新宮駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新宮駅
Shingu Station01s4s4592.jpg
駅前広場と駅舎(2010年7月)
しんぐう
Shingū
*鵜殿 (3.6 km)
(4.7 km) 三輪崎*
所在地 和歌山県新宮市徐福二丁目1-1
北緯33度43分30.76秒 東経135度59分38.97秒 / 北緯33.7252111度 東経135.9941583度 / 33.7252111; 135.9941583
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 紀勢本線
(当駅より和歌山方は W きのくに線)
キロ程 180.2 km(亀山起点)
電報略号 シク
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
920人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1913年大正2年)3月1日[1]
備考 会社境界駅(JR西日本の管轄駅)
直営駅管理駅
みどりの券売機プラス
* 鵜殿方(非電化区間)はJR東海、三輪崎方(電化区間)はJR西日本
テンプレートを表示

新宮駅(しんぐうえき)は、和歌山県新宮市徐福二丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・東海旅客鉄道(JR東海)紀勢本線。JRの境界駅の一つ。事務管コードは▲622038[2]

概要[編集]

新宮市の代表駅であり、紀勢本線の運行上重要な役割を持つ駅で、紀勢本線は当駅を境にJR西日本の管轄とJR東海の管轄に分かれており、両会社の境界駅になっている[1]。またJR東海が管轄する亀山駅方は非電化区間、JR西日本が管轄する和歌山駅方が電化区間で「きのくに線」の愛称が付いており、その境界ともなっている。会社境界は下り場内信号機にある。熊野川橋梁と丹鶴トンネルの間が線路上の境界でトンネル北口に分界標識が立っている。

JR東海が運行する特急「南紀」の一部が名古屋駅から当駅を越えて紀伊勝浦駅まで運行されるが、その他は当駅をまたいで運行される列車は設定されていない。和歌山県内の駅で最も東に有る。

歴史[編集]

開業風景 沿線住民が日の丸の旗を振っている

駅構造[編集]

改札口
券売機(みどりの券売機プラスが設置)
駅構内

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の、あわせて2面3線を有する地上駅で、そのほかに側線も多く持っている。2つのホームは1本の地下道により結ばれており、単式ホームに接して駅舎がある。

駅の3番線側には側線があり紀勢本線を走るJR西日本やJR東海の列車が留置される。1番線、一番三輪崎駅よりの脇にはJR西日本の新宮鉄道部があったが2010年に新宮列車区と部署名が改称され支社直轄となった。 駅舎は1952年竣工、鉄筋コンクリート造り886平方メートルの建築物である。この駅舎は3代目で、前年に2代目の駅舎が火災により焼失したため、新しく建てられたものになっている。駅舎は二階建てだが、待合所や改札の部分などほとんどが吹き抜けとなっている。駅舎にはみどりの券売機プラスが設置されている。近距離きっぷ自動券売機設置。「こども110番の駅」にも指定されている。 キヨスクは2020年10月31日に閉店した。[注釈 1]

当駅は管理駅長が配置された直営駅であり、管理駅として当駅 - 見老津駅間の各駅を管轄している。トイレは改札内・外にそれぞれ設置されている。

のりば[編集]

のりば 路線 行先 備考
1 W きのくに線(紀勢本線) 和歌山新大阪方面 「くろしお」は主にこのホーム
2・3 一部の特急含む
紀勢本線 名古屋方面  

(出典:JR西日本:構内図

上表の路線名は旅客案内上の名称(「きのくに線」は愛称)で表記している。

駅弁[編集]

丸新により、めはりずしや「くじら弁当」などの駅弁が販売されていた[12][13]が、現在は販売されていない。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである[14]

年度 1日平均
乗車人員
1998年 2,007
1999年 1,963
2000年 1,755
2001年 1,700
2002年 1,541
2003年 1,447
2004年 1,393
2005年 1,382
2006年 1,355
2007年 1,285
2008年 1,213
2009年 1,115
2010年 1,097
2011年 958
2012年 1,046
2013年 1,069
2014年 1,052
2015年 1,036
2016年 972
2017年 959
2018年 979
2019年 920

駅周辺[編集]

駅周辺は新宮の中心部で市役所なども近い。当駅を中心として新宮の市街地が広がっており、新宮の主な観光地も当駅から徒歩圏内に位置する。

駅前広場の一角には日本で最初に口語の唱歌を作詞した、新宮市出身の東くめの『鳩ぽっぽ』歌碑がある。

名所・観光施設等[編集]

官公庁・公共施設[編集]

教育施設[編集]

その他施設等[編集]

バス路線[編集]

