熊野市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くまのし
熊野市
Shichirimihama-2.jpg
七里御浜
日本の旗 日本
地方 近畿地方東海地方
都道府県 三重県
団体コード 24212-8
法人番号 7000020242128
面積 373.35km2
総人口 17,038
推計人口、2016年10月1日)
人口密度 45.6人/km2
隣接自治体 尾鷲市
南牟婁郡御浜町紀宝町
和歌山県新宮市東牟婁郡北山村
奈良県吉野郡上北山村下北山村
十津川村
市の木 熊野
市の花 笹百合
市の鳥 ウグイス
熊野市役所
市長 河上敢二
所在地 519-4392
三重県熊野市井戸町796番地
北緯33度53分19.1秒東経136度6分0.8秒座標: 北緯33度53分19.1秒 東経136度6分0.8秒
Kumano city hall.JPG
外部リンク 熊野市公式サイト

熊野市位置図

― 市 / ― 町

 表示 ウィキプロジェクト
熊野市街

熊野市(くまのし)は、三重県の南部に位置し、熊野灘に面するである。吉野熊野国立公園内に位置し、豊かな自然と温暖な気候に恵まれる。旧南牟婁郡。

概要[編集]

七里御浜の東端に位置し、中心市街地は古くからの中心である木本、かつては沼地であったが近年新しく開発された井戸であり、この2つの市街地は連続している。かつて木本は奥熊野代官所が置かれ、熊野地方一帯の行政の中心であった。それゆえ廃藩置県で三重県に編入された時には支庁がおかれ、現在も三重県の熊野地方を管轄する官公庁が多く存在する。

2005年11月1日南牟婁郡紀和町新設合併し、新たに「熊野市」となった。

地理[編集]

隣接している自治体[編集]

熊野市中心部周辺の空中写真。1976年撮影の6枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

気候[編集]

熊野新鹿(2002 - 2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
日平均気温 °C (°F) 6.7
(44.1)
8.0
(46.4)
10.4
(50.7)
15.1
(59.2)
18.7
(65.7)
22.0
(71.6)
25.6
(78.1)
26.6
(79.9)
24.3
(75.7)
19.2
(66.6)
14.0
(57.2)
9.2
(48.6)
16.65
(61.98)
平均最低気温 °C (°F) 2.6
(36.7)
3.7
(38.7)
5.7
(42.3)
10.6
(51.1)
14.8
(58.6)
18.7
(65.7)
22.5
(72.5)
23.3
(73.9)
21.2
(70.2)
15.9
(60.6)
10.3
(50.5)
5.3
(41.5)
12.88
(55.19)
降水量 mm (inch) 108.6
(4.276)
114.1
(4.492)
231.1
(9.098)
241.8
(9.52)
295.4
(11.63)
308.6
(12.15)
352.9
(13.894)
298.3
(11.744)
404.2
(15.913)
330.2
(13)
183.4
(7.22)
113.7
(4.476)
2,982.3
(117.413)
平均月間日照時間 164.7 153.8 184.6 180.4 166.3 131.5 154.5 183.6 144.9 126.1 144.5 165.9 1,900.8
出典: 気象庁[1]

地域[編集]

熊野市は市域を19の町に分けており、町の境界の標識が存在する所もある。 普通、市の下に来る○○町のローマ字表記は「○○-cho」が一般的だが、熊野市内の町の標識では「○○-town」と表示されることが多い。

須野町(すの) 
尾鷲市と接する市内で最も人口の少ない町。人口8人、面積2.34km2
甫母町(ほぼ) 
名勝楯ヶ崎のある漁村。人口177人、面積2.40km2
二木島里町(にぎしまさと) 
二木島湾内の漁村。市内で最も面積が小さい。人口85人、面積0.25km2
二木島町(にぎしま) 
二木島湾内の漁村で旧荒坂村の中心。JR二木島駅がある。人口336人、面積7.65km2
遊木町(ゆき) 
新鹿湾に面する漁村。サンマの水揚げで有名で遊木城跡がある。人口475人、面積4.04km2
新鹿町(あたしか) 
新鹿湾に面する町。日本の快水浴場百選に選ばれた新鹿海水浴場あたしか温泉がある。JR新鹿駅があって夏季には特急列車も停車する。人口945人、面積18.80km2
波田須町(はだす) 
熊野灘に面し徐福伝説が残る農村。JR波田須駅がある。人口211人、面積3.51km2
磯崎町(いそざき) 
熊野灘に面しダイビングリゾートや熊野文化圏専門学校がある漁村。人口269人、面積2.50km2
大泊町(おおどまり) 
大泊海水浴場がある町。JR大泊駅がある。人口231人、面積8.20km2
木本町(きのもと) 
熊野市の中心市街地の一角をなす町。古くから栄え、三重県立木本高校や熊野市民会館などがある。名勝鬼ヶ城で有名。人口2406人、面積3.90km2
井戸町(いど) 
熊野市の中心市街地の一角をなす町。熊野市役所、熊野警察署、裁判所、熊野郵便局、JR熊野市駅などがあり行政の中心。中央を井戸川が流れ、上流には瀬戸集落がある。名勝獅子岩で有名。人口3628人、面積18.12km2
有馬町(ありま) 
熊野市の七里御浜沿いにある市内でもっとも人口が多い町。近大高専、熊野市郷土資料館、花の窟神社等がある。中心となる駅はJR有井駅人口5058人、面積14.30km2
久生屋町(くしや) 
熊野市で最も人口密度の高い町。熊野病院がある。人口1609人、面積1.60km2
金山町(かなやま) 
熊野市の中山間部にある町。金山パイロットファームがある。人口620人、面積8.14km2
育生町(いくせい) 
北山村と接する山間部の農村。中心集落は尾川。名勝大丹倉がある。人口270人、面積28.64km2
神川町(かみかわ) 
北山村や下北山村と接する農村。中心集落は神上で那智黒石の産地。人口403人、面積33.11km2
五郷町(いさと) 
大又川が流れるホタルの里として有名な山間部の農村。中心集落は桃崎。人口930人、面積39.74km2
飛鳥町(あすか) 
国道42号線沿いの農村で道の駅がある。市内で2番目に広い町。人口1475人、面積62.72km2
紀和町(きわ) 
合併前の旧紀和町域に相当し市内で最も面積の広い町。丸山千枚田紀州鉱山湯ノ口温泉瀞峡布引の滝といった観光資源に恵まれている。人口1542人、面積113.67km2

