オークワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社オークワ
OKUWA Co., Ltd.
OKUWA Logo.svg
Okuwa-Honsha.jpg
本社中島店
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8217
2001年[[3月7日[1]]]上場
本社所在地 日本の旗 日本
641-8501[2]
和歌山県和歌山市中島185番地の3[2][3]
設立 創業:1938年昭和13年)5月[2]

1959年(昭和34年)2月27日
(有限会社主婦の店新宮店)[3]

1969年(昭和44年)2月21日(株式会社主婦の店オークワ)[2]
業種 小売業
法人番号 2170001002092
事業内容 チェーンストア経営
代表者 代表取締役会長CEO 大桑堉嗣
代表取締役社長COO 神吉康成
資本金 141億1,749万円(2016年2月20日現在)
発行済株式総数 4,523万7,297株 (2016年2月20日現在)
売上高 連結:2,684億27百万円
単独:2,652億10百万円
(2017年2月期)
営業利益 連結:26億42百万円
単独:24億89百万円
(2017年2月期)
純利益 連結:14億76百万円
単独:14億91百万円
(2017年2月期)
純資産 連結:780億85百万円
単独:778億28百万円
(2017年2月20日現在)
総資産 連結:1,392億97百万円
単独:1,386億44百万円
(2017年2月20日現在)
従業員数 連結:1,938人 単独:1,848人
(2015年2月20日現在)
準社員を含む:15041人
(2017年2月20日現在)
決算期 2月20日[2]
主要株主 大桑 堉嗣 8.89%
日本トラスティ・サービス信託銀行(株) 5.65%
オークワ共栄会 5.60%
(2015年2月20日現在)
主要子会社 (株)オークフーズ 100%
(株)ヒラマツ 100%
関係する人物 大桑勇(創業者)
大桑啓嗣(取締役副会長・元代表取締役社長)
外部リンク http://www.okuwa.net/
特記事項:出典:第46期有価証券報告書
テンプレートを表示

株式会社オークワ: OKUWA Co., Ltd.)は、和歌山県を中心に大阪奈良兵庫東海4県のあわせて8つの府県で展開しているチェーンストアニチリウグループの一員である。

沿革[編集]

店舗ブランド[編集]

24時間営業の奈良県の店舗(オークワ橿原畝傍店)
食料品・衣料品・住居用品を多品種・多品目品揃えしたワンフロア店舗[31]
  • プライスカット
2004年(平成16年)4月に出店したディスカウント業態[32] 。既存店舗を業態転換して出店[32]
原則、オーカードが使用不可。不採算店舗の改装目的での業態開発が軌道に乗り、現在は新規出店も行っている。
2004年(平成16年)12月に出店した高質スーパー業態[33]
高級品・海外輸入品を中心にした食料品も扱い、他店と差別化を図った店舗。名称の「メッサ」はスペイン語の"MESA"(食卓を意味する)から採用された。
  • パレマルシェ - 吸収合併した株式会社パレの店舗ブランドを、合併後もそのまま維持したもの。

店舗[編集]

一部店舗で、スーパーマーケットでは西日本初のセルフレジを導入と、関西初の24時間営業も行っている。

過去に存在した店舗[編集]

閉店[編集]

和歌山県[編集]

