オークワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社オークワ
OKUWA CO.,LTD.
OKUWA Logo.svg
Okuwa-Honsha.jpg
本社中島店
種類 株式会社
機関設計 監査役会設置会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
641-8501[2]
和歌山県和歌山市中島185番地の3[2][3]
設立 1969年(昭和44年)2月21日
(株式会社主婦の店オークワ)[2]
創業:1938年昭和13年)5月[2]
1959年(昭和34年)2月27日
(有限会社主婦の店新宮店)
業種 小売業
法人番号 2170001002092 ウィキデータを編集
事業内容 チェーンストア経営
代表者 代表取締役会長 大桑堉嗣
代表取締役社長 大桑弘嗣
資本金 141億1,749万円(2021年2月20日現在)
発行済株式総数 4,523万7,297株 (2021年2月20日現在)
売上高 連結:2,792億17百万円
単独:2,753億04百万円
(2021年2月期)
営業利益 連結:78億45百万円
単独:76億34百万円
(2021年2月期)
純利益 連結:37億86百万円
単独:37億44百万円
(2021年2月期)
純資産 連結:777億47百万円
単独:771億80百万円
(2021年2月20日現在)
総資産 連結:1,378億63百万円
単独:1,368億35百万円
(2021年2月20日現在)
従業員数 連結:2,074人 単独:1,926人
(2021年2月20日現在)
準社員を含む:15,750人
(2021年2月20日現在)
決算期 2月20日[2]
主要株主 大桑 堉嗣 8.89%
日本トラスティ・サービス信託銀行(株) 5.65%
オークワ共栄会 5.60%
(2015年2月20日現在)
主要子会社 (株)オークフーズ 100%
(株)ヒラマツ 100%
関係する人物 大桑勇(創業者)
大桑啓嗣(取締役・元代表取締役社長)
福西拓也(元代表取締役社長兼COO)
外部リンク https://www.okuwa.net/
特記事項:出典:第46期有価証券報告書
テンプレートを表示

株式会社オークワ: OKUWA CO.,LTD.)は、和歌山県を中心に近畿地方東海地方で展開しているチェーンストア日本流通産業に加盟している。

沿革[編集]