(町の人口は2008年10月のもの)

歴史[編集]

行政[編集]

歴代市長[編集]

議会[編集]

議員定数:14名 / 任期:2014年5月1日-2018年4月30日

  • 議長 : 樋口雄史
  • 副議長: 和田いく子

※2015年6月1日現在

統計情報[編集]

人口[編集]

Demography24212.svg
熊野市と全国の年齢別人口分布(2005年) 熊野市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 熊野市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
熊野市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 32,909人
1975年 30,640人
1980年 28,720人
1985年 27,474人
1990年 25,783人
1995年 24,067人
2000年 22,640人
2005年 21,230人
2010年 19,675人
総務省統計局 国勢調査より

健康[編集]

  • 平均寿命 83・4

官公庁[編集]

市役所[編集]

  • 熊野市役所
    • 荒坂出張所
    • 新鹿出張所
    • 飛鳥出張所
    • 五郷出張所
    • 神上出張所
    • 育生出張所
  • 紀和庁舎
    • 西山出張所
    • 上川出張所
  • 歴史民俗資料館
  • 湯元山荘湯ノ口温泉
  • 山崎運動公園
  • 丸山交流促進センター千枚田荘
  • 母子生活支援施設
  • 保健福祉センター
  • ふれあいセンター
  • 図書館
  • 地域包括支援センター
  • 体育館
  • 総合グラウンド
  • 紀和町ふるさと公社
  • 青年の家
  • 少年相談センター
  • 市民会館
  • 火葬場

裁判所[編集]

農林水産省[編集]

厚生労働省[編集]

法務省[編集]

国土交通省[編集]

防衛省[編集]

事業団[編集]

都道府県機関[編集]

警察機関[編集]

消防機関[編集]

経済[編集]

産業[編集]

特産品[編集]

主な企業[編集]

製造業

金融機関[編集]

日本郵政グループ[編集]

(2012年12月現在)

  • 熊野郵便局(井戸町) - 集配局。
  • 五郷(いさと)郵便局(五郷町桃崎) - 集配局。
  • 熊野本町郵便局(木本町)
  • 飛鳥郵便局(飛鳥町小阪)
  • 二木島(にぎしま)郵便局(二木島町)
  • 神川郵便局(神川町神上(こうのうえ))
  • 新鹿(あたしか)郵便局(新鹿町)
  • 熊野磯崎郵便局(磯崎町)
  • 熊野有馬郵便局(有馬町)
  • 入鹿(いるか)郵便局(紀和町板屋) - 集配局。
  • 西山郵便局(紀和町長尾)
  • 和気(わけ)郵便局(紀和町和気)
  • 尾川(おがわ)簡易郵便局(育生町尾川)
  • 寺谷(てらだに)簡易郵便局(五郷町寺谷)
  • 神山(こうのやま)簡易郵便局(飛鳥町佐渡(さわたり))
  • 遊木(ゆき)簡易郵便局(遊木町)
  • 大又簡易郵便局(飛鳥町大又)

※西山郵便局および簡易郵便局5箇所を除く各郵便局にゆうちょ銀行のATMが設置されており、熊野・入鹿の各郵便局ではホリデーサービスを実施。

※熊野市内の郵便番号は以下の通り。

  • 519-42xx」「519-43xx」「519-44xx」「519-45xx」=合併前からの熊野市域(五郷地区を除く)。熊野郵便局の集配担当。
  • 519-46xx」=五郷地区。五郷郵便局の集配担当。
  • 519-54xx」=旧南牟婁郡紀和町域(後述の地域を除く)。入鹿郵便局の集配担当。
  • 647-13xx」=紀和町花井(けい)・紀和町小船・紀和町楊枝川(ようじがわ)・紀和町和気・紀和町楊枝。日足(ひたり)郵便局(和歌山県新宮市熊野川町日足)の集配担当。この地域のみ東海支社ではなく近畿支社の管轄である。

