リオン・ドールコーポレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 リオン・ドールコーポレーション
LionDor Inc.
Lion-do'r wakamatu-101.JPG
リオン・ドール本社(4階)がある
リオン・ドール神明通り店
(福島県会津若松市)
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 リオン・ドール Lion D'or
本社所在地 日本の旗 日本
965-0878
福島県会津若松市中町4-36
設立 1950年3月
業種 小売業
法人番号 5380001017959 ウィキデータを編集
事業内容 地域密着のスーパーマーケット経営
代表者 代表取締役 小池信介
資本金 2億円
売上高 約560億円(グループ 約600億円)(2017年2月現在)
純利益 2億5200万円(2017年02月28日時点)[1]
総資産 279億8700万円(2017年02月28日時点)[1]
従業員数 3,426名(2017年2月現在)
主要子会社 関連会社参照
外部リンク www.liondor.jp/
テンプレートを表示

株式会社リオン・ドールコーポレーションLionDor Inc.)は、福島県会津若松市に本社を置く、食料品を主体としたスーパーマーケットチェーンの運営会社。CGCグループ加盟。

概要[編集]

福島県会津地方を中心に福島県中通り地方福島市須賀川市他)、隣県の新潟県栃木県にも展開しているスーパーマーケット。かつては秋田県宮城県へも出店していたが撤退、会津地方を中心としたドミナント志向を強めている。

主に会津地方では、ヨークベニマル[注釈 1]生活協同組合コープあいづ等が競合相手である。

創業から長年『ライオン堂』(若しくはライオンドー、ライオンどう)の店舗屋号であったが、2001年(平成13年)4月コーポレートアイデンティティ(CI)を導入して店舗屋号を『Lion D'or』(リオン・ドール)とし、同年9月に商号も「リオン・ドールコーポレーション」とした。

ライオン堂時代のロゴマークも、山口県、北部九州を拠点とするスーパーマーケットチェーン サンリブ・マルショクグループと似たようなものであった[注釈 2]

沿革[編集]

  • 1892年(明治25年)5月 - 会津若松にて「小池漆器店」として創業。
  • 1948年(昭和23年)11月 - 会津若松市大町にて、洋品店「ライオン堂」を開業。
  • 1950年(昭和25年)3月 - 法人に改組し、「株式会社ライオン堂」として設立。
  • 1964年(昭和39年)7月 - 福島県外の第1号店を秋田県内(秋田市民市場内)に開店。
  • 1969年(昭和44年)6月 - 「株式会社北関東ライオン堂」(現:北関東リオン・ドール)を設立し、栃木県に進出。
  • 1976年(昭和51年)6月 - 新潟県に進出。
  • 1985年(昭和60年)11月 - 150坪スタイル小型店舗1号店七日町店(現店舗近隣地にあった旧店舗)開店。
  • 1987年(昭和62年)2月 - ビデオレンタル事業に参入、レオクラブの第一号店として西若松店を開店。
  • 2001年(平成13年)4月 - コーポレートアイデンティティ(CI)を導入、店名をライオン堂から「リオン・ドール」に変更。
  • 2001年(平成13年)9月 - 商号を「株式会社リオン・ドールコーポレーション」に変更。
  • 2002年(平成14年)6月 - 若松店(現:神明通り店)と同じ神明通り沿いにあった長崎屋会津若松店跡に、複合商業施設「レオクラブ・ガーデンスクエア」開店。
  • 2004年(平成16年)5月 - 青森県八戸市等にて「三光ストア」を運営する株式会社三光との業務・資本提携。
  • 2007年(平成19年)11月 - 福島県須賀川市等にて「主婦の店サンユー」を運営する(株)主婦の店サンユーの全株式取得。
  • 2013年(平成25年)2月 - 株式会社リッツコーポレーションを設立、三光からスーパーマーケット事業「三光ストア」を譲受。
  • 2014年(平成26年)3月 - リッツコーポレーションの株式をユニバースに譲渡、青森県から撤退。
  • 2016年(平成28年)3月 - (株)主婦の店サンユーを吸収合併。
  • 2018年(平成30年)2月1日 - 福島県白河市等にて「ライフポートわしお」を運営するわしお(株)の株式を取得、完全子会社化[2]
  • 2019年(令和元年)5月9日 - 栃木県大田原市等にて「スワストア」を運営する(株)諏訪ストアの株式を取得、完全子会社化。

