清水由貴子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しみず ゆきこ
清水 由貴子
本名 同じ
生年月日 1959年9月7日
没年月日 2009年4月20日(満49歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都台東区
死没地 日本の旗 日本静岡県駿東郡
血液型 A型
職業 女優歌手タレント
活動期間 1977年 - 2007年
主な作品
【レコード】
お元気ですか」「銀座の雨の物語
【TVドラマ】
花よめは16歳」「同心暁蘭之介」「噺家カミサン繁盛記」「幸福の明日
【CM】
味の素」「カルビー」「ヤクルト」「ライオン
【バラエティー】
欽ちゃんの週刊欽曜日」「それは秘密です!!」「ザ・スターボウリング
【映画・舞台】
「ランドセルゆれて」「売らいでか!」

清水 由貴子(しみず ゆきこ、本名同じ、1959年9月7日 - 2009年4月20日)は、東京都出身の歌手女優タレントである。愛称は「ユッコ」。

来歴・人物[編集]

芸能界デビュー[編集]

1976年2月18日(放映は同年3月14日)、NTVのオーディション番組『スター誕生!』の第16回決戦大会でイルカの『なごり雪』を歌い、芸能プロダクション、レコード会社合わせて14社からスカウトのプラカードが上がる。同じこの決戦大会で合格し、のちにピンク・レディーとなる根本美鶴代増田恵子の二人組をおさえての最優秀賞(グランドチャンピオン)だった。当時の「スター誕生!」の審査員で、デビュー曲の作詞も手がけた阿久悠によれば、テレビ予選に合格した時点ですでに次の決戦大会の大本命として、各社スカウトマンから注目されていたという。

決戦大会後は日本テレビを交えた作戦会議が何度も開かれ、期待の新人として万全に万全を期す形で、合格から1年後の1977年3月1日に「お元気ですか」でCBS・ソニーから歌手デビュー。清水のキャッチフレーズは「ほほえみスイング まごころハミング」で、同じ1977年に女性アイドル歌手としてデビューを果たし、清水と仲の良かった榊原郁恵高田みづえと共に当時「フレッシュ3人娘」と呼ばれていた。

後に、ソニーのプロデューサー酒井政利は「私は新人は自分で探すという自負心があったため、本来は『スター誕生!』とは距離を置いていましたが、山口百恵と清水由貴子だけは手がけてみたいと思えた」と語っていた。[1]

また、当時の『スタ誕』の司会だった萩本欽一も「同情とは別の部分で、その執念を理解した。立っているだけで哀愁を感じさせ、この子が有名になることで幸せになるなら後押ししたいと思った。それは、百恵ちゃんと清水由貴子の2人だけだったね…」と述べている。[2]

デビュー曲はスマッシュヒットとなり、当時盛んだった賞レースにおいても数多くの新人賞を獲得。しかし、「速報!日本レコード大賞」(TBS、1977年11月22日放送)の新人賞(5人枠)争いでは、清水健太郎高田みづえ狩人の順で新人賞受賞が確定する中、続く受賞者を決める上位2名での決選投票太川陽介に破れた後、最後の1枠を巡って榊原郁恵と再び決選投票となり、僅差で受賞を逃すこととなった。[3]

翌年もシングルはコンスタントにリリースされていたが、これといったヒットには恵まれず、前述の通り、デビュー当初から気にかけてくれていた萩本欽一や、同じレコード会社ということで縁のあった杉良太郎の後押しもあって、次第に活躍の場をテレビドラマバラエティー番組に移していった。歌手としてはシングル10枚、アルバムを2枚リリース。1985年RCAレコードへ移籍し、単独名義では6年ぶりのシングル「いつか秋」が最後のリリースとなった。