和歌山市[編集]
  • 和歌山駅前店(和歌山市吉田323[34]、1975年(昭和50年)4月開店[3] - 2005年2月14日閉店)
店舗面積2,164m²[3]
2005年(平成17年)5月27日にJR和歌山駅から北へ約800mに和歌山中之島店が開店[35]。現在は赤や和歌山店。
  • 初代・屋形店→プライスカット屋形店(和歌山市尾形町4-29[34]、1963年(昭和38年)12月開店[3] - 2013年(平成25年)2月20日閉店)
売場面積3,206m²[3]
オークワの3号店。2005年(平成17年)9月にプライスカットに業態変更後、建て替えて、2013年(平成25年)12月14日にオークワ屋形店(2代目)として再開店。
  • 日昌店(和歌山市中之島字上島[3]、1980年(昭和55年)10月開店[3] - 2005年5月8日閉店)
店舗面積539m²[3]
  • 紀ノ川店(和歌山市市小路田中[3]、1977年(昭和52年)1月開店[3] - ?閉店)
店舗面積1,387m²[3]
2000年(平成12年)12月8日に「オー・ストリート紀ノ川」が開店[36]
  • 鳴神店(和歌山市鳴神字櫛ノ掛121-1[34]、1977年(昭和52年)8月開店[3] - 2013年1月10日閉店)
店舗面積1,384m²[3]
閉店後建物は解体され、現在は更地となっている[要出典]
  • 松江店(和歌山市松江北[3]、1970年(昭和45年)7月開店[3] - ?閉店)
店舗面積3,680m²[3]
  • 加太店(和歌山市加太[3]、1982年(昭和57年)8月開店[3] - ?閉店)
店舗面積776m²[3]
跡地は整骨院などが入る複合施設[要出典]
  • 北島店(和歌山市孤島字宇治郡262-2[37]、1982年(昭和57年)6月開店[8][37] - ?閉店)
売場面積499m²[8][37]
併設されていたパーティハウスや黒潮寿司も順に解体され、跡地はオートバックスわかやま北[要出典]
  • 楠見店(和歌山市加太[3]、1983年(昭和58年)1月開店[3] - ?閉店)
店舗面積859m²[3]
同上。現在はスーパーサンワ楠見店[要出典]
  • 西浜店→プライスカット西浜店(和歌山市西浜938-2[34]、1984年(昭和59年)1月開店[3] - 2015(平成27年)2月1月20日閉店)
店舗面積1,019m²[3]
2004年(平成16年)4月にプライスカットに業態変更[32]。プライスカット1号店[32]
  • プライスカット医大病院前店(和歌山市[38]、2006年(平成18年)2月24日開店[38] - 2014年7月14日閉店)
JR紀三井寺駅から約700mの国道42号線に面するヒラマツ紀三井寺店跡に開設[38]
2014年(平成26年)9月4日に「JR紀三井寺駅」から約1kmのダイエー和歌山店跡に「スーパーセンター オークワセントラルシティ和歌山店」が開店[39]
  • 初代・神崎店(和歌山市
2代目・神崎店の2001年(平成13年)11月9日開店に伴い閉店[40]
  • 初代・六十谷店(和歌山市(和歌山市六十谷字有高217-1[34]、1973年(昭和48年)6月開店[3] -
店舗面積4,180m²[3]
建て替えて、2代目・六十谷店の2007年(平成19年)10月19日開店[41]
  • 小倉店(2004年(平成16年)2月11日開店[42] - 2005年ごろ閉店)
現在はママショップ小倉店[要出典]
新宮市[編集]
店舗面積4,659m²[3]
和歌山県初のスーパーマーケットとして開店した[4]オークワ第1号店[3]
ショッピングセンターのペアシティ新宮の核店舗。建物の一部はレギュラー業態の新宮仲之町店として存続。
  • 三輪崎店(新宮市三輪崎[3]、1975年(昭和50年)2月開店[3] - ?)
店舗面積578m²[3]
新宮佐野店開店に伴い閉店
  • 新宮佐野店(2001年(平成13年)12月21日開店[43] - 2005年頃閉店)
JR紀勢本線紀伊佐野駅から約1.5kmのに出店した鉄骨平屋建ての店舗[43]
敷地面積3,388m²[43]、延床面積1,127m²[43]、直営売場面積793m²[43]
スーパーセンターオークワ南紀店の開店に伴い閉店。建物はそのまま、現在はファッションパークナカミチ新宮佐野店。 
  • 野田店(新宮市新宮字野田[3]、1973年(昭和48年)2月開店[3] - 2011年(平成23年)8月31日閉店)
売場面積667m²[3]
店舗面積570m²[3]
那賀郡[編集]
売場面積約500m²[44]
1999年(平成11年)8月7日に(2代目)オークワ貴志川店(売場面積約2,572m²)が開店[44]
売場面積888m²[3]
2代目・粉河店(売場面積1,959m²)の1998年(平成10年)11月27日開店に伴い閉店[45]

現在は建物そのままセリア (100円ショップ)粉河店[要出典]