運営業態[編集]

現在[編集]

  • Lion D'or(リオン・ドール) - SM(スーパーマーケット)業態。
  • TSUTAYA
    子会社「レオクラブインターナショナル」が運営するFC(フランチャイズ)運営。かつては、自社のブランド「レオクラブTSUTAYA」を冠していたが、近年の店舗では単に「TSUTAYA」と表記されるのみである。一部店舗には「レオクラブ」のついた看板の店舗が残っている。
  • ドトールコーヒーショップ - FC運営、一部のリオンドール店舗内に併設。
  • ブックオフ - FC運営。

過去[編集]

  • ライオンドー時代のロゴマーク(千石店・旧店舗)
    ライオンドー - SM業態、旧屋号。
  • ライオンドーホームセンター
  • ASPIA(アスピア) - 衣料品専門業態。
  • レオフード - ファーストフードコーナー。かつては、若松店(現:神明通り店)だけではなく、駅前店・七日町店(旧店舗)などの小型の店舗にも、併設した店舗も多かった。
  • イエローハット - FC運営。

店舗[編集]

リオン・ドール川俣店
(福島県伊達郡川俣町

過去の店舗[編集]

  • 店舗名の後ろについている×は現在建物が解体された店舗。

福島県[編集]

会津地方[編集]
  • ライオンドー千石店(福島県会津若松市)現在の店舗とは異なる初代・旧店舗
    千石店(初代・旧店舗)× - 会津若松市平安町
    近隣の滝沢店開店後も営業。その後、インターネットカフェになったが、2007年(平成19年)に発生した事件の影響もあり閉店し、建物解体後約10年間更地となる。その後2018年(平成30年)9月13日に南側の敷地を旧店舗時代より拡張し、新築オープンした。
  • レオクラブ千石店× - 会津若松市平安町
    千石店(初代・旧店舗)内に同居。レオクラブ閉店後は、千石店(旧店舗)の生鮮食品売り場の一部として増床。
  • アスピア高田店 - 会津美里町
    衣料品のみの取り扱い。現在はダイソー
  • ライオンドーホームセンター高田店
  • 初代 坂下店
  • アスピア坂下店(1997年(平成19年) - ?)- 会津坂下町
    衣料品のみの取り扱い。現在は、坂下中央店にあったTSUTAYAを移転する形で、TSUTAYA坂下店となっている。
  • 喜多方南店× - 喜多方市三丁目4782
    建物解体後は長年駐車場であったが、現在は喜多方腎泌尿器クリニック。
  • 初代 喜多方仲町店→喜多方店→喜多方仲町店(1981年(昭和56年)12月開店[3] - 2005年頃閉店・解体)
    元々ジャスコ喜多方店が進出する計画であったが、1977年(昭和52年)4月に出店を断念し、当社に用地を譲渡した店舗であった[4]。1981年12月に、屋上駐車場を完備し、専門店を入れた平屋建ての店舗として開店。
    2005年(平成17年)頃に建て替えのため解体され、2代目の喜多方仲町店として開店。
  • ライオンドーホームセンター西若松店→イエローハット西若松店
  • レオクラブ西若松店×
    レオクラブ一号店。当初は、ライオンドーホームセンター西若松店内に同居。イエローハットに業態転換する際に、右隣に新築移転した後に閉店。
  • ライオンドーホームセンター猪苗代店
  • レオクラブ駅前店 - 会津若松市中央3
    駅前店から道路を挟んだ裏側に存在した。閉店後、フィットネスクラブとなったが、2018年(平成30年)4月に解体。
  • 塩川店 - 耶麻郡塩川町東栄町2-2-1(1982年(昭和57年)7月開店[5] - 1996年(平成8年)頃閉店)
    地元の洋品店が核テナントとなった「ショッピングプラザプリティ」が入ったものの、ライオン堂であった建物左側の箇所は空き店舗のままであった。その後、建物右側にローソンが入居し、空きテナントだったスペースは解体されている。
    塩川町東栄町に出店する以前には、塩川町米沢町に店舗があった。
  • リオン・ドール七日町店(福島県会津若松市)現在の店舗とは異なる初代・旧店舗
    七日町店(初代・旧店舗)- 会津若松市西七日町21-12(1985年(昭和60年)11月28日開店[6] - 2018年(平成30年)5月13日閉店)
    近隣地の会津若松市西七日町5-33に移転し、2018年(平成30年)5月16日に新築移転オープンした。
中通り[編集]
  • 開成店 - 福島県郡山市開成6-252
    郡山市進出一号店。後にTSUTAYA開成店(レオクラブのフランチャイズ店)に業態転換し、2015年2月28日閉店。現在はセリア
  • 富田店 - 郡山市名郷田1番地
    現在はツルハドラッグ
  • レオクラブ二本松店
  • 大槻店
  • 浅川店
  • ライフポートわしお東店
    株式譲渡後の「わしお」(リオン・ドールの子会社)として営業していた店舗。エコスグループが営業を引き継ぐことが決まり、リオン・ドールへの転換が見送られたため、2018年(平成30年)3月25日閉店。現在はTAIRAYA白河東店。