※熊野市(旧紀和町域)は「51」「64」と2つの地域区分が混在しており(この事例は三重県内の市町村では熊野市のみ)、かつ2つの支社管轄区分が混在していることになる。

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

友好都市

海外[編集]

姉妹都市

地域[編集]

キリスト教教会[編集]

諸教宗教施設[編集]

神道宗教施設[編集]

神社・仏閣[編集]

寺院[編集]

熊野西国三十三箇所霊場

神社[編集]

教育[編集]

  • 熊野市教育委員会

保育所[編集]

幼稚園[編集]

小学校[編集]

中学校[編集]

高等学校[編集]

特別支援学校[編集]

その他[編集]

  • 熊野市立図書館
  • みえ子育て支援緊急サポートネットワーク東紀州地域センター
  • 熊野文化圏専門学校

休園・休校中[編集]

2013年5月1日現在[2]

  • 熊野市立井戸幼稚園
  • 熊野市立有馬保育所
  • 熊野市立神川保育所
  • 熊野市立荒坂小学校甫母分校
  • 熊野市立遊木小学校
  • 熊野市立新鹿小学校波田須分校
  • 熊野市立育生小学校赤倉分校
  • 熊野市立神上小学校青柳分校
  • 熊野市立上川小学校
  • 熊野市立入鹿小学校西山分校
  • 熊野市立矢ノ川小学校
  • 熊野市立上川中学校
  • 熊野市立西山中学校
  • 熊野市立荒坂中学校

移転[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

中心となる駅:熊野市駅

JR logo (central).svg東海旅客鉄道(JR東海)

路線バス[編集]

高速バス
一般路線バス
タクシー

道路[編集]

自動車専用道路
一般国道
県道

道の駅[編集]

港湾[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

世界遺産[編集]

名所[編集]

城郭[編集]

祭事[編集]

出身有名人[編集]

周辺[編集]

その他[編集]

市外局番は市域の大半で0597を使っているが、紀和町の一部は0735である。

電力[編集]

送電線網の関係から[要出典]松本峠を境として管轄の電力会社が分かれており、木本町までは関西電力、大泊町からは中部電力がそれぞれ管轄している。

  • 中部電力尾鷲営業所管轄:新鹿町、磯崎町、大泊町、須野町、二木島里町、二木島町、波田須町、甫母町、遊木町
  • 関西電力新宮営業所管轄:上記以外

メディア[編集]

新聞[編集]

全国紙朝日新聞毎日新聞伊賀市名張市と同様、大阪市の大阪本社発行版(それ以外の地域は名古屋市で発行)が販売されているが、読売新聞は熊野市でも名古屋市の読売新聞中部支社東京本社直轄)で発行されたものが販売されている。

放送[編集]

地上波以外によるものは割愛する(当市に限った事柄ではないため)。

※チャンネル番号(リモコンキーID)・周波数および出力など詳細は、各中継局記事を参照。

テレビ[編集]

当市を網羅する中継局は、熊野中継局である。対象区域は当市および御浜町紀宝町の一部となっており、放送区域内世帯数は約12,000世帯である。地上デジタルテレビ放送については2007年3月5日、総務省東海総合通信局が中京広域圏放送対象地域とする各局および県域放送局三重テレビ放送に対し熊野中継局に関する免許を交付し、その後本放送が開始された。

地上アナログテレビ放送については、全ての放送が2011年7月24日をもって終了した。なお、熊野中継局のアナログテレビ放送はVHFを親局とする在名民放は名古屋親局と同じチャンネル番号[10]であった。

ラジオ[編集]

ケーブルテレビ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 気象庁|過去の気象データ検索”. 2014年12月26日閲覧。
  2. ^ 三重県教育委員会『学校名簿 平成25年度』三重県教育委員会、平成25年、52p.
  3. ^ 中日新聞:関船勇壮、水しぶき 二木島祭り来年休止?:三重(CHUNICHI Web)2011年11月20日閲覧
  4. ^ 激動の時代 写し取り-「日本写真界の元祖」田本研造 - 発見!三重の歴史(三重県)
  5. ^ プロフィールが書かれたサイト - 那智黒と桜の町(サイト運営者不明)
  6. ^ 夢祐斎 - 公式サイト
  7. ^ 水口晴幸オフィシャル Web Site
  8. ^ 体育学部OB、笠松茂さんに紫綬褒章 - 出身大学によるニュース(中京大学)
  9. ^ 和歌山県環境生活部環境政策局環境生活総務課自然環境室"南方熊楠シンポジウムを開催します|和歌山県ホームページ"<ウェブ魚拓>(2013年3月18日閲覧。)
  10. ^ CBCテレビ=5、東海テレビ=1、メ〜テレ=11

補足事項[編集]

当項目では、一部のデータを熊野市ホームページより引用した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

行政
観光