三和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社三和
sanwa
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
194-8530
東京都町田市金森四丁目1-2[1]
設立 1958年昭和33年)9月[1]
業種 小売業
法人番号 1012301000965 ウィキデータを編集
事業内容 スーパーマーケット及びディスカウントストアの経営
代表者 小山真
資本金 1億円
売上高 連結: 1,605億円(2017年3月期)[2]
従業員数 8,100名
決算期 2月末日
主要株主 株式会社三和ホールディングス
外部リンク http://www.heartful-sanwa.co.jp
テンプレートを表示

株式会社三和(さんわ)は、東京都23区西部、多摩地域神奈川県東部で、「三和」(SANWA)、「FOOD ONE」(フードワン)の名称で店舗展開する中規模スーパーマーケットチェーン運営会社である。

概要[編集]

本部(本社機能)は東京都町田市の三和小川店内。1958年9月に株式会社小山商店として設立。1964年に株式会社小山商事に商号変更し、翌年の1965年には町田市中町に1号店の「三和 中町店(現・栄通り中町店)」を開業[1]。「三和」(SANWA)の名称でスーパーマーケットを展開するほか、新業態店舗として「FOOD ONE」(フードワン)を展開している。この他、自社開発のショッピングセンター「AMELIA」(アメリア)を3施設(稲城市、町田市、寒川町)展開している。

小山田店(町田市)では2008年3月14日より、日本初となるレジ袋全廃を当初半年間の予定で実施していたが、予定期間終了後も継続している。

2018年11月19日より、レジ袋の無料配布を終了して有料化され、同時にレジ袋を持参した際にポイントカードに付与していた「エコポイント」および「エコキャッシュ」が廃止された[3]

沿革[編集]

  • 1958年昭和33年) - 株式会社小山商店を設立[1]
  • 1964年(昭和39年) - 株式会社小山商事に商号変更[1]
  • 1965年(昭和40年) - 三和1号店(中町店、現・栄通り中町店)を開業[1]
  • 1977年(昭和52年) - 株式会社三和に商号変更[1]
  • 2006年平成18年) - フードワン1号店(藤沢店)を開業[1]
  • 2007年(平成19年) - アメリア1号店(アメリア稲城ショッピングセンター)を開業[1]
  • 2012年(平成24年) - 株式会社三和ホールディングスを設立し、株式会社三和を完全子会社化[1]
  • 2019年令和元年)10月4日 - 三和ららぽーと沼津店を開業し、静岡県に進出。

店舗[編集]

出店店舗の詳細は、公式サイト「店舗情報」を参照。

2020年3月6日現在の店舗数は以下の通りである。

三和

  • 東京都 - 24店舗
    • 目黒区(祐天寺店)
    • 八王子市(堀之内店・八王子みなみ野店・イーアス高尾店)
    • 町田市(小川店・栄通り中町店・中町店・町田大谷店・境川店・木曽店・忠生店・アメリア三和町田根岸店・玉川学園店・小山田店・町田三輪店・鶴川店・金井店・山崎店)
    • 日野市(旭が丘店)
    • 狛江市(狛江店)
    • 稲城市(稲城店・アメリア稲城三和ランド通り店・若葉台店・SOCOLA若葉台店)
  • 神奈川県 - 34店舗
    • 横浜市
      • 鶴見区(鶴見尻手店)
      • 中区(本牧店)
      • 旭区(鶴ヶ峰店)
      • 港北区(トレッサ横浜店)
      • 青葉区(鴨志田店・奈良北店・こどもの国店)
      • 都筑区(港北店)
      • 戸塚区(サクラス戸塚店)
    • 川崎市
      • 幸区(川崎遠藤店・ラゾーナ川崎店)
      • 麻生区(百合ヶ丘店)
    • 相模原市
      • 緑区(西橋本店)
      • 中央区(並木店・富士見店・相模原中央店・番田店・上溝店・南橋本店)
      • 南区(東林間店・相模大野店・豊町店・東林間西口店・上鶴間店・相模台店・麻溝店)
    • 横須賀市(横須賀店)
    • 平塚市(カルサ平塚店)
    • 藤沢市(湘南モールフィル店)
    • 厚木市(森の里店)
    • 座間市(相模が丘店・座間東原店・相武台店)
    • 高座郡寒川町(アメリア三和寒川店)
  • 静岡県 - 1店舗
    • 沼津市(ららぽーと沼津店)

フードワン

  • 東京都 - 5店舗
    • 八王子市(八王子堀之内店・片倉店・ゆりのき台店)
    • 町田市(森野店・多摩境店)
  • 神奈川県 - 11店舗
    • 横浜市
      • 港北区(綱島店)
      • 青葉区(田奈店)
    • 相模原市
      • 中央区(淵野辺店・矢部店)
      • 南区(大野台店)
    • 藤沢市(藤沢店)
    • 秦野市(鶴巻店)
    • 厚木市(厚木長谷店)
    • 海老名市(海老名店)
    • 座間市(座間店)
    • 綾瀬市(綾瀬店)

ポイントカード[編集]

三和とフードワンで、それぞれ別のカードが発行されており、両店舗間でカード・ポイント券の相互利用はできない。なお、以下の仕様は共通している。

  • 入会金・年会費は無料、発行手数料100円。
  • 200円(税抜)ごとに1ポイント加算(現金・ポイント券・買い物券での支払いが対象。クレジットカード払いは対象外。)
  • 250ポイント貯まるたびにポイント券を1枚発行。
  • ポイント券は1枚で300円、3枚で1,000円の買い物券として利用可能。
  • 三和
全店で導入されている。250ポイント貯まるたびに「三和ポイント券」がレジにて発行される。週末は2倍・3倍・5倍のポイント還元が多い。レジ袋有料化以前は、レジ袋を持参するとエコポイントとして1ポイントを加算していた。また、現ポイントカードの導入以前はグリーンスタンプのポイントカードを採用し、ポイントに応じてカタログ掲載商品と交換することができた。
  • フードワン
森野店など一部店舗で導入されている。250ポイント貯まるたびに「フードワンポイント券」がレジにて発行される。レジ袋有料化以前は、レジ袋を持参するとエコポイントとして2ポイントを加算していた。

イメージソング[編集]

「サンワ・マイ・フレンド」(曲名)、イメージソング。1985年頃に清水由貴子の唄で録音された。

  • 作詞:岩倉みゆき
  • 作曲:増田豊

店舗で流れているこの曲はスーパー三和のCMソングとしてニッポン放送で放送されていた。 スーパー三和のホームページ上でダウンロードできる。 店内では、奇数時間の48分に、「サンワ・マイ・フレンド」が流れる。

不祥事[編集]

2010年4月、バイヤーが蒸しタコの賞味期限延長を指示し、賞味期限切れの蒸しタコを売っていたことが発覚。相模原市保健所は業務改善の指導を行った[4]

備考[編集]

  • CGCに加盟はしているが、プライベートブランドは「CGC」ブランドは扱わず、「VALUE+」(バリュープラス)という独自のものを開発している。
  • 千葉県柏市にも、スーパーマーケット事業を行う「株式会社三和」が存在する。ただし、本項で述べている企業とは別会社であり、無関係である。また、スーパーマーケット自体の屋号は「おっ母さん」である。

・買い物かごは、店内用が全体的に深い緑色をしており、精算済がご(ご精算がご)は薄いグレーに赤い持ち手のかごで、スーパーメイトと太陽ビルメン製が主に使用されており、ショッピングカートはスーパーメイトのが主に使用されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]