オーストリート橋本彩の台店開店に伴い閉店[要出典]
  • 那賀店→紀の川名手店(那賀郡那賀町名手西野363-1[34]、1987年(昭和62年)6月開店[46] - 2014年(平成26年)9月16日閉店)
売場面積495m²[46]
閉店後、建物は解体。跡地にファミリーマート紀の川名手店[要出典]
  • 岩出北店(岩出市[47]、2006年(平成18年)4月26日開店[47] - 2014年(平成26年)1月26日閉店[48]
西牟婁郡[編集]
売場面積1,069m²[49][8]
衣料品のみ販売で、 2001年(平成13年)12月15日の白浜堅田店開店に伴い閉店[49]
ミドリ白浜店(現・グルメシティ白浜店)内。
売場面積396m²[3][50]
橋本市[編集]
  • 橋本隅田店(橋本市[51]、1998年(平成10年)11月21日開店[51] - 2005年4月11日閉店)
JR隅田駅に近い平屋建ての店舗[51]
売場面積1,975m²[51]
オーストリート橋本彩の台店開店に伴い閉店[要出典]
跡地はそのまま、TSUTAYA WAY橋本隅田店を経て、現在はニトリ橋本店[要出典]
  • 橋本林間店(橋本市[8]、1994年(平成6年)10月開店[8] - 2014年8月18日閉店)
店舗面積5,000m²[8]
閉店後、建物は解体。跡地に松源橋本林間店が2015年10月6日オープン[要出典]
伊都郡[編集]
店舗面積495m²[8]
2001年(平成13年)10月31日付で高野口サティ跡地を買収し[52]、2002年(平成14年)3月8日に(2代目)オークワ高野口店が開店[53]。移転のため閉店。
跡地は産直市場よってって高野口店[要出典]
店舗面積495m²[46]
近隣にかつらぎ店開店に伴い、妙寺店と統合移転する形で閉店[要出典]
跡地はそのまま、TSUTAYA WAY笠田店を経て、現在はガソリンスタンド[要出典]
店舗面積495m²[46]
建物そのまま、現在ははーと&はーと妙寺店[要出典]
  • 打田店→プライスカット打田店(伊都郡[50]、1989年(平成元年)4月開店 - 閉店)
店舗面積921m²[50]
現在はTSUTAYA WAY打田店[要出典]
「オー・ストリート打田」が2001年(平成13年)1月18日に開店[54]
有田郡[編集]
店舗面積1,430m²[3]
旧・有田鉄道金屋口駅付近で営業していた。現在は空き店舗[要出典]
店舗面積1,487m²[55]
鉄骨平屋建てで、駐車場270台[55]
初代店舗と異なって衣料品売り場を設置せず、食品に特化した[56]
建て替えて、現在はスーパーセンターオークワ有田川店。
海南市[編集]
  • 海南ココ店(海南市[8]、1978年(昭和53年)2月開店[8] - 2010年5月9日閉店)
直営店舗面積1,972m²[8]
ショッピングタウンココの店舗面積約9,273m²[57]、延べ床面積約16,878m²[57]
海南ショッピングタウン・ココ内にあったが、ココの閉鎖とともに閉店。
海南駅から約700mに「シーサイド海南」の核店舗として「スーパーセンターオークワ海南店」が2011年(平成23年)10月29日に開店[58]
  • プライスカット海南下津店(2007年(平成19年)3月7日開店[59] - 2014年7月22日閉店)
  • FCひかり店→海南黒江店→プライスカット海南黒江店(海南市岡田字横山611-1[34]、1987年(昭和62年)6月開店[3] - 2014年7月28日閉店)
売場面積495m²[3]
  • 紀美野店→オー!ジャスト!紀美野店(1995年(平成7年)6月開店〜2014年(平成26年)2月閉店)
海南野上店開店に伴い2010年(平成22年)11月7日に閉店。一時休業を経た後、コンビニエンススーパーマーケット(CSM)業態に転換して営業していた[要出典]
  • プライスカット岩出北店(2006年(平成18年)4月26日開店-2014年(平成26年)1月26日閉店)
跡地はヒラマツを経て、現在はザ・ロウズ[要出典]
  • 川永西店→プライスカット川永西店(2003年(平成15年)8月8日開店[60] - 2014年(平成26年)8月17日閉店)
現在はザ・ロウズ[要出典]

奈良県[編集]

奈良市[編集]
  • あやめ池店(奈良市[50]、1989年(平成元年)12月開店[50] - 2003年頃閉店)
売場面積495m²[50]
奈良市に、2000年(平成12年)4月27日に「奈良古市店」が開店[61]
  • 大安寺店(奈良市恋の窪1-281-3[34]、1992年(平成4年)10月開店[50] - 2004年頃閉店)
売場面積495m²[50]
現在、跡地の建物はそのまま、キリン堂大安寺店[要出典]
橿原市[編集]
  • 真菅店(橿原市曽我町字高堤[46]、1987年(昭和62年)7月開店[46] - 2003年11月6日閉店)
売場面積495m²[46]
  • 橿原耳成店(橿原市出合町[46]、1988年(昭和63年)5月開店[46] - ?閉店)
売場面積495m²[46]
2000年(平成12年)4月には橿原市に、「オークワ橿原常盤店」(7日)と[62]「オークワ橿原醍醐店」(21日)が開店[63]
大和高田市[編集]
売場面積495m²[46]
大和高田駅の北の国道165号線沿いに「高田神楽店」(売場面積1,181m²<)が1997年(平成9年)12月19日に開店[64]
天理市[編集]
  • 天理店(天理市[50]、1988年(昭和63年)12月開店[50] - 2000年(平成12年)閉店)
売場面積495m²[50]
2000年(平成12年)8月10日に「天理南店」が開店[65]
天理南店開店に伴い閉店。現在はTSUTAYA WAY天理店[要出典]
1995年(平成7年)4月14日に「天理北店」(売場面積3,000m²)が開店[66]
北葛城[編集]
売場面積495m²[3]
1995年(平成7年)4月14日に「香芝南店」(売場面積2,500m²)が開店[66]
現在はジャパン香芝店[要出典]
  • 香芝尼寺店(2000年(平成12年)7月28日開店[67] - 2008年(平成20年)3月12日閉店)
2008年(平成20年)3月27日に「香芝インター店」が開店[68]
現在はTSUTAYA WAY香芝尼寺店[要出典]
売場面積495m²[3]
建物はそのまま、ボトルワールドOK香芝店。
売場面積495m²[50]
現在、建物が解体され、跡地にスーパーエバグリーン広陵店[要出典]
大和郡山市[編集]
売場面積495m²[50]
売場面積495m²[46]
2代目・大和郡山筒井店の2003年(平成15年)8月9日開店に伴い閉店[69]
  • 大和郡山九条店(大和郡山市[50]、1991年(平成3年)11月開店[50] - 2006年10月17日閉店)
売場面積495m²[50]
大和郡山柳町店開店に伴い閉店。跡地の建物はそのまま、やまや大和郡山店[要出典]
桜井市[編集]
  • 初代・桜井店(桜井市大字外山1112[34]、1986年(昭和61年)11月開店[3] - 2003年(平成15年)閉店)
売場面積499m²[3]
2代目・桜井店の2003年(平成15年)8月9日開店に伴い閉店[70]
  • 桜井西店(桜井市[50]、1989年(平成元年)11月開店[50] - 2003年11月6日閉店)
売場面積495m²[50]
桜井駅から約800mに「スーパーセンターオークワ桜井店」(売場面積約7,500m²<)が2010年(平成22年)3月13日に開店[71]