萩本関連の番組に出演していることから「欽ちゃんファミリー」の1人として名前が挙げられることも多かった。また、80年代末から90年代前半にかけてオンエアされたヤクルトのCMでは、それまでのイメージとは違う気の強い母親役を演じ、トータルで十数本ものシリーズが制作された。本人の談によれば、このCMシリーズの中に登場した亀(息子役の幼稚園児のペット)がきっかけで、以後自分でも亀グッズの収集を趣味にしていたという。

90年代に入ると、情報番組のレポーターとしてのテレビ出演が増え、「徹子の部屋」に出演した際は、レポーターの仕事で得た知識が自分の家を買うときに非常に役に立ったと語っている。またこの時期、「噺家カミサン繁盛記」での主演、NHK朝の連続テレビ小説春よ、来い」のレギュラー、その他数多くの2時間ドラマにも出演。2000年には「フジテレビ、今世紀最後の昼ドラ」(制作は東海テレビ)と銘打った「幸福の明日」で、子供の取り違えに苦悩する主人公を演じ、女優としての幅を広げた。

以降は2度目となるNHK朝の連続テレビ小説「こころ」のレギュラーをはじめ、連続ドラマやシリーズドラマへのゲスト出演、映画「ランドセルゆれて」での主演等、中堅女優として順調な活躍ぶりを見せていた。が、そのさなかの2006年、「母親の介護も兼ねてゆっくりしたい」という本人の希望により、デビュー以来所属していた芸映から独立する。

後述の実妹の著書によれば、この時点での母親の容態は、白内障の手術がうまくいかず視力が低下していたことを除けば、少なくとも後に報道されたときのような深刻な状態ではなかったという。むしろ目標に向けて突っ走る性格の姉(既に自宅のローンを繰り上げ完済、父親の墓まで建て替えていた)が、仕事を辞めることで気持ちのハリを失うことの方を心配し、事実上の引退には内心反対だったものの、仕事面では相応のポジションを得てきていた頃だっただけに、人一倍責任感が強い姉の「事務所に迷惑はかけられない」という決心を前に、とうとう言い出せなかったと語っている。

事務所独立後は、長年レギュラーを務めていた山梨放送の情報バラエティー番組「ともちゃん家の5時」(1999年10月〜2010年3月)のみを残し、それ以外の仕事は引き受けないというスタンスで芸能活動を続けていたが、2007年9月、番組のリニューアルに伴う降板をもって、芸能界から完全に引退した。

49歳で自殺[編集]

2009年4月21日、静岡県駿東郡小山町冨士霊園にある父親の墓前で、硫化水素が充満した黒いポリ袋を顔に被せた状態で自殺しているのが見つかった。49歳没。死亡時刻は前日の20日午後5時頃。その傍らに要介護の母親が車椅子に座った状態で残されており、一時意識を失っていたが命に別状はなかった[4]

前日20日の日中、父親の墓参りに行くという由貴子と母親を、夜勤のシフトのため同行できなかった妹が玄関先で見送っている。が、その後は姉の携帯に何度かけても連絡が取れず、翌日の午前中、仕事を終え帰宅してもまだ戻ってきていないことを不審に思った妹が、霊園側に問い合わせたことによって発見されたものである。霊園側からの折り返しの連絡を受け、搬送先へ直行した妹と元・マネージャー[5]によって同日、本人と母親であることがそれぞれ確認された。

遺書に書かれていた「東京では葬儀をあげないで下さい」という本人の遺志通り、4月24日に同県御殿場市密葬が営まれ、相本久美子角川博櫻井淳子黒部幸英八波一起らが参列した。戒名は介護を続けた母への愛情に満ちた人生を意味する「慈孝由和清大姉(じこうゆうわせいだいし)」。25日には同所で葬儀・告別式が営まれ、親族や「欽ちゃんの週刊欽曜日」で共演した佐藤B作らも参列、当時弔問に訪れることができなかった萩本欽一からも供花がささげられた[6]