周辺地域の公共交通機関の結節点となっており、駅前広場には待合室や各方面へのバス切符発券所を併設するバスターミナルがあり、2階には熊野御坊南海バスの本社が入る。

名古屋方面、東京方面等の高速道路を経由する長距離路線は、駅前広場を回り込んだ三重交通新宮事務所前にある高速バスのりばから発着する。

  • 1番のりば 紀伊勝浦駅方面の熊野御坊南海バスが出発する
  • 2番のりば 本宮大社前方面の熊野御坊南海バスが出発する
  • 3番のりば 熊野市駅方面の三重交通、紀宝町民バスが出発する
  • 4番のりば 新宮市内路線や近大新宮高校前、一部の紀伊勝浦駅方面の熊野御坊南海バスが出発する
  • 5番のりば 熊野御坊南海バスの白浜空港リムジンバス、明光バスの快速熊野古道号、奈良交通八木新宮線が出発する
  • 高速バスのりば 三重交通の名古屋方面高速バスと三重交通、西武観光バスの東京方面夜行高速バスが出発する

西日本ジェイアールバスが五新線(新宮 - 熊野本宮 - 七色、奈良交通・熊野交通と一部乗車券共通扱い)を運行していたが、2002年3月廃止された。

その他[編集]

駅および路線に関して
  • かつて和歌山線五条駅と当駅を結ぶ構想があった。
  • 2022年3月31日まで、特急を利用すると1日目の駐車料金が無料になるパーク&ライドを実施したことがあった(※1日3台限定)。
  • 2011年3月11日までは和歌山方面の始発は5時30分前後、終電は24時過ぎだった。なお、2022年3月改正時点では和歌山方面の始発は6時30分頃、終電は23時50分頃となったため、日を跨いで運行する列車は無くなった(※前記の列車はすべて特急)。
  • 1988年3月13日には、5時台に臨時特急が設定されたことがあった[15]
ロケ撮影
  • 1984年8月に公開された、映画『ときめき海岸物語』のラストシーンは2番のりばで撮影された。「急行紀州[注釈 2]に乗車し、湘南で開催されるサーフィン大会へ向かう山口隆明(演:鶴見辰吾)を杉本春江(演:富田靖子)らが見送る」という内容だった。
  • 1993年に放映された、チョーヤ梅酒ウメッシュのテレビCMは1番のりばに隣接する改札口で撮影された。「工藤夕貴きっぷを出そうとしたが、それが見付からず、大量のウメッシュが出たあと苦笑いする」(※苦笑いするときに「(きっぷが)無い」というナレーションが入る)という内容だった[注釈 3]

隣の駅[編集]

※特急「くろしお」「南紀」(「くろしお」は三輪崎方のみの運転)の隣の停車駅は各列車記事を参照。

西日本旅客鉄道(JR西日本)
W きのくに線(紀勢本線)
新宮駅 - 三輪崎駅
東海旅客鉄道(JR東海)
紀勢本線
鵜殿駅 - 新宮駅

かつて存在した路線[編集]

日本国有鉄道
紀勢本線貨物支線(1938年までの紀勢中線旧線)
新宮駅 - 熊野地駅

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ JR西日本管内のキヨスクは2014~2018年にかけて順次セブン-イレブンに転換されたが、新宮市内とその周辺地域にはセブン-イレブンがなく、商品の配送網の関係で転換が不可能だった。ただし、POSシステムはセブン-イレブンに準じたものを導入していた。同様の理由で、山陰本線豊岡駅東口のキヨスクもセブン-イレブンに転換されずキヨスクのまま営業を続けていた。
  2. ^ ※劇中では「まもなく、2番のりばから名古屋行き、発車します」という駅員のアナウンスが流れる。
  3. ^ ※改札口のシーンで後ろに写る列車は、特急スーパーくろしお(旧塗装)である。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 曽根悟(監修) 著、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集) 編 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』 25号 紀勢本線・参宮線・名松線、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月10日、9,18-21頁。 
  2. ^ 日本国有鉄道旅客局(1984)『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。
  3. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1913年3月7日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 「鉄道省告示第281・282号」『官報』1934年6月26日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 「鉄道省告示第170・171号」『官報』1940年8月2日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 「新宮駅全焼」『朝日新聞』昭和25年1月22日
  7. ^ 天王寺鉄道管理局三十年写真史P66に写真掲載
  8. ^ a b 天王寺鉄道管理局三十年写真史P189(年表)
  9. ^ a b 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』(初版)JTB、1998年10月1日、375頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  10. ^ 和歌山県内の特急 「くろしお 」号停車駅で、ICOCAがご利用できるようになります!”. 西日本旅客鉄道 (2016年8月9日). 2022年5月12日閲覧。
  11. ^ a b 新宮駅|駅情報:JRおでかけネット” (日本語). 西日本旅客鉄道. 2021年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月26日閲覧。
  12. ^ JR西日本駅弁紀行 紀州路編 - 『Blue Signal』2011年1月号(No.134)西日本旅客鉄道
  13. ^ 有限会社丸新 - 日本鉄道構内営業中央会(2010年)
  14. ^ 『和歌山県統計年鑑』及び『和歌山県公共交通機関等資料集』
  15. ^ 交通公社の時刻表 1988年3月号 復刻版

関連項目[編集]

外部リンク[編集]