大阪府[編集]

  • スーパーセンターオークワコスタモール二色の浜店(2005年(平成17年)9月22日開店[72] - 2009年(平成21年)5月25日閉店)
コスタモール二色の浜内で営業していた。
  • 岡田店(泉南市岡田[3]、1983年(昭和58年)4月開店[3] - 1992年(平成4年)閉店)
売場面積553m²[3]
スカイシティ泉南店開店に伴い閉店。
  • スカイシティ泉南店(泉南市北野2丁目4番1号[73]、1992年(平成4年)12月18日開店[73] - 2014年(平成26年)6月16日閉店[74]
敷地面積約57,521m²[73]、延床面積約33,969m²[73]、売場面積約16,000m²[73]、直営売場面積約10,500m²[73]
店舗跡の建物は2015年(平成27年)から解体[75]
  • オークワ 高槻大塚店(2011年(平成23年)4月8日開店[76] - 2014年(平成26年)3月9日閉店[77]
跡地はジョーシン高槻大塚店[要出典]


  • 寝屋川店(寝屋川市[78]、1997年(平成9年)12月12日開店[78] - 2015年(平成27年)1月13日閉店)
店舗面積2,180m²[78]、駐車場100台[78]
建物はそのまま、サンドラッグ東香里店[要出典]

兵庫県[編集]

  • オークワ加古川野口店 (2010年(平成22年)4月29日開店[79] - 2014年(平成26年)2月19日閉店[77]
現在はホームセンターアグロ加古川野口店[要出典]

三重県[編集]

熊野市[編集]
  • 初代・熊野店(熊野市木本町636[34]、1958年(昭和33年)6月開店 - 2012年(平成24年)12月6日閉店)
熊野市井戸町に新築オープンした2代目・オークワ熊野店()に移転のため閉店。現在は更地[要出典]
  • 井戸店
閉店後、建物はそのままであったが、オークワ熊野店(2代目)新築の際解体。現在は熊野店の商品搬入口となっている[要出典]
尾鷲市[編集]
現在はTSUTAYA WAY尾鷲店[要出典]
南・北牟婁[編集]

1978年(昭和53年)開店〜2012年(平成24年)1月20日閉店)

現在は農業屋御浜店[要出典]

1979年(昭和54年)9月開店 - 2012年(平成24年)5月7日閉店)

株式会社オークワ(三重)の店舗として開店、2005年(平成17年)4月にプライスカットに業態変更。
建て替えて、2012年(平成24年)11月15日に2代目・紀伊長島店が開店[80]
津市[編集]
  • 津桜橋店
1999年(平成11年)9月24日に「津高茶屋店」が開店[81]
閉店後、建物はそのままでケーズデンキ 桜橋パワフル館→MEGAドン・キホーテ津桜橋店[要出典]
  • {{要出典範囲|date=2018年3月|津ラッツ店→プライスカット津ラッツ店(2006年12月1日開店〜2011年(平成23年)1月10日閉店)
ショッピングモール・ラッツ内で営業していた。
跡地はユニクロが入居[要出典]
松阪市[編集]
  • 松阪大口店→プライスカット松阪大口店(松阪市荒木町160[34]

2014年(平成26年)7月14日閉店)

  • 伊賀上ノ庄店(2014年(平成26年)9月16日閉店)[要出典]
志摩市[編集]
現在はぎゅーとら志摩店[要出典]
鈴鹿市[編集]
  • プライスカット鈴鹿エース店(2006年(平成18年)4月19日開店[82] - 2015年(平成27年)1月19日閉店[要出典])

愛知県[編集]

名古屋市[編集]
店舗面積約919m²[84]
名古屋鉄道が所有する土地に建設された住宅公団又穂団地[86][87]内に出店していた。
店舗面積約1,188m²[85]
2012年(平成24年)2月21日付でオークワのディスカウント業態部・プライスカット業態に編入[88]
尾張(名古屋市以外)[編集]
  • パレマルシェ常滑店常滑店(常滑市鯉江本町5-140[85]、1987年(昭和62年)3月開店[46] - 2012年(平成24年)8月閉店[89]
常滑駅に出店していた[89]
店舗面積約6,102m²[85]
オークワとの合併後、初の閉店となる。
三河[編集]
  • 初代・パレマルシェ西尾店(西尾市住吉町4-18[90]、1973年(昭和48年)12月開店[91] - 2013年(平成25年)8月18日閉店)
西尾駅の駅ビルで百貨店として営業していたが、再開発に伴い閉店[91]。直営売場面積約1620坪[91]
2013年(平成25年)8月21日に旧店舗より南へ50m離れた場所へ鉄骨造り平屋建ての食品スーパーとして移転して再開店したref name="nissyoku-2013-9-10-13a" />。

