デリシア (スーパーマーケット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:本社外観の画像提供をお願いします。2016年12月
株式会社デリシア
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
390-1181
長野県松本市今井7155番地28
設立 1968年3月(松電商事株式会社)
業種 小売業
事業内容 スーパーマーケットチェーン
外食事業(モスバーガーなどのフランチャイジー
代表者 阿部 仁志(取締役社長)
資本金 1億円
売上高 740億円 (平成27年度)
従業員数 4,645名(パート従業員4,017名含む)平成28年9月末現在
支店舗数 65店舗(外食4店舗含む)
決算期 毎年3月31日
主要株主 アルピコホールディングス(株) 100%
外部リンク http://www.delicia-web.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社デリシア長野県松本市今井に本社を置き、スーパーマーケットデリシア」「アップルランド」「マツヤ」「ユー・パレット」をチェーン展開している企業である。モスバーガーフランチャイジーとして外食事業も行っている。

アルピコ交通が属するアルピコグループの中核企業の一つ。

概要[編集]

東急ストアなどと八社会プライベートブランド商品の開発・共同仕入れを行う企業)を設立したが脱退し、現在はオール日本スーパーマーケット協会の会員である。

キャッチフレーズは「地域に密着した食品スーパー」。ポイントカード「ピコカ」は当社以外にも長野県内の中小企業が加盟しており、それらの店舗でも使える。

長野県全域に出店している。かつては新潟県にも店舗を展開していた。中信地方のスーパーマーケットの半分以上はアップルランドであったため、中信地方では「スーパー=アップルランド」という構図ができており、特に松本市ではこれが顕著だった。しかし他店の進出が相次ぎ一部店舗の閉鎖もしたためこの構図も崩れつつある。また北信地方東信地方南信地方では出店はしているものの競合店が多いためこのような構図は見られないが、株式会社マツヤとの合併により店舗は61店舗となり長野県内での出店数は他を引き離している。

かつて、イトーヨーカ堂と中信地方・南信地方で共同出店を行っていた。イトーヨーカドー南松本店(当チェーンが撤退、イトーヨーカドーの直営に転換)・イトーヨーカドー岡谷店(閉店)・イトーヨーカドー塩尻店(閉店)・イトーヨーカドー松本店《業態転換によりエスパ松本店》(アリオ松本への業態転換により撤退)では食品売り場が当チェーンとなっていたため、イトーヨーカ堂のプライベートブランド商品のうち食品系のものは販売されていなかった。また、長崎屋SSV(西友)も松電商事との共同出店をおこなっていた。

2007年12月、私的整理に関するガイドラインを申し出た。不採算店舗7店を閉鎖する一方、既存店舗の改装、営業時間の延長等で収益力を強化し、アルピコグループ再建の一翼を担う。

長野県内のみに店を構え、店舗数は61店。長野県内のローカルチェーンスーパーではかつて3位であった(他にツルヤニシザワキラヤなどがある)が、2016年4月1日付でマツヤを合併し、社名を「デリシア」に変更した。これにより、長野県内のローカルチェーンスーパーにおける売上高は県内最大規模となる見込みである[1]

多くの店舗では取引先である八十二銀行のATMが設置されているが一部店舗ではセブン銀行のATMが設置されている。 また、現在全店でセブン&アイホールディングスのnanacoが利用できる。

沿革[編集]