  • 1938年昭和13年)5月 - 三重県熊野市で創業者・大桑勇が呉服反物の委託販売を行う「大桑呉服店」を創業。
  • 1959年(昭和34年)
    • 2月27日 - 和歌山県新宮市に、有限会社主婦の店新宮店を設立[3]
    • 3月 - 和歌山県初のセルフ式スーパーマーケットとして「主婦の店新宮店」を開店[4][注釈 1]
    • 6月 - 三重県熊野市に2号店「主婦の店熊野店」を開店。
  • 1966年(昭和41年)
    • 「主婦の店オークワ」から「オークワ」に社名変更。
    • 大阪府1号店の「生野店」開店。
  • 1968年(昭和43年)「主婦の店新宮店」が「新宮大桑百貨店」にリニューアル。
  • 1969年(昭和44年)2月21日 - 株式会社主婦の店オークワ設立[2]
  • 1971年(昭和46年)5月 - ジャスコ株式会社(現イオン)と各50%の出資でジャスコ・オークワ株式会社を設立[3]
  • 1975年(昭和50年)5月 - 株式会社チェーンストアオークワに社名を変更[3]
  • 1977年(昭和52年)「鳩」を象ったロゴマークが誕生。新宮大桑百貨店と一般店のロゴマークが統一される。
  • 1985年(昭和60年) - 奈良県1号店の「五条店」開店。
  • 1987年(昭和62年)10月8日 - 大阪証券取引所第2部に上場。証券コードは8217。
  • 1988年(昭和63年) - 和歌山市に和歌山食品工場を開設、翌年には惣菜工場も操業開始した。
  • 1990年平成2年)8月1日 - 大阪証券取引所第1部に指定換え。
  • 1993年(平成5年) - 大桑教育文化振興財団を設立。
  • 1996年(平成8年)8月30日 - 株式会社オークワ(三重)と資本・業務提携[5]
  • 1999年(平成11年)
    • 8月21日 - 株式会社オークワ(三重)を吸収合併[6]
    • 9月21日 - 三重県鈴鹿郡関町に「関流通センター」が稼働[7]
  • 2000年(平成12年)2月 - 現社名に変更[8]
  • 2001年(平成13年)3月7日 - 東京証券取引所第1部に上場[1]
  • 2002年(平成14年)8月20日 - ジャスコ・オークワの清算完了[9]
  • 2003年(平成15年)11月4日 - 「泉佐野流通センター」が稼働[10]
  • 2004年(平成16年) - プライスカット業態1号店(西浜店)、メッサ業態1号店(ガーデンパーク和歌山店)開店。
  • 2005年(平成17年)
    • 9月 - 無人レジシステムを導入[11]
    • 9月5日 - ドラッグストア最大手である株式会社マツモトキヨシとドラッグ事業における業務提携を締結[12]
    • 11月1日 - 和歌山市内でチェーンスーパーを展開していた株式会社ヒラマツと資本業務提携を結び、同社を傘下とする[13]。ヒラマツの一部店舗をプライスカットブランドなどに転換。
  • 2006年(平成18年)
    • 7月 – 株式会社ヒラマツを子会社化。
    • 8月 - 大阪府和泉市の「和泉小田店」でネットスーパー事業を開始[14]
  • 2007年(平成19年)
  • 2008年(平成20年)
  • 2009年(平成21年)
    • 1月 - 「和泉小田店」で携帯電話専用サイトを用いたネットスーパーの受注を開始[14]
    • 改装となった甲子園球場の外野スタンド内出入り口の上部に看板出展。
  • 2010年(平成22年)
    • 衣料品・お弁当など一部の商品購入を除きレジ袋の無料配布を取りやめ有料化。2011年には、和歌山県北部地域で無料配布を再開。
    • 6月8日 - 神戸物産と折半出資で株式会社OK'sクリエイトと株式会社 オーデリカ's Kを設立する。[20]
    • 10月 - 和歌山県と共同で山間地の龍神村地区を対象にネットスーパー事業を開始[14]
  • 2011年(平成23年)
  • 2012年(平成24年)
    • 2月21日 - 子会社の株式会社パレを吸収合併[24]。「パレマルシェ」の店舗ブランドはそのまま維持される。
    • 9月10日 - 健康上の理由で社長の福西拓也が退任し、後任の代表取締役社長に専務神吉康成を充てる人事を発表した[25]
    • 10月21日 - 宅配弁当事業を開始[26]
    • 12月17日 - 関連会社の勝浦オークワが破産。同社が経営している店舗が閉鎖。
  • 2013年(平成25年)
    • 9月9日 - フードセンター富田屋と業務提携契約を解消[27]
    • 10月[28] - 愛知県春日井市に[29]「東海食品センター」が本格稼働[28]
  • 2015年(平成27年)
  • 2016年 – 2月から順次オークワ全132店舗(プライスカットは除く)で、iD楽天Edy交通系ICカードなどの電子マネー決済サービスを開始。[30]
  • 2018年(平成30年)
  • 2022年(令和4年)11月21日 – 子会社の株式会社ヒラマツを吸収合併する[33]。合併時点での現存店舗は存続し、新設される「近畿第五販売部」の傘下になる[34]

店舗ブランド[編集]

オークワ[編集]

スーパーセンターオークワ[編集]

食料品・衣料品・住居用品を多品種・多品目品揃えしたワンフロア店舗(スーパーセンター[36]

プライスカット[編集]

2004年(平成16年)4月に展開を開始したディスカウントストア(DS)業態[37]。展開当初は既存の不採算店舗を業態転換して出店していた[37]が、事業が軌道に乗ったため、現在は新規出店も行っている[いつ?]

メッサオークワ[編集]

2004年(平成16年)12月に出店した高質スーパー業態[38]

高級品・海外輸入品を中心にした食料品も扱い、外観および内装は黒を基調としたデザインとし、商品種類やデザインにおいて従来のオークワと差別化を図り、高級感を演出している。名称である「メッサ」はスペイン語の"MESA"(「食卓」の意味)から採用された[39]

西日本で初めてセルフレジを導入[要出典]

パレマルシェ[編集]

元々名古屋鉄道(名鉄)系列の株式会社名鉄パレ(末期は株式会社パレへ店舗を移管してグループから独立)が運営していた食品スーパー「名鉄パレ」を吸収合併した上で引き継いだもの。その為、店舗も名鉄沿線を中心に東海地方愛知県岐阜県静岡県)にて展開している。パレマルシェ名義は、引き継いだ店舗か移転オープン店舗のみであり、東海地方で新規出店する場合はオークワブランドの店舗名になる。