生前の明るいイメージとは結びつかないショッキングな清水の亡くなり方は、芸能界だけでなく世間にも衝撃を与え、自殺発見から一夜明けた翌22日のテレビ、スポーツ紙上でも大きく取り上げられた。あまりにも突然な訃報に、「スター誕生!」でのオーディションの時からを知り、デビュー後も自身の冠番組「欽ちゃんドラマ・Oh!階段家族!!」、「欽ちゃんの週刊欽曜日」、「悠々くらぶ」[7](1991年から放送のNHK情報バラエティー番組)で3度共演するなど、関係の深かった萩本欽一[8]は絶句し、当初はノーコメントだった。その6日後の4月27日に放送された、TBS系「みのもんた朝ズバッ!」で萩本は、清水が亡くなる前年10月に20数年ぶりの手紙をもらっていたことを明かした。萩本は「最後に『これからも頑張るからね』と書いてあったけど、何かの叫びだったのかなぁ」と、何もしてあげられなかったことを悔やみ、「ユッコちゃんは“いい子”にくたびれたのかな。だけど、最後はちょっと悪い子だったな。もうちょっと頑張ってほしかった」と涙ぐみながらコメントしていた[9]

また清水と同期デビューで「フレッシュ三人娘」と呼ばれた榊原郁恵は動揺が大きいためマスコミの対応が出来ず、高田みづえ(現・二所ノ関親方夫人)も連絡が取れない状態だった[10]。さらに、夫婦共に清水と交流があった歌手・タレントの湯原昌幸荒木由美子夫妻[11]もショックを隠せず「辛い事があっても笑い飛ばす人だった。(母の介護に)どんな思いだったんだろうかと思うと切ない」と語っていた[12]

そして、萩本欽一の番組で共演しデュエット曲もリリースした小西博之は、自殺の報道直後清水に対し「自殺で死ぬなんて、僕は一生ユッコを許さない。天国なんかに絶対に行かせない。冥福も祈らない。僕が引き戻してやるから」と涙ながら怒りに声を震わせ、清水の通夜・葬儀を欠席していた[13]。それから6年後、2015年5月1日にTBS系「爆報! THE フライデー」に出演した小西は、同番組内で清水の7回忌で初めて墓参りした事を明かす。小西は「僕はユッコちゃんに助けられたけど、僕はユッコちゃんを助けられなかった。それが悔しくて…」と、清水を気遣う事が出来なかった自分自身を懺悔しつつ、「話聞いてあげればよかった。ごめんな」と清水に謝罪しながら号泣していた[14][15]

2009年11月17日、清水由貴子の実妹が「介護うつ -お姉ちゃん、なんで死んじゃったの?-」(ブックマン社)を出版。「周囲には一切弱音を吐かなかった」[16]と実姉・由貴子の姿を振り返りながらも、介護による孤立・自殺の防止を訴え続けている[17]。なお、一命を取り留めた清水の実母は、翌2010年9月17日に都内の病院で79歳で亡くなった。

経歴[編集]