岐阜県[編集]

  • オークワ安八店(2012年(平成24年)7月25日開店[92] - 2015年(平成27年)2月15日閉店)

建物は一部改装を行い、ディスカウント ドラッグコスモス安八店として、2016年1月30日オープン[要出典]

静岡県[編集]

  • パレマルシェかじ町店(浜松市中区鍛冶町[93]、2009年(平成21年)5月14日開店[94] - 2009年(平成21年)12月6日閉店[93]
イトーヨーカドー浜松駅前店のビルを利用した再開発店舗「かじ町プラザ」1階に出店していた[93]
全フロアをテナント招致することを条件に出店したが、実現しなかったため約半年で撤退した[93]

業態変更[編集]

  • パームシティ和歌山店(和歌山市中野31[95]、1993年(平成5年)11月18日開店[95] - 閉店)
改装し、2013年(平成25年)12月6日にスーパーセンターオークワパームシティ和歌山店に。
岩出西店の開店に伴い閉店[96]
開業時点では敷地面積15,857m²[96]、延床面積5,039m²[96]、売場面積3,432m²[96]
1999年(平成11年)10月23日にオークワとして開店し[96]、2006年(平成18年)4月15日にメッサオークワへ業態変更[97]

2015年(平成27年)11月に再び改装し、オークワ形態に戻っている[要出典]

  • 松阪サンタン店(松阪市長月町宇下石川88-30[34]、1975年(昭和50年)開店 - )
株式会社オークワ(三重)の店舗。
建て替えて、2002年(平成14年)12月6日に「オークワ松阪長月店」が開店[98])。
  • 河芸店
2009年(平成21年)2月27日にメガ・プライスカット河芸店に改装、2014年(平成26年)2月28日に再度改装し、現在はスーパーセンターオークワ河芸店となる。
  • パークシティなばり店
開業時点では総売場面積13,573m²に直営面積9,000m²であったが、2002年(平成14年)4月24日に直営面積を半減して専門店などを導入する改装を行った[99]
改装し、現在はスーパーセンターオークワ名張店。2010年(平成22年)2月21日開店[要出典]


ネットスーパー[編集]

2006年(平成18年)8月に大阪府和泉市の「和泉小田店」で事業を開始し、 開業当初から実際の店舗と同水準の約15,000品目と取扱商品は当時の業界では最大級であった[14]

2008年(平成20年)11月に南紀店など一部店舗で織り込みチラシにネットスーパー用の注文番号を付記して電話注文も受け付ける方法を導入し、

2009年(平成21年)1月には「和泉小田店」で携帯電話専用サイトを用いたネットスーパーの受注を開始するなど注文の受付方法の拡充を進めた[14]

また、2010年(平成22年)10月には和歌山県と共同で山間地の龍神村地区を対象にネットスーパー事業を開始し、過疎地での買い物難民大作としての展開にも着手した[14]

工場・センター[編集]

  • オーデリカファクトリー和歌山(和歌山市[100]、2008年(平成20年)8月25日稼働[100][101]
開設時点では敷地面積10,337m²[100]、延床面積7,296m²[100]
鉄骨造り3階建ての惣菜工場[100]

グループ会社・団体[編集]

スポーツクラブや映画館を運営に加えて、2001年(平成13年)8月21日にオーマートの書籍・CD販売とビデオ・CDレンタル部門を移管し、ジストから社名を変更[103]
  • 株式会社オークフーズ
  • 株式会社ヒラマツ - グループ会社になった直後から、ヒラマツの一部店舗がプライスカットやメッサヒラマツなどのオークワ系ブランドに転換された。
  • 株式会社黒潮
1997年(昭和57年)2月設立の飲食業会社[8]
1982年(昭和57年)3月設立の食品仕入会社[3]

過去に存在したグループ会社[編集]

1988年(昭和63年)4月設立の友の会事業会社[8]
  • 株式会社オーマート
ホームセンター[104]、ドラッグ[104]、書籍・CD販売[103]、ビデオ・CDレンタル[103]
2001年(平成13年)8月21日に書籍・CD販売とビデオ・CDレンタル部門をオー・エンターテイメントに移管し[103]、2002年(平成14年)8月21日にジョイフル朝日と合併して「株式会社オージョイフル」となった[104]
2007年(平成19年)12月にDCM Japanホールディングスに「株式会社オージョイフル」の全株式を譲渡[105]
  • ジャスコ・オークワ株式会社(和歌山県御坊市[9]1971年(昭和46年)5月設立[3]2002年(平成14年)8月20日清算完了[9]
和歌山を中心に大型店を展開することを目的として、ジャスコ株式会社(現イオン)と折半出資で設立した[9]
  • 株式会社ショッピングセンターマミー
1983年(昭和58年)7月設立のスーパー[3]
  • 株式会社新生食品
1981年(昭和56年)11月設立の食品製造会社[3]
  • 株式会社パーティハウス
1977年(昭和52年)3月設立の衣料品専門店[3]