一部店舗(神宮前店、池下店、岐阜駅前店)は上記のメッサオークワに近い「メッサ業態」と位置づけた店舗作りをしている[40]

店舗[編集]

一部店舗で、スーパーマーケットでは西日本初のセルフレジを導入と、関西初の24時間営業も行っている。

過去に存在した店舗[編集]

プライベートブランド[編集]

共同ブランド
  • くらしモア
日本流通産業(ニチリウ)加盟各社が共同して導入するプライベートブランド。
自社ブランド
以下のブランドはすべて2020年に導入[41]
  • オークワプレミアム
製品の産地や素材、製法をこだわっているブランド[41]
  • オークワマルシェ
各部門のバイヤーが勧めるブランド[41]
  • オークワセレクト
メーカーとの共同開発品で、2020年時点で酒類に使用される[41]

ネットスーパー[編集]

2006年(平成18年)8月に大阪府和泉市の「和泉小田店」で事業を開始し、 開業当初から実際の店舗と同水準の約15,000品目と取扱商品は当時の業界では最大級であった[14]

2008年(平成20年)11月に南紀店など一部店舗で織り込みチラシにネットスーパー用の注文番号を付記して電話注文も受け付ける方法を導入し、

2009年(平成21年)1月には「和泉小田店」で携帯電話専用サイトを用いたネットスーパーの受注を開始するなど注文の受付方法の拡充を進めた[14]

また、2010年(平成22年)10月には和歌山県と共同で山間地の田辺市龍神村地区を対象にネットスーパー事業を開始し、過疎地での買い物難民対策としての展開にも着手した[14]

工場・センター[編集]

  • オーデリカファクトリー和歌山(和歌山市[42]、2008年(平成20年)8月25日稼働[42][43]
開設時点では敷地面積10,337m2[42]、延床面積7,296m2[42]
鉄骨造り3階建ての惣菜工場[42]

グループ会社・団体[編集]

スポーツクラブや映画館を運営に加えて、2001年(平成13年)8月21日にオーマートの書籍・CD販売とビデオ・CDレンタル部門を移管し、ジストから社名を変更[45]
1982年(昭和57年)3月設立の食品仕入会社[3]

過去に存在したグループ会社[編集]

1988年(昭和63年)4月設立の友の会事業会社[8]
  • 株式会社ヒラマツ - グループ会社になった直後から、ヒラマツの一部店舗がプライスカットやメッサヒラマツなどのオークワ系ブランドに転換された。
  • 株式会社黒潮
1997年(昭和57年)2月設立の飲食業会社[8]
  • 株式会社オーマート
ホームセンター[46]、ドラッグ[46]、書籍・CD販売[45]、ビデオ・CDレンタル[45]
2001年(平成13年)8月21日に書籍・CD販売とビデオ・CDレンタル部門をオー・エンターテイメントに移管し[45]、残るホームセンター部門については2002年(平成14年)8月21日にジョイフル朝日と合併して「株式会社オージョイフル」となった[46]
上記の通り、オーマートのホームセンター部門ならびにジョイフル朝日の統合により発足したが、2007年(平成19年)12月にDCM Japanホールディングス(現・DCMホールディングス)へ全株式を譲渡[47]したのち、2009年(平成21年)3月にDCMホールディングス傘下のDCMダイキ株式会社(現・DCM株式会社)へ統合された。
  • ジャスコ・オークワ株式会社
1971年(昭和46年)5月設立[3] 、2002年(平成14年)8月20日清算完了。和歌山を中心に大型店を展開することを目的として、ジャスコ株式会社(現イオン)と折半出資で設立した[9] が、当初の目的を果たせず清算に至った。なお、当社の清算後にイオングループは和歌山県内でイオンモール和歌山を開業させている。
  • 株式会社ショッピングセンターマミー
1983年(昭和58年)7月設立のスーパー[3]
  • 株式会社新生食品
1981年(昭和56年)11月設立の食品製造会社[3]
  • 株式会社パーティハウス
1977年(昭和52年)3月設立の衣料品専門店[3]

オーカード[編集]

オーカード

オーカードというポイントカードが存在する。オーカードには2種類あり、オーカードとオーカードプラスが存在する。

オーカード

ポイント専用カード。買い物200円(税抜)につき[48]1ポイント付与。たまったポイントは1ポイント1円として現金に換金できる。カード特典として、ジストシネマ入館料割引、近畿・三重地区トヨタレンタリース各店割引の制度がある[注釈 3]オーカードは、和歌山県民の6割が所有している[49][要出典]