  • 1959年(昭和34年)9月7日 - 東京浅草に生まれる。
  • 1965年(昭和40年) - 竹ノ塚団地に転居。この頃、父親が月賦でオルガンを購入してくれたことで音楽に目覚める。
  • 1966年(昭和41年)4月 - 保木間小学校入学。翌年再び浅草の駒形へ転居し、田原小学校転入。6月に妹が誕生。
  • 1968年(昭和43年) - 父が心臓肥大のため他界。生活が急変する中、家族を支え、学校では合奏団でマリンバを担当。当時の生活のエピソードとして、近くのお米屋によくお米を借りに行っていたという。後年、番組企画でこのお米屋に訪れ再会を果たしている。
  • 1972年(昭和47年)4月 - 蔵前中学校入学。卓球部では副部長を務め、区大会個人戦三回戦まで勝ち進む。またフォークソングにも熱中し、アルバイトで念願の中古ギターを購入する。
  • 1975年(昭和50年)
    • 4月 - 東京都立京橋商業高等学校入学。
    • 9月 - オーディション番組に応募したという同校の生徒に刺激され「スター誕生!」に応募。
    • 10月8日 - 有楽町よみうりホールで行われた予選大会で合格。テレビでの本選大会に出場する5名の中のひとりに選ばれる。
    • 11月12日 - 後楽園ホールでの本選大会で、太田裕美の「雨だれ」を歌い合格。決戦大会に駒を進める。このとき弾いたギターは、本選大会出場が決まった際、歪んだ中古ギターのために娘に後悔させたくないと、苦しい家計をやりくりして母親が買ってくれた新しいギターだったという。
  • 1976年(昭和51年)
  • 1977年(昭和52年)
    • 1月 - 明大中野高校定時制に転入。
    • 3月1日 - CBS・ソニーから「お元気ですか」でデビュー。キャッチフレーズは「ほほえみスイング、まごころハミング」。
    • 7月1日 - セカンドシングル「明日草」発売。
    • 10月10日 - サードシングル「ほたる坂」発売。曲名の「ほたる坂」は東京谷中の宗林寺に「蛍坂」として実在する。
    • 12月21日 - ファーストアルバム「ほたる坂から」発売。
  • 1978年(昭和53年)
    • 2月25日 - 4thシングル「天使ぼろぼろ」発売。
    • 5月5日 - 千代田公会堂にて初のコンサート、「小さな小さなまごころコンサート」を開催。
    • 6月1日 - 5thシングル「多感日記」発売。
    • 6月23日 - フジテレビワイドショー小川宏ショー』「希望の詩・少女の涙の詩へ 清水由貴子 初公開の曲」にて自身の作詞作曲した歌を披露する。
    • 9月1日 - 6thシングル「歌を重ねて」発売。
    • 10月10日 - 「ファンクラブユッコ★ファンの集い 甲府ぶどう狩り」バスツアー開催。クイズの景品として本人手作りのおにぎりが登場した。
    • 12月5日 - 7thシングル「神様・なぜ愛にも国境があるの!」発売。
  • 1979年(昭和54年)
    • 4月6日 - NTV系「欽ちゃんドラマ・Oh!階段家族!!」でコメディドラマに初出演。撮影のため半年間の歌手休養宣言。
    • 9月7日 - 芝ABCホールにて2度目のコンサート、「清水由貴子 コンサート 今、歩きはじめて…20の誕生日」を開催。
    • 9月21日 - 8thシングル「言問橋」、セカンドアルバム「私小説」を同時発売。歌番組ではデビュー曲以来の弾き語りスタイルで歌った。
    • 11月19日 - テレビ朝日系列の「花よめは16歳」でドラマ初主演を果たす。
  • 1980年(昭和55年)
  • 1981年(昭和56年)10月8日 - 「同心暁蘭之介」のレギュラーとして時代劇に初挑戦。独身の同心宅に住み込みで奉公する女中・おりき役。ドラマの中ではご主人様として仕え、絡みも多かった主演の杉良太郎から、役者としての心構えや芝居のイロハを厳しく指導される。
  • 1982年(昭和57年)10月8日 - 「欽ちゃんの週刊欽曜日」のレギュラーに抜擢。「欽ちゃんバンド」のコーナーではエレクトリックピアノを担当。
  • 1983年(昭和58年)9月21日 - キャニオンから丸4年ぶりのシングル、通算9枚目となる「銀座の雨の物語」をリリース。「欽ちゃんの週刊欽曜日」で共演の小西博之とのデュエット曲。番組内でもコントの最中に披露し、毎週、マイクがどこから出て来るかわからないという演出で会場を沸かせた。
  • 1984年(昭和59年)6月12日 - 初めてのサスペンスドラマ「火曜サスペンス劇場 行きずりの殺意」に、犯人役・船越栄一郎の恋人役で出演。
  • 1985年(昭和60年)
    • 4月13日 - 「パンツの穴 花柄畑でインプット」(東映)に南清子(教師)役で映画初出演。
    • 9月21日 - レコード会社をRCAへ移籍し、10枚目のシングル「いつか秋」を発売。これがラストシングルとなった。またこの頃、清水由貴子の歌で「スーパーマーケットチェーン三和」のイメージソング「サンワ・マイ・フレンド」が録音されている。尚、レコード化はされていない。
  • 1988年(昭和63年) - ヤクルトのCMに母親役で出演。長期にわたる人気シリーズCMとなった。
  • 1991年(平成3年) - フジテレビ系列の連続ドラマ「噺家カミサン繁盛記」に落語家師匠のおかみさん・和代役で出演。2度目の主演ドラマ。
  • 1994年(平成6年) - 「春よ、来い」でNHK朝の連続テレビ小説に初出演。第1部と第2部では全く異なる役でレギュラー出演。
  • 1995年(平成7年)
    • アニメ「あたし天使あなた悪魔」で初めてのアフレコ。主人公の声と主題歌(音源未発売)を担当した。
    • 武蔵野市に念願の一戸建てを購入。ローンが嫌で繰上げ返済を重ね、当初の予定返済期間のほぼ半分で返し終えたという。
  • 1996年(平成8年) - 浜木綿子主演の舞台「売らいでか!」で初の商業演劇に挑戦。
  • 2000年(平成12年) - フジテレビ系列の連続ドラマ「幸福の明日」で3度目のドラマ主演を務める。
  • 2002年(平成14年) - 自身の手によるHP「かめのしっぽ」を立ち上げる。自らがデジカメで写したドラマの撮影現場や共演者、旅行先での写真にコメントを添える形で構成されていた。
  • 2003年(平成15年)
    • ドラマ「夢の約束」で単発ドラマでは初めての主演。
    • 映画「ランドセルゆれて」で映画初主演。
    • 山梨を楽しもう!キャンペーン2003『思い出のやまなし・旅の絵手紙』コンテストの審査員を務める。
  • 2005年(平成17年) - NTTドコモ九州のイメージキャラクター(地域限定)としてCMに出演。
  • 2006年(平成18年)3月 - 所属事務所「芸映」を退社。
  • 2007年(平成19年)9月 - 芸能界を引退。
  • 2009年(平成21年)4月20日 - 静岡県駿東郡小山町にて自殺。享年49

