兵庫県たつの市

国民宿舎(こくみんしゅくしゃ)とは、自然公園国民保養温泉地等の自然環境に優れた休養地に建てられた宿泊施設・休憩施設である。日本国民の健全なレクリエーション健康の増進を図り、国民の誰もが低廉でしかも快適に利用出来ることを目的として1956年昭和31年)に制度化された。

概要[編集]

国民宿舎には、地方公共団体が設置・運営する公営のものと、一般社団法人国民宿舎協会が国民宿舎として適当な一般旅館宿坊山小屋等を指定する民営のものがある。

かつては、公営のものについては財政投融資計画にもとづく厚生年金保険積立金還元融資及び国民年金特別融資をもちいた特別地方債の起債が認められ、民営のものについては中小企業金融公庫から増改築の資金が融資されていたが、いずれの制度も終了している。また、公営国民宿舎については、利用者の減少・老朽化・行政改革等により廃止される施設も出てきている。

国民宿舎一覧[編集]

北海道・東北[編集]

関東[編集]

中部[編集]

近畿[編集]

中国・四国[編集]

九州・沖縄[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]