今治デパート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 今治デパート
Imabari Department Store Co.,Ltd
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 今デパ
本社所在地 日本の旗 日本
794-0811
愛媛県今治市南高下町1-4-3
設立 1971年11月
業種 小売業
法人番号 6500001011196 ウィキデータを編集
事業内容 食品スーパーマーケット事業
代表者 代表取締役社長 井本郁子
資本金 1,000万円
売上高 50億円
従業員数 57名(正社員、2021年1月現在)
関係する人物 井本雅之
外部リンク http://imadepa.net/
テンプレートを表示

株式会社今治デパート(いまばりデパート)は、愛媛県小売店愛媛県今治市南予地方で食品スーパーを展開している。

概要[編集]

ダイエーの愛媛エリアフランチャイジーとして開業した。現在はダイエーグループから離脱し、小型食品スーパー事業を行っている。モスバーガーブックオフハードオフなどのエリアフランチャイジー事業も行っていたが、現在はすべてありがとうサービスに事業譲渡している。

沿革[編集]

  • 1971年 - 今治市でミシン販売などを手掛ける井本ブラザー商会が、小売大手のダイエーとフランチャイズ契約を締結(後に解消)し、「株式会社今治デパート」設立。
  • 1972年9月 - 今治ショッパーズプラザ(後のザ・ショッパーズ2011年閉鎖)がオープン。
  • 1983年12月 - ライフショップ常盤店(2018年に閉店)がオープン。
  • 1985年8月 - ショッパーズ四村店がオープン。
  • 1987年1月 - 株式会社愛媛いづみを子会社化。
  • 1989年9月 - カルチュア・コンビニエンス・クラブとフランチャイズ契約を結び、複合レンタルビデオ店「蔦屋(現:TSUTAYA)鳥生店」がオープン[1]
  • 1990年
    • 2月 - モスフードサービスとフランチャイズ契約を結び、「モスバーガー新居浜喜光地店」がオープン[1]
    • 3月 - ライフショップ大島店がオープン。
  • 1992年7月 - 伯方ショッピングセンターがオープン。
  • 1994年6月 - ショッパーズ宇和店がオープン。
  • 1995年
  • 1997年7月 - ハードオフコーポレーションとフランチャイズ契約により、「HARD OFF 鳥生店」がオープン[1]
  • 1998年 - ダイエーとのフランチャイズ契約を解消し、今治ショッパーズプラザをザ・ショッパーズに名称変更[2]
  • 1999年10月 - 「BOOK OFF」・「HARD OFF」・「OFF HOUSE」の3業態を複合したエコタウンタイプ1号店「OFF HOUSE 伊予三島店」がオープン[1]
  • 2001年
    • 3月 - 九州進出第1号店となる「HARD OFF 新宮店」がオープン[1]。株式会社エムジーエス(現:ありがとうサービス)にモスバーガー愛媛地区6店舗を営業譲渡[1]
    • 5月 - 株式会社エムジーエスにモスバーガー高知地区7店舗を営業譲渡[1]
  • 2002年11月 - ショッパーズ大洲店がオープン。
  • 2003年2月 - 株式会社愛媛いづみを株式会社ありがとうコーポレーションに社名変更。
  • 2006年1月 - 株式会社ありがとうサービスにリユース事業(48店舗)を営業譲渡[1]
  • 2008年6月 - ショッパーズ大洲三の丸店がオープン。
  • 2010年
    • 2月 - 有限会社ショッピングセンター保内を子会社化
    • 7月 - ショッパーズ伊方店がオープン。
    • 8月 - 株式会社ありがとうコーポレーションを吸収合併。
    • 12月 - 有限会社ショッピングセンター保内を吸収合併。
  • 2012年 - 今治市の大島大三島移動販売車の運行を開始[3]
    • 4月 - フジマート野村店がオープン。
  • 2014年 - CGCグループ加盟[4]

店舗[編集]

四村ショッパーズ

今治市

  • 大三島ショッパーズ
  • 四村ショッパーズ
  • 伯方ショッピングセンター
  • ライフショップ大島店
  • しまなみの里

八幡浜市

  • ショッパーズ白浜店
  • ショッパーズ千代田町店

大洲市

  • ショッパーズ大洲店

  • ショッパーズ長浜店
    ショッパーズ長浜店の新旧看板
    ショッパーズ長浜店の新旧看板
    かつては屋根上に「ショッパーズ」の切り文字看板が設置されていたが、「シ」の一部分、「ッ」の一部分、「パ」の半濁点部分、「ズ」の濁点以外の部分が脱落し、残った部分の文字が「ンョ゛ハー゛」に見えるようになり、発音できない文字として2019年からウェブ上で話題となった[5]。この切り文字看板は2019年10月26日に新しい平看板に交換されて撤去された後、平板に取り付けたうえで店舗の側面に保存されている[6]
  • ショッパーズ大洲三の丸店

西予市

  • ショッパーズ宇和店
  • フジマート野村店

伊方町

  • ショッパーズ伊方店

内子町

  • ショッパーズ内子店

かつて存在した店舗[編集]

  • ライフショップ別宮店(2010年に閉店)
  • ザ・ショッパーズ
  • 東予ショッパーズ(現:ブックオフ東予ショッパーズ店)
  • ショッパーズ保手店(2013年1月に閉店)
  • ショッパーズ八幡浜駅前店(2014年8月に閉店)
  • 大西ショッパーズ(現在はMAC大西店)
  • ライフショップ常盤店(2018年閉店)

関連企業[編集]

  • 井本ブラザー商会(ミシンの販売・修理)

かってのグループ企業[編集]

  • ありがとうコーポレーション - 南予地方でスーパーマーケットを展開。2010年8月に吸収合併し消滅。
  • ショッピングセンター保内 - 2010年12月に吸収合併し消滅。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i ありがとうサービス(2020年)『第21期 有価証券報告書』、4頁。
  2. ^ 安倉良二『日本の商業政策の転換による大型店の立地再編と中心市街地への影響に関する地理学的研究』、早稲田大学教育学研究科博士論文、196頁。
  3. ^ 食のかたち:今治デパートが移動販売車。買い物弱者の助けに - 毎日jp、2012年08月22日(2012年9月8日閲覧)
  4. ^ 株式会社今治デパートが加盟しました。 - シジシージャパン公式サイト内
  5. ^ “日本一声に出して読めないお店!?地域に愛される「ンョ゛ハー ゛」とは”. おたくま経済新聞. (2019年8月28日). https://otakei.otakuma.net/archives/2019082804.html 2019年10月30日閲覧。 
  6. ^ “「ンョ゛ハー゛」看板保存へ 愛媛のスーパー、ツイッター投稿も開始”. withnews. (2019年10月30日). https://withnews.jp/article/f0191030002qq000000000000000W00o10101qq000020000A 2019年10月30日閲覧。 

外部リンク[編集]