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

 
タイトル
発売日
作詞
作曲
編曲
B面
作詞
作曲
編曲
備考
1 お元気ですか 77.03.01 阿久悠 三木たかし 三木たかし あじさい村から 阿久悠 三木たかし 三木たかし オリコン30位/8.2万枚
2 明日草 77.07.01 阿久悠 三木たかし 萩田光雄 少女のメルヘン 阿久悠 三木たかし 萩田光雄 オリコン45位/4.3万枚
3 ほたる坂 77.10.10 阿久悠 三木たかし 三木たかし 野菊の墓 阿久悠 三木たかし 三木たかし オリコン79位/1.5万枚
4 天使ぼろぼろ 78.02.25 阿久悠 三木たかし 三木たかし 自画像 阿久悠 三木たかし 三木たかし
5 多感日記 78.06.01 阿久悠 三木たかし 三木たかし 不幸な秋 阿久悠 三木たかし 三木たかし
6 歌を重ねて 78.09.01 阿部敏郎 阿部敏郎 福井峻 遠い星からの手紙 草鹿宏 阿部敏郎 福井峻 集英社コバルト文庫イメージソング
7 神様・なぜ愛にも国境があるの! 78.12.05 草鹿宏 都倉俊一 萩田光雄 私は泣かない 山口洋子 都倉俊一 都倉俊一 集英社コバルト文庫イメージソング
8 言問橋 79.09.21 喜多條忠 水谷公生 瀬尾一三 子供のままでいられたら 清水由貴子 菅原進 福井峻
9 銀座の雨の物語 83.09.21 阿久悠 南こうせつ 井上鑑 佐藤のB面です。
銀座の雨の物語
阿久悠 南こうせつ 井上鑑 オリコン25位/8.7万枚
10 いつか秋 85.09.21 杉紀彦 森田公一 馬飼野俊一 想い出から出発 杉紀彦 森田公一 馬飼野俊一 B面は森田公一とのデュエット