オーカード[編集]

オーカード

オーカードというポイントカードが存在する。オーカードには2種類あり、オーカードとオーカードプラスが存在する。

オーカード

ポイント専用カード。買い物200円(税抜)につき1ポイント付与(2014年2月20日まで一部オークワ及びスーパーセンターを除き100円(税抜)につき1ポイント付与)。たまったポイントは1ポイント1円として現金に換金できる。カード特典として、和歌山マリーナシティポルトヨーロッパ」入園無料、ジストシネマ入館料割引、近畿・三重地区トヨタレンタリース各店割引の制度がある。オーカードは、和歌山県民の6割が所有している[106]

オーカードプラス(旧)

ニコスとの提携による、クレジット機能付きオーカード。ポイント制度は通常のオーカードと同様で、NICOSVISA提携先でのクレジットカードとして利用も可能。特典は通常のオーカードの特典に加え、南紀白浜アドベンチャーワールド入園優待、全日空ゲートタワーホテル飲食料割引制度が利用できた。2009年11月30日 使用終了。

オーカードプラス(新)

セディナとの提携による、クレジット機能付きオーカード。ポイント制度は通常のオーカードと同様のものに加え、毎月9・19・29日に、クレジットポイント5倍デーを実施し、旧オーカードプラスと比べて、オーカード(ポイント専用カード)とポイント付加サービスに差をつける内容となっている。プラスクレジット機能はVISAMasterCardJCBから選べる。2010年4月1日からサービス開始[107]

CMソング[編集]

「オークワからのごあいさつ」というCMソングがあり、CMや店頭で流されている。 足立浩一 作詞、服部克久 作曲。

曲は3番まである。和歌山県民のなかには節をつけて歌える人も多い。同社ホームページ上でも視聴可能である[108]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 後にペアシティ新宮店→新宮仲之町店となる

出典[編集]

