大泊駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大泊駅
駅舎(2005年7月)
駅舎(2005年7月)
おおどまり - Ōdomari
波田須 (2.0km)
(2.4km) 熊野市
所在地 三重県熊野市大泊町153
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 紀勢本線
キロ程 155.2km(亀山起点)
電報略号 トマ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
6人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1956年昭和31年)4月1日[1]
備考 駅員無配置駅
テンプレートを表示

大泊駅(おおどまりえき)は、三重県熊野市大泊町にある、東海旅客鉄道(JR東海)紀勢本線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

1面1線の単式ホームを有する地上駅。また、駅舎のすぐ西側にも側線が1線設けられており、保線用車両が留置されている。

かつては1面2線の島式ホームで、側線のすぐ北側にも線路が敷かれており、列車の行き違いが可能であった[4]。現在も、ホームの待合所の構造などに島式ホーム時代の名残りが見られる。この他、近隣のセメント会社に向けて貨物用の側線が延びていた[4]

プレハブ工法の駅舎は開業当初からのもので、周辺の駅と意匠がよく似ているが規模は小さい。熊野市駅が管理する無人駅であり、駅舎の中にはシャッターの下ろされた出札口が残っている。トイレは東側にある。

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1998年 13
1999年 11
2000年 11
2001年 12
2002年 9
2003年 9
2004年 8
2005年 7
2006年 8
2007年 7
2008年 7
2009年 8
2010年 8
2011年 8
2012年 7
2013年 6
2014年 6

駅周辺[編集]

大泊の集落から少し上がった高台にある。

バス路線[編集]

国道311号に沿って熊野市自主運行バスが「潮風かほる熊野古道線」を運行しており、集落の西口に設けられた「大泊」バス停が最寄りとなる(駅から約500m、駅前には乗り入れない)。

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
紀勢本線
波田須駅 - 大泊駅 - 熊野市駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』25号 紀勢本線・参宮線名松線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月10日、20-21頁。
  2. ^ 「天王寺鉄管局、紀勢線と参宮線の駅業務を大幅削減へ」日本経済新聞1983年6月29日付、地方経済面中部7ページ
  3. ^ 日本国有鉄道公示S61.10.30公140
  4. ^ a b レイルマガジン・木造駅舎紀行(299号) (2008年6月23日). “ホビダス・ステーション 大泊駅”. ネコ・パブリッシング. 2016年2月14日閲覧。

関連項目[編集]