アルバム[編集]

  1. ほたる坂から  1977年12月21日
  2. 私小説  1979年9月21日

CD[編集]

  1. ほたる坂から(CD選書) 1994年5月21日
  2. ほたる坂から+4/阿久悠・三木たかしを歌う(オーダーメイドファクトリー) 2008年5月27日
  3. 私小説+4(オーダーメイドファクトリー) 2009年7月13日

コンサート・イベント[編集]

  • 小さな小さなまごころコンサート(千代田公会堂)  1978年5月5日
  • ファンクラブ ユッコ★ファンの集い 甲府ぶどう狩りバスツアー  1978年10月10日
  • 清水由貴子 コンサート 今、歩きはじめて…20の誕生日(芝ABCホール)  1979年9月7日
  • 第3回サマーピクニック 熊本県阿蘇郡坊中キャンプ場(小西博之と共にゲスト出演)   1983年8月6日〜7日

その他[編集]

  • サンワ・マイ・フレンド(スーパー三和 企業イメージソング)歌:清水由貴子 作詞:岩倉みゆき 作曲:増田豊

新人時代(1977年)の受賞[編集]

出演[編集]

レギュラードラマ[編集]

  • ドラマ23(TBS)
    • 愛人マンション(1987年11月16日〜19日) 久美役
    • 愛人マンションII(1988年5月16日〜19日) 久美役
    • 鎌倉を旅する女たち(1988年8月22日〜25日) 和泉朋子役
  • 幸福の明日(2000年9月25日〜12月28日 フジテレビ系) 主演 橋本かな子役

2時間ドラマ・単発ドラマ[編集]

  • 火曜サスペンス劇場 (日本テレビ)
    • 「行きずりの殺意」(1984年6月12日) - 平山幸子 役
    • 弁護士・高林鮎子29」(2001年11月20日) - 成瀬裕子 役
    • 警部補 佃次郎16女の賭け」(2002年11月12日)- 野口千絵 役
    • 「産婦人科医・南雲綾子2 四十三歳、初産の女〜」(2003年7月29日) - 秋元珠代 役
    • 弁護士・高林鮎子33」(2004年7月6日) - 渡辺清美 役
    • 街の医者・神山治郎スペシャル ダイエット症候群の女 やせる裏技で男を奪う鮮血のメロンパン」(2005年4月5日) - 田辺亜希 役
  • 月曜ワイド劇場(テレビ朝日)
    • 「女が会社で上司いびりを始めるとき」(1986年6月23日)
  • 木曜ゴールデンドラマ(読売テレビ)
    • 「死者からの使者」(1988年3月24日)
    • 「長い道IV 母がボケた!問われる三姉妹の愛、哀しき父の決断」(1989年10月26日)-祐子 役
    • 「結婚戦争・逆タマの母、息子よ財産に惚れるな」(1990年6月28日)- 愛子 役
    • 「再婚旅行・花も嵐も踏みこえて、熟年男女が涙で綴る純愛の詩」(1991年3月14日)
  • 金曜エンタテイメント (フジテレビ)
    • 細うで繁盛記(2)」(1995年2月3日) - 正子 役
    • 「また家族にしてね」(1996年5月31日)
    • 名古屋嫁入り物語(9)」(1997年7月4日)
    • 「熱血ド演歌分校先生の事件通信簿・1 20年前の白骨死体が復讐!? (熱血!イノシシ先生の事件通信簿)」(1998年1月30日)
  • 土曜ワイド劇場 (テレビ朝日)
    • 「越後親不知、死を招くファインダー 白鳥は虚空に叫ぶ!」(1991年2月9日)-木村美恵 役
    • おとり捜査官・北見志穂「ラッシュアワー連続殺人!」」(1998年5月30日) -相沢理恵 役
  • 土曜サスペンス (テレビ朝日)
    • 「挑戦する女・弁護士 七尾響子 セクハラ連続殺人!」(2006年02月18日) - 林 勝子 役

