スピナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社スピナ
SPINA Co.,Ltd.
Kitakyusyu spina.JPG
スピナ本社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
805-8528
福岡県北九州市八幡東区平野二丁目11番1号
設立 1952年昭和27年)9月1日
(八幡製鐵ビルディング株式会社)
業種 不動産業
事業内容 不動産の賃貸
内外装・土木工事の施工
一般貸切旅客自動車運送事業
一般乗用旅客自動車運送事業
など
代表者 小田孝幸(代表取締役社長)
資本金 4億8000万円
売上高 63億369万円(2012年3月期)
従業員数 340名(2012年3月31日時点)
決算期 3月31日
主要株主 西日本鉄道 (100%)
外部リンク http://www.spina.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社スピナ: SPINA Co.,Ltd.)は、福岡県北九州市本社を置く西日本鉄道(西鉄)グループの企業。不動産の賃貸、ビル管理内装外装工事、シロアリ駆除、緑化など土木造園工事、タクシー貸切バス、新日鉄構内バスによる運輸業食品の製造・販売、ギフトの販売、携帯電話ソフトバンク)の販売、ゴルフ練習場の運営など、事業は多岐にわたる。かつてはスーパーマーケット「スピナ」を運営していたが、2009年平成21年)より西鉄ストアに移管している。

沿革[編集]

新日鐵住金(新日鉄)の前身・八幡製鐵と製鐵原料輸送(現・テツゲン)・奥村組の出資により、1952年(昭和27年)9月1日に「八幡製鐵ビルディング株式会社」として設立された[1]八幡製鐵所構内にオフィスビルを建設し賃貸ビル事業を開始、続いてタクシー業や商品販売、ホテル業、緑化工事などに進出した[1]。商品販売は製鉄所内の売店を源流とし、当初の通称は「購買会」で、八幡製鐵所職員とその家族の福利厚生施設扱いの関係者向け会員制スーパーマーケットであったが、通称が「テツビルストア」となってからは、一般にも広く開放された。オール日本スーパーマーケット協会 (AJS) にも加盟している。新日鉄発足後、1986年(昭和61年)4月に「株式会社テツビル」、1993年(平成5年)4月には現社名に変更した。

2006年(平成18年)3月31日、スーパーマーケットを運営する西鉄ストアを傘下に持つ西鉄が、事業の強化のために新日鉄らからスピナの株式を90%買い取り子会社[2]2007年(平成19年)3月には三菱化学の関連会社・協和ビジネスが北九州市内で運営する「スーパー協和」の3店舗を買収した[3]。しかし西鉄のスーパーマーケット事業が西鉄ストアに統一されることになり、2009年4月1日に会社分割により主力事業であったスーパーマーケット事業を西鉄ストアへ移管した[4]。また、新日鉄から残りの株10%を買い取りスピナを完全子会社化した。

会社名の由来[編集]

「スピナ」という名称はほうれん草を意味する英語である「スピナッチ」に由来する。製鉄の関連企業であったため、ほうれん草が鉄分をたくさん含むところから命名された。

事業[編集]

食品事業[編集]

新日鉄従業員の食事として堅パンが開発され、現在に至るまで主力商品として販売している。

その他にくろがね羊かんもあり、これも製鉄所従業員の滋養のために開発された。包装紙には製鉄所の高炉が描かれており、「八幡銘菓」として親しまれている。 また、戸畑区鞘ヶ谷で「鞘ヶ谷レストランパーク」を運営している。

旅客自動車事業[編集]

貸切バス営業所
貸切車
構内バスに使用される路線車。東京ベイシティ交通からの移籍

旅客自動車輸送は戸畑区飛幡の「構内営業部自動車営業課」が担当し、バス事業とタクシー事業を有する。

  • バス事業は戸畑構内バスセンターを置き、1983年4月より新日鐵住金八幡製鉄所の構内輸送や従業員輸送を行っている。車両は川崎市交通局東京ベイシティ交通相鉄バス西武総合企画等からの譲渡車で、原則として旧所有社の塗装のまま運行される。このほか、1993年7月より貸切バス事業を行い、八幡東区枝光に貸切バス営業所を設置、大型3台・中型1台・小型2台の貸切バスを保有。西鉄グループ入りと同時に福岡県貸切バス協会と福岡県観光バス事業協同組合を脱退した。
    なお、西鉄グループのバス事業者であるが、会社設立時の経緯から亀の井バス九州急行バスとともに西鉄グループロゴを使用していない。
  • タクシー事業は一般の中型タクシーのほか八幡製鉄所構内専用タクシーも運行している。

公共施設管理[編集]

下記の施設について、北九州市から条例に基づく管理者に指定され、市に代わって実際の運営を行っている。

かつて存在したスーパーマーケット店舗一覧[編集]

すべて北九州市にあった。西鉄ストアへの事業譲渡後もブランドは維持されている。

  • 八幡東区
    • スピナマート高見店
    • スピナマートさくら通り
    • スピナ生活館 大蔵店※2012年3月閉店
    • スピナ帆柱店
    • スピナ枝光店
    • スピナ病院店(製鉄記念八幡病院内) - 院内店舗のため、入院用品なども扱う。
    • スピナ四条店※高見店開店のため閉店
  • 戸畑区
    • スピナマートさやがたに(ショッピングパークさやがたに内)
    • スピナ一枝店※2009年1月閉店
    • スピナ戸畑店
  • 八幡西区
    • スピナ新黒崎店(長崎屋黒崎店地下1階に出店)- 西鉄ストア統合以前に閉店。
    • スピナマート穴生店
    • スピナ千代店(ショッピングパーク千代内)
    • スピナ生活館 紅梅店
    • スピナ大畑店※旧「協和ストア」店舗
    • スピナ青山店※旧「協和ストア」店舗
    • スピナ鷹見台店※旧「協和ストア」店舗
    • スピナ岸の浦店※1990年代に閉店
  • 小倉北区
    • スピナマート中井店
    • スピナマート大手町(スピナガーデン大手町内)
    • スピナ到津店(2015年2月下旬開店)※旧「西鉄ストア」店舗
  • 宗像市
    • テツビルストア赤間店-スピナへの社名変更以前に閉店

その他[編集]

子会社[編集]

  • 株式会社花プランタン
  • 株式会社サンレスト

かつての子会社[編集]

  • 株式会社エリアサービス
  • 株式会社シーサイドスパ

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 新日本製鐵 『炎とともに』八幡製鐵株式會社史、新日本製鐵、1981年
  2. ^ 2006年2月16日付西鉄ニュースリリース
  3. ^ 2007年3月19日付西鉄ニュースリリース
  4. ^ 2008年11月20日付西鉄ニュースリリース (PDF)

外部リンク[編集]