  1. ^ a b “(株)オークワが東京証券取引所市場第一部へ上場”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2001年3月12日)
  2. ^ a b c d e f g 『流通会社年鑑 2002年版』 日本経済新聞社、2001年12月10日。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv 『流通会社年鑑 1990年版』 日本経済新聞社、1990年11月24日。
  4. ^ a b c d “オークワ、創立50周年記念「感謝の集い」開催 15年に営業収益5000億円目指す”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2009年4月24日)
  5. ^ “チェーンストアオークワ、オークワと資本提携”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1996年9月11日)
  6. ^ “チェーンストアオークワ、子会社のオークワを吸収合併”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1999年8月25日)
  7. ^ a b c “オークワ、三重県に「関流通センター」竣工”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1999年9月22日)
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『流通会社年鑑 2001年版』 日本経済新聞社、2000年12月11日。
  9. ^ a b c d “イオンとオークワ、合弁会社ジャスコ・オークワの清算完了”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2002年8月30日)
  10. ^ “オークワの物流センター 泉佐野流通センター 11月4日(火)開設”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2003年11月27日)
  11. ^ “「無人レジ」導入 SM各社、各地の店舗で試みる サービス充実か?効率か?”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2005年10月21日)
  12. ^ “オークワとマツモトキヨシが業務提携”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2005年9月15日)
  13. ^ “オークワ、ヒラマツと資本業務提携”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2005年11月4日)
  14. ^ a b c d e f 川辺信雄. “ネットスーパーの生成と発展-バーチャル・ビジネスとリアル・ビジネスの統合-”. 早稲田商学第429号 (早稲田大学商学同攻会) (2011年9月).
  15. ^ “中部流通特集:小売業界、出店相次ぐ=オークワ「オークワ愛西プラザ店」”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2007年11月30日)
  16. ^ “オークワ、名古屋のSMパレを買収”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2008年6月13日)
  17. ^ 西川昌彦(2008年7月14日). “オークワ、愛知・岐阜へ進出 「プライスカットオークワ岐阜柳津店」開店”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社)
  18. ^ “日本スーパーマーケット協会、「標準通い箱」のJIS化目指す 普及推進に拍車”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2009年6月17日)
  19. ^ “プライスカットオークワ明石大久保店 11月7日(金)オープン 兵庫県明石市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2008年11月27日)
  20. ^ 株式会社オークワと株式会社神戸物産の合弁会社設立について - プレスリリース
  21. ^ 廣瀬嘉一(2011年2月9日). “オークワ、フードセンター富田屋と業務提携 東海圏の競争力強化目指す”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社)
  22. ^ “オークワ、TVでネットスーパー対応”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2011年8月10日)
  23. ^ “SM7社、クックパッドなどと顧客データを共有 購買分析で連携”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2011年12月14日)
  24. ^ “オークワ、東海地区の子会社パレを吸収合併”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2011年3月16日)
  25. ^ 代表取締役の異動について - オークワニュースリリース 2013年12月16日閲覧。
  26. ^ 山本仁(2012年10月19日). “小売各社、高齢者向け配食事業に相次ぎ参入 有望市場で競争”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社)
  27. ^ “オークワとトミダヤ、業務提携を解消”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社).(2013年9月11日)
  28. ^ a b 廣瀬嘉一(2014年9月26日). “オークワ、来期から東海エリアで出店加速 和歌山のドミナント再構築へ”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社)
  29. ^ a b “中部秋季特集:オークワ、「東海食品センター」竣工 東海圏さらなる拡大へ”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2013年9月10日)
  30. ^ “オークワ、名古屋に初出店 エリア売上高1000億円達成へ邁進”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2011年3月9日)
  31. ^ “オークワ、SuC業態10店舗目「みえ朝日インター店」オープン”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2011年4月1日)
  32. ^ a b c d “オークワ、DS新業態「プライスカット」展開へ 今期9店舗に拡大”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2004年9月10日)
  33. ^ “オークワ、12月に2つの新業態開業、和歌山で展開”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2004年11月5日)
  34. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『ダイヤモンド会社職員録 全上場会社版 2003年版 下巻』 ダイヤモンド社、2002年11月24日。
  35. ^ “オークワ、「和歌山中之島店」がオープン”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2005年5月27日)
  36. ^ “オークワ「オー・ストリート紀ノ川」12月8日(金)オープン 和歌山県和歌山市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2000年12月21日)
  37. ^ a b c “関西地区・モデル店拝見=オークワ北島店”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1993年1月14日)
  38. ^ a b c “オークワ、「プライスカットオークワ医大病院前店」オープン”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2006年3月3日)
  39. ^ 廣瀬嘉一(2014年9月26日). “オークワ、スーパーセンターオークワセントラルシティ和歌山店オープン”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社)
  40. ^ “オークワ「神崎店」11月9日(金)移転新築オープン 和歌山県和歌山市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2001年12月6日)
  41. ^ >“オークワ六十谷(むそた)店 10月19日(金)オープン 和歌山県和歌山市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2007年11月8日)
  42. ^ “オークワ小倉店 2月11日オープン 和歌山県和歌山市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2004年2月23日)
  43. ^ a b c d e “オークワ、新宮佐野店を開業、初年度7億5000万円見込む”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2001年12月21日)
  44. ^ a b c “ニチリウ新社長就任記念特集:グループが誇る最新店舗=オークワ貴志川店”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1999年7月15日)
  45. ^ “オークワ「粉河店」開店”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1998年11月25日)
  46. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 『流通会社年鑑 1993年版』 日本経済新聞社、1993年10月25日。
  47. ^ a b “プライスカットオークワ岩出北店 4月26日(水)オープン 和歌山県岩出市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2006年6月12日)
  48. ^ “閉店ニュース 26年1月26日(日) オークワ プライスカット岩出北店”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2014年1月9日)
  49. ^ a b c “オークワ、白浜堅田店を開店”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2001年12月19日)
  50. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 『流通会社年鑑 1998年版』 日本経済新聞社、1997年12月2日。
  51. ^ a b c d “オークワ「橋本隅田店」開店”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1998年11月25日)
  52. ^ “オークワ、旧サティ高野口店を買収・改装”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2001年11月12日)