※「挑戦する女・弁護士 七尾響子 セクハラ連続殺人!」は『土曜ワイド劇場』枠で放送するために2002年撮影されたがお蔵入りし、長らく未放送だったが、2006年2月に昼間の『土曜サスペンス』の放送枠で初放送された。

  • 欽ちゃんファミリー時代劇スペシャル 「俺たちの熱い風」(1984年10月7日 日本テレビ)- 志乃 役
  • FROZEN NIGHT フローズンナイト〜凍てつく真夏の夜〜 「大騒動の小さな家(箱庭の街)」(1989年8月12日 フジテレビ)VHS販売元:ポニーキャニオン(1989年8月21日 V98F-1948)
  • 夢の約束 (2003年1月7日 テレビ大阪)- 主演 鈴木佳子 役   VHS・DVD(企画:大阪人権問題映像啓発推進協議会・製作:共和教育映画社)

連続ドラマのゲスト[編集]

  • 半熟卵 (1994年11月4日) フジテレビ系 Egg3「三角関係」-デパート洋服売り場定員・内藤 役
  • 将軍の隠密!影十八(1996年 テレビ朝日
    • 第6話 「つぐない・過去を消した女」 (1996年3月2日) -おしま(猪之吉の妻)役
    • 第16話「人さらい・火におびえる女」 (1996年6月8日) -おしま(猪之吉の妻)役
  • はぐれ刑事純情派14(2001年テレビ朝日)-第23話「28色の声で笑う女!? 30分だけの親子団欒」(2001年9月19日)- 松永美佐子役
  • 暴れん坊将軍XI (2001年テレビ朝日)-第12話「女たちの戦さ! 先妻VS後妻」(2001年10月29日) - お昌役

情報・バラエティー番組[編集]

バラエティー番組の主なゲスト[編集]

声優[編集]

  第1話:焼き肉屋大騒動 <品番:COVC-4514>(1995年3月21日発売)
  第2話:だってヒナコが! <品番:COVC-4532>(1995年6月21日発売)

ラジオ[編集]

映画[編集]

  • パンツの穴 花柄畑でインプット(1985年 東映)-南清子(青葉学園教師)役  ビデオ販売元:東映ビデオ(TE-B068)
  • ドン松五郎の大冒険(1987年 東宝東和)-ユカ役   ビデオ販売元:バンダイビジュアル(1988年4月25日 BES-260)
  • 修羅場の人間学(1993年 東映)-富子(ホステス)役  ビデオ販売元:東映ビデオ (1994年5月21日 VCTB-00592)
  • チンピラぶるーす ど・アホ!(1996年 映像京都 配給ファニーエンジェル配給)-早川恭子役  ビデオ販売元:東映ビデオ(VRZF-326) 
  • ズッコケ三人組 怪盗X物語(1998年 東映)-奥田時子役  ビデオ販売元:東映ビデオ(1999年2月12日 VRTB858) 
  • あかね色の空を見たよ(2001年 中山映画
  • ランドセルゆれて(2003年 中山映画) 主演-工藤麻衣子役  DVD販売元:大阪学童保育連絡協議会

舞台[編集]

オリジナルビデオ・DVD[編集]

