北筑軌道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北筑軌道
路線総延長 20.8 km
軌間 914 mm
uexSTR
福岡市内線貫線
uexBHF
今川橋
uexWBRÜCKE
uexBHF
今川橋
uexBHF
百道口 #
uexBHF
脇山口
uexABZrg
城南線
uexBHF
西新町
uexBHF
修猷館前 #
uexBHF
防塁前
uexBHF
藤崎
uexBHF
庚申前 #
uexBHF
早良口
uexBHF
室見橋 (2)
uexBHF
室見橋 (1) #
uexWBRÜCKE
室見川
uexBHF
愛宕下
uexBHF
山嶽山 (仮)
uexBHF
竹ノ山一丁目 #
uexSTR tSTRe
地下鉄空港線
uexSTR eABZrg
北九州鉄道
uexSTR STR
 =筑肥線廃止区間
uexBHF STR
竹の山四丁目
uexBHF STR
姪浜国民学校前 #
STR
0.0 姪の浜
exSTR HST
姪浜
exSTR STR
↓北九州鉄道
exSTR STR
 =筑肥線
exBHF STR
0.9 小戸
exBHF STR
1.5 大学分院前
exBHF STR
2.0 生松原
exBHF STR
小浜
exBHF STR
3.4 青木公園 (仮)
exBHF STR
4.1 長垂
exSTR STR
今宿
exBHF HST
5.7 今宿
exKBSTl exKRZxr eABZrf
今津港
exBHF STR
7.1 北原
exBHF HST
8.2 周船寺
exSTR STR
周船寺
exBHF STR
9.4 高田
exBHF STR
10.7 産ノ宮
exBHF STR
11.7 浦志
exBHF HST
12.9 前原
exSTR STR
筑前前原
exBHF STR
14.3 荻ノ浦
exBHF STR
15.5 赤坂
exSTR HST
加布里
exKBHFe STR
16.9 加布里
STR
  • 今川橋 - 姪浜間の各駅
    詳細は西鉄福岡市内線参照
  • 北九州鉄道→筑肥線は
    並行区間譲渡・廃止時に
    開業中の駅のみ
  • 地下鉄は当線廃止後の開業
    参考のために示す
  • #: 1942年廃止

北筑軌道(ほくちくきどう)は、かつて福岡県にあった今川橋 - 加布里間の軌道およびその運営会社。後に西日本鉄道(西鉄)の前身の一つである博多電気軌道へ合併された。

路線データ[編集]

  • 路線距離:今川橋 - 加布里間20.8km
  • 軌間:914mm

歴史[編集]

車両[編集]

1928年頃、姪浜 - 加布里間の蒸気運転区間(帝国鉄道協会 1928

  • 蒸気機関車:17両
  • 電気機関車:2両
  • 客車:17両
  • 貨車:83両

営業成績[編集]

1926年(大正15年/昭和元年)、姪浜 - 加布里間の蒸気運転区間(帝国鉄道協会 1928)。括弧内は1日あたり1マイルあたり

  • 旅客人員:2332047人(495人)
  • 旅客運賃:14683円
  • 貨物トン数:55241トン(11.7トン)
  • 貨物運賃:30904円
  • 益金:7508円(1.60銭)

駅一覧[編集]

1928年(昭和3年)時点。今川橋 - 姪ノ浜間路面電車化後、姪ノ浜 - 加布里間廃止前。

今川橋 - 西新町 - 防塁前 - 藤崎 - 刑務所前 - 庄 - 愛宕下 - (仮)山嶽山 - 浦山 - 姪浜小学校前 - 姪ノ浜 - 小戸 - 大学分院前 - 生松原 - 小浜 - (仮)青木公園 - 長垂 - 今宿 - 北原 - 周船寺 - 高田 - 産ノ宮 - 浦志 - 前原 - 荻ノ浦 - 赤坂 - 加布里

  • 他に今宿より今津港方面への貨物支線があり石炭輸送等に使用されていた。なお、北九州鉄道への譲渡の際には改軌され(筑肥線)今宿駅まで延長された[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『鉄道院年報. 明治41年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 『日本全国諸会社役員録. 明治43年』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 特許は大名町(現西鉄バス赤坂門停留所付近) - 加布里間で取得したが、大名町 - 今川橋間については福博電気軌道へ譲渡。
  4. ^ a b c d 『鉄道院年報. 明治43年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ a b 北筑軌道の今川橋駅は新今川橋西詰であり、東詰に翌1911年3月に開業した福博電気軌道(→西鉄福岡市内線)の今川橋電停とは異なる場所である。
  6. ^ 実際は姪浜以西より貨物列車直通のため三線軌条となっており、この区間は電気機関車を使用した。
  7. ^ 帝国鉄道協会 (1928) では今川橋 - 姪浜間の開業を1922年(大正11年)7月26日としており、これが改軌電化開業の日とも考えられる。
  8. ^ 帝国鉄道協会 (1928)今尾 (2009) に記されていないため、独立した路線でなく側線扱いとも考えられる。

参考文献[編集]

  • 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳 - 全線・全駅・全廃線』12 九州沖縄、新潮社2009年、p. 37, 42。ISBN 978-4-10-790030-2
  • 岡本憲之 『全国軽便鉄道』 JTB1999年、p. 149。
  • 西日本鉄道株式会社100年史編纂委員会(編纂) 『にしてつ100年の歩み(西日本鉄道百年史ダイジェスト版)』 西日本鉄道、2008年
  • 帝国鉄道協会(編纂) 『帝国鉄道年鑑』 帝国鉄道協会、東京市麹町区有楽町、1928年5月、昭和3年版、pp. 541, 542。本年鑑の統計は「昭和元年度」「昭和1年」の表記を使っているため本項目もそれに倣った。
  • 和久田康雄 『私鉄史ハンドブック』 電気車研究会1993年、p. 175。

関連項目[編集]