獅子岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獅子岩(左)と鬼ケ城(中央奥)
右手前の浜が七里御浜

獅子岩(獅子巌、ししいわ)は三重県熊野市井戸町に位置し、国道42号七里御浜沿いの獅子の頭部に似た形状の岩山である。

概要[編集]

高さ約25メートル、周囲約210メートル[1]。砂浜を挟んだ東隣に位置する鬼ヶ城は、熊野酸性岩が隆起や海面の上昇、下降に伴う海蝕、風蝕によって形成された自然景観で[2]、獅子岩も同様に海蝕現象、風蝕現象によって形成された自然景観である[3][2]。岬の先端に口を開いている様に見える事から[4]、獅子岩の南側に位置する神仙洞の吽(うん)の岩(雌岩)に対して、阿(あ)の岩(雄岩)と呼ばれ、井戸川[注 1]上流に位置する大馬神社狛犬とされ敬愛されており、そのため大馬神社には今も狛犬が置かれていない[1][5]

毎年8月17日に開催される「熊野大花火大会」では、多くのカメラマンが集まる絶好の撮影スポットとなっている[5]

天然記念物・名勝[編集]

1958年昭和33年)6月24日[4]、国の天然記念物鬼ケ城[注 2]に、獅子巌が追加指定され、登録名称が「熊野の鬼ケ城 附 獅子巖」(くまののおにがじょう つけたり ししいわ)へ変更となり、同時に、名勝が追加指定された[6]

世界遺産[編集]

ユネスコ世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道』を構成する熊野参詣道伊勢路」の構成資産の一つとして「熊野の鬼ヶ城附獅子巖」[7]が、2004年7月に登録されている[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 三重県熊野市河川延長3.653km2級河川
  2. ^ 1935年〈昭和10年〉12月24日指定

出典[編集]

  1. ^ a b 観光名所一覧”. 観光名所の紹介. 熊野市観光協会. 2019年4月7日閲覧。
  2. ^ a b 伊勢路(いせじ)”. 和歌山県世界遺産センター. 2019年12月26日閲覧。
  3. ^ 『自然紀行 日本の天然記念物』講談社、2003年、213頁。ISBN 4-06-211899-8
  4. ^ a b 『日本の天然記念物』講談社、1995年、881頁。ISBN 4-06-180589-4
  5. ^ a b 獅子岩《世界遺産》”. 熊野市観光公社. 2019年12月25日閲覧。
  6. ^ 熊野の鬼ケ城 附 獅子巖”. 国指定文化財等データベース. 文化庁. 2019年4月7日閲覧。
  7. ^ 登録資産目録”. 和歌山県世界遺産センター. 2019年12月26日閲覧。
  8. ^ 世界遺産登録推進三県協議会(三重県・奈良県・和歌山県)、2005、『世界遺産 紀伊山地の霊場と参詣道』、世界遺産登録推進三県協議会、pp.39,75

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度53分3秒 東経136度5分56秒