  第1話「パニック風味手巻ずし編」
  第2話「愛情風味ハンバーグ編」

  • 広報ビデオ『水の気持ちも考えて!-天使から“節水”のお願い-』 (1998年5月、東京都水道局NTV映像センター
  • ビデオ『心を贈る絵手紙入門(全3巻)』 (1998年発売、NHKソフトウェア
  • ビデオ『友達-ともだち-』(2002年9月発売、映像京都シナノ企画主演
  • DVD『しぜんとあそぼ〜動物 かわいい ともだち〜』(2007年04月18日発売、NHK、販売元:コロムビアミュージック) 猿のコーナーのナレーター担当

CM[編集]

ナレーション[編集]

その他[編集]

  • 趣味悠々 心を贈る絵手紙入門(1998年 NHK教育) レギュラー

雑誌[編集]

  • CARトップ(カートップ)1977年4月号・1978年5月号(表紙) 
  • 月刊明星 1977年7月号・1978年1月号(表紙)
  • 週刊平凡 1977年7月28日号(表紙)
  • GORO 1977年12月22日号(表紙)
  • 週刊現代 1983年4月30日号(表紙)
  • 月刊テクノポリス 1983年10月号(表紙)  
  • 週刊テレビ番組 1983年12月10日-16日号/清水由貴子・小西博之(表紙)
  • ブライダルストーリー 1984年・1月号/清水由貴子・小西博之(表紙)
  • L&LLサイズミセスの服 1991年夏季号(表紙)
  • 別冊 ESSE(エッセ) はがきと手紙の書き方 2003年8月(扶桑社 ISBN4-594-60334-3)
  • 読売ウイークリー 家族のかたち 2005年2月6日号

脚注[編集]

  1. ^ [1]“淳子超え”で、路線変更した百恵の「青い果実」 2013年1月11日 アサ芸プラス
  2. ^ [2] 萩本欽一が初激白、百恵ちゃんが挨拶に来ない理由 2013年1月8日 アサ芸プラス
  3. ^ [3]【追悼特集】さようなら、清水由貴子さん 2009年4月25日 昭和TVワンダーランド
  4. ^ 清水由貴子さんが父の墓前で硫化水素自殺 2009年4月22日 日刊スポーツ
  5. ^ 清水由貴子さん自殺哀しい足取り 発見現場で元マネジャー会見 2009年4月23日 ZAKZAK
  6. ^ 欽ちゃんバンドで葬送…清水由貴子さん告別式 2009年4月27日 ZAKZAK
  7. ^ 悠々くらぶ 番組表検索結果詳細 NHKアーカイブス
  8. ^ 欽ちゃん絶句! 清水由貴子さん悲しすぎる介護人生 2009年4月22日 ZAKZAK
  9. ^ 欽ちゃん初告白「最後はちょっと悪い子」 2009年04月28日 マイアミブルー
  10. ^ フレッシュ3人娘の榊原郁恵は動揺大きく2009年4月22日 日刊スポーツ
  11. ^ 清水と湯原はテレビ東京系列の「ザ・スターボウリング」で、共に司会者として出演した。また清水と荒木は同学年(1959年度)生まれで、アイドル歌手としてのデビューも同期生(1977年)だった。
  12. ^ 湯原夫妻ショック「いつも笑顔。せつない」 2009年4月22日 日刊スポーツ
  13. ^ デュエットの小西博之は「アカン、ボケ」 2009年4月22日 日刊スポーツ
  14. ^ 小西博之 自死の清水由貴子さんに懺悔(1)2015年5月1日 日刊スポーツ
  15. ^ 小西博之 自死の清水由貴子さんに懺悔(2)2015年5月1日 日刊スポーツ
  16. ^ 清水由貴子さん“遺書”自殺直前、妹に送ろうとしたメール 2009年11月17日 ZAKZAK
  17. ^ 介護うつ、悲劇止めたい 清水由貴子さんの妹がエッセー 2009年11月22日 asahi.com