  53. ^ “オークワ、サティ高野口店を買収・改装、平台で生鮮強化へ”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2002年3月27日)
  54. ^ “オークワ、NSC「オー・ストリート打田」18日開業”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2001年1月12日)
  55. ^ a b c d “近畿・中・四国版 オークワ「吉備店」グランドオープン後3日間で3390万円”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1997年12月17日)
  56. ^ “近畿・中・四国版 オークワ、吉備店開店 年商14億円見込む”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1997年12月10日)
  57. ^ a b 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 1992年版』 東洋経済新報社、1992年。
  58. ^ “”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2011年11月9日)
  59. ^ “オークワ 「プライスカットオークワ海南下津店」 3月7日(水)オープン 和歌山県海南市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2007年3月15日)
  60. ^ “オークワ川永西店8月8日(金)オープン 和歌山県和歌山市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2003年8月18日)
  61. ^ “オークワ「奈良古市店」4月27日(土)オープン 奈良県奈良市” タイハン特報 (大量販売新聞社). (2002年5月9日)
  62. ^ “オークワ橿原常盤店4月7日(金)オープン 奈良県橿原市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2000年5月1日)
  63. ^ “「オークワ橿原醍醐店」4月21日(金)開店 奈良県橿原市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2000年5月1日)
  64. ^ “近畿・中・四国版 オークワ、「高田神楽店」開店”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1997年12月17日)
  65. ^ “オークワ「天理南店」八月十日(木)オープン 奈良県天理市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2000年9月4日)
  66. ^ a b “オークワ、河内長野店オープン SSM3店舗目に”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1995年4月26日)
  67. ^ “オークワ香芝尼寺店7月28日(金)オープン 奈良県香芝市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2000年8月17日)
  68. ^ “オークワ香芝インター店 3月27日(木)オープン 奈良県香芝市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2008年4月7日)
  69. ^ “オークワ大和郡山筒井店八月九日(土)移転新築オープン 奈良県大和郡山市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2003年8月11日)
  70. ^ “オークワ桜井店八月九日(土)移転新築オープン 奈良県桜井市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2003年8月18日)
  71. ^ “オークワ、「スーパーセンターオークワ桜井店」開店 地域一番店目指す”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2010年3月19日)
  72. ^ “”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2005年10月3日)
  73. ^ a b c d e f “オークワ「スカイシティ泉南店」開店”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1992年12月21日)
  74. ^ “閉店ニュース 6月16日完全閉店 オークワスカイシティ泉南店”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2014年6月5日)
  75. ^ “オークワ泉南店解体 イトホリの施工で”. 建通新聞(建通新聞社). (2015年12月11日)
  76. ^ “オークワ、「オークワ高槻大塚店」オープン”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2011年4月22日)
  77. ^ a b “閉店ニュース オークワ加古川野口店 3月9日(日) オークワ高槻大塚店 2月27日(木) 万代小泉駅前店 2月27日(木) 万代三条店”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2014年2月20日・24日)
  78. ^ a b c d “近畿・中・四国版 オークワ・寝屋川店売上げ予算を8%下回る”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1997年12月10日)
  79. ^ “オークワ加古川野口店 4月29日オープン 兵庫県加古川市野口町 兵庫県下2店舗目”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2010年5月17日)
  80. ^ “オークワ紀伊長島店 三重県北牟婁郡 旧「プライスカットオークワ長島店」を建替え!建物・設備など心機一転”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2012年12月3日)
  81. ^ “新店開店情報=オークワ「津高茶屋店」”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1999年9月22日)
  82. ^ “プライスカットオークワ鈴鹿エース店 4月19日オープン 三重県鈴鹿市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2006年6月5日)
  83. ^ 『流通会社年鑑 2003年版』 日本経済新聞社、2002年12月20日。
  84. ^ 『流通会社年鑑 1979年版』 日本経済新聞社、1978年10月20日。
  85. ^ a b c d 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2008年版』 東洋経済新報社、2008年。
  86. ^ a b 名鉄百貨店社史編纂室 『名鉄百貨店開店30周年記念社史』 名鉄百貨店、1985年5月10日。
  87. ^ 吉岡健次 山崎春成編 『現代大都市の構造』 東京大学出版会、1978年7月25日。ISBN 978-4-13-061028-5
  88. ^ 『組織変更および人事異動に関するお知らせ』 オークワ、2012年2月27日 。
  89. ^ a b “名鉄常滑駅の商業施設「パレマルシェ」来夏閉鎖”. 中部経済新聞(中部経済新聞社). (2011年10月18日)
  90. ^ 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2004年版』 東洋経済新報社、2004年。
  91. ^ a b c “中部秋季特集:オークワ、「パレマルシェ西尾店」移転新築オープン”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2013年9月10日)
  92. ^ “オークワ安八店 岐阜県安八郡安八町”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2012年8月6日)
  93. ^ a b c d “浜松の旧ヨーカ堂ビルに進出した核テナント「パレマルシェ」、開店から半年で撤退へ”. 静岡新聞 (静岡新聞社). (2009年12月1日)
  94. ^ “パレ、浜松市中心街に「パレマルシェかじ町」オープン”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2009年5月25日)
  95. ^ a b “ハーゲンダッツ・ジャパン、「パームシティ和歌山」オープン”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1993年11月22日)
  96. ^ a b c d e f g h “開店情報=オークワ他”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1999年11月3日)
  97. ^ “新業態メッサ・2号店 メッサオークワ岩出西店 4月15日(土)オープン 和歌山県岩出市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2006年6月5日)
  98. ^ “オークワ松阪長月店02年12月6日オープン 三重県松阪市” タイハン特報 (大量販売新聞社). (2003年1月27日)
  99. ^ “オークワ、「パークシティなばり店」リニューアルオープン、直営面積を半減”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2002年4月26日)
  100. ^ a b c d e “オークワ、新惣菜工場「オーデリカファクトリー和歌山」完成”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2008年8月13日)
  101. ^ “オークワ自社惣菜工場 「オーデリカファクトリー和歌山」8月25日稼動”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2008年8月21日)
  102. ^ “オークワ 東海エリア拡大へ 愛知県春日井市に「東海食品センター」10月20日稼働 4機能を一ヶ所に集約 設備投資47.8億円”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2013年9月2日)
  103. ^ a b c d “オークワ、書籍・CD部門移管に伴いジストを社名変更”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2001年8月17日)
  104. ^ a b c “オークワ、HC子会社が8月合併、3~4年で50店舗に”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2002年2月15日)
  105. ^ “オークワ、ホームセンター事業をDCMJapanに売却”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2007年12月10日)
  106. ^ 秘密のケンミンSHOW 2008年1月17日・2009年6月4日放送分より。
  107. ^ オークワ/新オーカードプラスのお知らせ
  108. ^ オークワCMソング”. 株式会社オークワ. 2015年11月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]