  • 1967年昭和42年) - 長野県松本市に「松電ストアー」1号店オープン。
  • 1968年(昭和43年) - 松電商事株式会社として設立される。
  • 1987年(昭和62年) - 株式会社八社会を設立。同時にニチリウグループを離脱。
  • 1992年平成4年) - 店名を「松電ストア」から「アップルランド」に変更。
  • 2000年(平成12年) - 株式会社アップルランドに社名変更。
  • 2007年(平成19年)12月25日 - 私的整理に関するガイドラインを申し出る。
  • 2008年(平成20年)7月1日 - アルピコホールディングス株式会社の100%子会社となる。
  • 2009年(平成21年)1月1日 - 広丘ショッピングタウン株式会社(GAZA)を吸収合併。
  • 2012年(平成24年)10月-デリシアネット便を開設する。
  • 2013年(平成25年)4月-オリジナルブランド「信州育ち」の販売を開始する。
  • 2013年(平成25年)7月-デリシア電話スーパーのサービスを開始する。
  • 2016年 (平成28年) 4月1日 - アルピコホールディングス傘下のマツヤと合併し、社名をデリシアと変更[2]
  • 2016年(平成28年)4月1日八社会を脱退しオール日本スーパーマーケット協会へ入会
  • 2016年(平成28年)7月21日-区画整理のため改築工事を行っていた旧マツヤ七瀬店がデリシア七瀬店としてオープン
  • 2016年(平成28年)9月1日-マツヤ須坂西店がデリシア須坂西店としてオープン、マツヤ店舗からデリシア店舗への既存店業態転換の1号店
  • 2016年(平成28年)9月11日-アップルランド南松本店閉店。これによりイトーヨーカドーとの共同出店店舗が消滅。
  • 2017年(平成29年)4月27日-デリシア軽井沢店オープン

店舗一覧[編集]

出店店舗の詳細情報は公式サイト 「店舗情報 東北信地区」 「店舗情報 松本・塩尻・東筑地区」 「店舗情報 安曇野・大北地区」 「店舗情報 南信地区」をそれぞれ参照。

デリシア[編集]

アップルランド[編集]

  • 長野県北信地方全1店舗
  • 長野県中信地方全7店舗

マツヤ[編集]

ユー・パレット[編集]

  • 長野県北信地方全4店舗
  • 長野県東信地方全3店舗
  • 長野県中信地方全2店舗
    • 松本市: 松本店
    • 安曇野市: あずみ野店

閉店した店舗(過去に存在した店舗)[編集]

株式会社アップルランド、株式会社マツヤそれぞれに存在した店舗も含む。なお、すべての業態転換は含まない(例:アップルランド→デリシア、デリシア2→デリシア、マツヤ→デリシア、マツヤ→ユーパレット)

デリシア[編集]

アップルランド[編集]

  • 長野県中信地方
    • 大町市:大町店(現アメリカンドラッグ大町店・2011/2/20閉店)・常盤店(現直売所地場の郷)
    • 池田町:池田店(2013/2/24閉店)
    • 松川村:プレコ松川店(現あづみの市場パラオ)
    • 安曇野市:穂高西店(現カワチ薬品穂高店・2012/2/26閉店)・アミー穂高店(現ユー・パレットあずみ野店)
    • 松本市:島内店(2008/8/28閉店)・筑摩店(2009/8/2閉店)・エスパ松本店(現IY直営店)・村井店(現ファミリーマート松本村井店)・本庄店・沢村店・埋橋店・上浅間店・開智店・征矢野店(現ファミリーマート松本征矢野店)・サザン並柳店・南松本店(現IY直営店)
    • 山形村:山形店(現農家の店 大地 松本山形店・2015/2/22閉店)
  • 長野県南信地方
    • 茅野市:茅野塚原店(2008/9/21閉店)・茅野ベルビア店
    • 諏訪市:上諏訪店(現セブンイレブン諏訪二丁目店・2008/8/28閉店)・諏訪赤沼店(現シューマート諏訪赤沼店)
    • 岡谷市:岡谷長地店(2008/8/21閉店)・岡谷駅前店
    • 箕輪町:箕輪店
    • 伊那市:伊那北店(現業務スーパー伊那店)・おおきた店(FC店舗)
    • 駒ヶ根市:駒ヶ根店(現セブンイレブン駒ヶ根中央店)

プライス・ワン[編集]

(アップルランドとしての営業実績がある店舗も含む)

マツヤ[編集]

ユーパレット[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アップルランド・マツヤ合併へ 店名「デリシア」最大規模(信毎Web)
  2. ^ 2016年1月21日 信濃毎日新聞 経済面

関連項目[編集]