オーカードプラス(旧)

三菱UFJニコス(旧・日本信販)との提携による、クレジット機能付きオーカード。ポイント制度は通常のオーカードと同様で、NICOSVISA提携先でのクレジットカードとして利用も可能。特典は通常のオーカードの特典に加え、南紀白浜アドベンチャーワールド入園優待、全日空ゲートタワーホテル飲食料割引制度が利用できた。2009年11月30日 使用終了。

オーカードプラス(新)

SMBCファイナンスサービス(旧・セディナ)との提携による、クレジット機能付きオーカード。ポイント制度は通常のオーカードと同様のものに加え、毎月9・19・29日に、クレジットポイント5倍デーを実施し、旧オーカードプラスと比べて、オーカード(ポイント専用カード)とポイント付加サービスに差をつける内容となっている。プラスクレジット機能はVISAMasterCardJCBから選べる。2010年4月1日からサービス開始[50]

CMソング[編集]

「オークワからのごあいさつ」というCMソングがあり、CMや店頭で流されている。 足立浩一 作詞、服部克久 作曲。店頭では毎時0分に流れる。

曲は3番まである。同社ホームページ上でも視聴可能である[51]

和歌山放送との関係[編集]

長年にわたり和歌山放送(地元のAMラジオ局)との関係が深い。パームシティの開店当初から「和歌山放送カルチャーセンター」(株式会社和歌山放送事業センターが運営する、文化芸術を始めとする各種教室。2022年に閉鎖。)を設置していたほか、1社提供番組をこれまでに多く放送してきた(2022年時点では、オークワはっぴぃアフタヌーンとビューティフルサンデーの2番組)。

また新宮市オークワ新宮仲之町店に同社新宮放送局のサテライトスタジオと支局オフィスがあるほか、過去に泉南市のオークワスカイシティ泉南店にも同様のサテライトスタジオがあった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 後にペアシティ新宮店→新宮仲之町店となる
  2. ^ レギュラー業態の開店は翌年。
  3. ^ かつては和歌山マリーナシティポルトヨーロッパ」が入園無料になったが、2016年3月からカードの有無に関わらず入園無料になった

出典[編集]

  1. ^ a b “(株)オークワが東京証券取引所市場第一部へ上場”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2001年3月12日)
  2. ^ a b c d e f 『流通会社年鑑 2002年版』 日本経済新聞社、2001年12月10日。
  3. ^ a b c d e f g h i 『流通会社年鑑 1990年版』 日本経済新聞社、1990年11月24日。
  4. ^ “オークワ、創立50周年記念「感謝の集い」開催 15年に営業収益5000億円目指す”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2009年4月24日)
  5. ^ “チェーンストアオークワ、オークワと資本提携”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1996年9月11日)
  6. ^ “チェーンストアオークワ、子会社のオークワを吸収合併”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1999年8月25日)
  7. ^ a b c “オークワ、三重県に「関流通センター」竣工”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1999年9月22日)
  8. ^ a b c 『流通会社年鑑 2001年版』 日本経済新聞社、2000年12月11日。
  9. ^ a b “イオンとオークワ、合弁会社ジャスコ・オークワの清算完了”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2002年8月30日)
  10. ^ “オークワの物流センター 泉佐野流通センター 11月4日(火)開設”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2003年11月27日)
  11. ^ “「無人レジ」導入 SM各社、各地の店舗で試みる サービス充実か?効率か?”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2005年10月21日)
  12. ^ “オークワとマツモトキヨシが業務提携”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2005年9月15日)
  13. ^ “オークワ、ヒラマツと資本業務提携”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2005年11月4日)
  14. ^ a b c d e f 川辺信雄. “ネットスーパーの生成と発展-バーチャル・ビジネスとリアル・ビジネスの統合-”. 早稲田商学第429号 (早稲田大学商学同攻会) (2011年9月).
  15. ^ “中部流通特集:小売業界、出店相次ぐ=オークワ「オークワ愛西プラザ店」”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2007年11月30日)
  16. ^ “オークワ、名古屋のSMパレを買収”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2008年6月13日)
  17. ^ 西川昌彦(2008年7月14日). “オークワ、愛知・岐阜へ進出 「プライスカットオークワ岐阜柳津店」開店”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社)
  18. ^ “日本スーパーマーケット協会、「標準通い箱」のJIS化目指す 普及推進に拍車”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2009年6月17日)
  19. ^ “プライスカットオークワ明石大久保店 11月7日(金)オープン 兵庫県明石市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2008年11月27日)
  20. ^ 株式会社オークワと株式会社神戸物産の合弁会社設立について - プレスリリース
  21. ^ 廣瀬嘉一(2011年2月9日). “オークワ、フードセンター富田屋と業務提携 東海圏の競争力強化目指す”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社)
  22. ^ “オークワ、TVでネットスーパー対応”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2011年8月10日)
  23. ^ “SM7社、クックパッドなどと顧客データを共有 購買分析で連携”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2011年12月14日)
  24. ^ “オークワ、東海地区の子会社パレを吸収合併”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2011年3月16日)
  25. ^ 代表取締役の異動について - オークワニュースリリース 2013年12月16日閲覧。
  26. ^ 山本仁(2012年10月19日). “小売各社、高齢者向け配食事業に相次ぎ参入 有望市場で競争”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社)
  27. ^ “オークワとトミダヤ、業務提携を解消”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社).(2013年9月11日)
  28. ^ a b 廣瀬嘉一(2014年9月26日). “オークワ、来期から東海エリアで出店加速 和歌山のドミナント再構築へ”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社)
  29. ^ a b “中部秋季特集:オークワ、「東海食品センター」竣工 東海圏さらなる拡大へ”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2013年9月10日)
  30. ^ オークワ ニュースリリース | オークワ全店※で電子マネー決済サービスを開始” (日本語). www.okuwa.net. 2018年11月22日閲覧。
  31. ^ 単元株式数の変更および定款の一部変更に関するお知らせ”. 株式会社オークワ. 2018年10月1日閲覧。
  32. ^ オークワ ニュースリリース | 和歌山市を中心に店舗展開するヒラマツでオーカードポイントが貯まります!使えます!” (日本語). www.okuwa.net. 2018年11月22日閲覧。
  33. ^ 連結子会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)及び債権放棄に関するお知らせ”. 2022年11月17日閲覧。
  34. ^ 人事異動について”. 2022年11月17日閲覧。
  35. ^ “オークワ、名古屋に初出店 エリア売上高1000億円達成へ邁進”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2011年3月9日)
  36. ^ “オークワ、SuC業態10店舗目「みえ朝日インター店」オープン”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2011年4月1日)
  37. ^ a b “オークワ、DS新業態「プライスカット」展開へ 今期9店舗に拡大”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2004年9月10日)
  38. ^ “オークワ、12月に2つの新業態開業、和歌山で展開”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2004年11月5日)
  39. ^ メッサオークワ高松 たかまつ店 オープンについて”. 株式会社オークワ (2008年6月). 2015年11月12日閲覧。
  40. ^ 最新MD目白押し!オークワのパレマルシェ神宮前が、高質スーパー「メッサ」の新たな形である理由”. ダイヤモンド・チェーンストアオンライン (2021年7月23日). 2021年7月26日閲覧。
  41. ^ a b c d 松尾友幸 (2020年9月16日). “最新店舗「スーパーセンターオークワ掛川店」にみるオークワの新たなPB戦略”. ダイヤモンド・チェーンストアオンライン. ダイヤモンド社. 2021年5月4日閲覧。
  42. ^ a b c d e “オークワ、新惣菜工場「オーデリカファクトリー和歌山」完成”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2008年8月13日)
  43. ^ “オークワ自社惣菜工場 「オーデリカファクトリー和歌山」8月25日稼動”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2008年8月21日)
  44. ^ “オークワ 東海エリア拡大へ 愛知県春日井市に「東海食品センター」10月20日稼働 4機能を一ヶ所に集約 設備投資47.8億円”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2013年9月2日)
  45. ^ a b c d “オークワ、書籍・CD部門移管に伴いジストを社名変更”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2001年8月17日)
  46. ^ a b c “オークワ、HC子会社が8月合併、3~4年で50店舗に”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2002年2月15日)
  47. ^ “オークワ、ホームセンター事業をDCMJapanに売却”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2007年12月10日)
  48. ^ 2014年2月20日までは100円(税抜)につき
  49. ^ 秘密のケンミンSHOW 2008年1月17日・2009年6月4日放送分より。
  50. ^ オークワ/新オーカードプラスのお知らせ
  51. ^ オークワCMソング”. 株式会社オークワ. 2015年11月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]