新潟県[編集]

  • 津川店 - 東蒲原郡津川町(現:阿賀町)津川3513
    食品館と衣料館の2棟の構成だった。閉店後は、利活用されず廃墟となっている。
  • 石山店(1979年(昭和54年)開店 - 2009年(平成21年)1月31日閉店) - 新潟市東区東中島2-4-1
    跡地には、斜め向かい側にあったキューピット石山店が移転する形で開業。
  • 見附店( - 2000年(平成12年)2月27日閉店) - 見附市学校町1-16-15
    現在は、見附市市民交流センターネーブルみつけ。

栃木県[編集]

跡地は現在丸亀製麺大田原店。

秋田県[編集]

  • 秋田店(1964年(昭和39年)7月 - ?) - 秋田市秋田市民市場内)
    同社の県外一号店。日用品のみの取り扱い。

宮城県[編集]

  • 高森店(2005年(平成17年)3月 - 2006年(平成18年)1月)
    同社の宮城県一号店。ショッピングガーデンキャラウェイの核テナントとして居抜出店。

関連会社[編集]

  • 株式会社北関東リオン・ドール
  • 株式会社小池
  • 株式会社リッツコーポレーション青森県八戸市を中心に「三光ストア」として展開していたスーパーマーケットチェーン[注釈 3]。2014年に地元スーパーのユニバースの子会社になった後、ユニバースに吸収合併された。
  • 株式会社主婦の店サンユー
  • 株式会社レオクラブインターナショナル(リオン・ドール店内などに一般書籍とレンタルビデオ・CD店の「TSUTAYA」を運営)
  • わしお株式会社
  • 株式会社諏訪ストア

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 元々は、同じく会津地方を地盤としたスーパーマーケットチェーン「マルトミ」であったが、1977年にヨークベニマルに営業権を譲渡。
  2. ^ ロゴの配色は全く同じであるが、「サンリブ・マルショクグループ」では、「L」部分が丸くなっているのに対して(サンリブでは、斜め線が入る)、ライオン堂では「L」部分が直角であった。
  3. ^ ユニバース傘下になるまではCGCグループには属していなかった。また、ポイントカードはリオン・ドールのものと同一であるが、ポイント券はグリーンスタンプではなく独自のものを採用している(以前、ポイントカードシステムをブルーチップに加盟していたが、現在は同社の加盟店契約を解除している)。

出典[編集]

  1. ^ a b 株式会社リオン・ドールコーポレーション 第68期決算公告
  2. ^ 「リオン・ドールコーポレーション 「わしお」子会社化へ 県南地域の店舗増 /福島」毎日新聞』(毎日新聞社)、2018年1月20日、地方版(2018年4月23日閲覧)。
  3. ^ 「五十年史」生活協同組合コープあいづ、2009年、211頁。
  4. ^ 「ジャスコ 喜多方進出を断念」『福島民報縮刷版昭和52年4月号』、210頁(1977年(昭和52年)4月12日、朝刊2面)。
  5. ^ 「五十年史」生活協同組合コープあいづ、2009年、212頁。
  6. ^ 「「商工ニュース」【会津若松】ライオンドー七日町店オープン」『福島民報縮刷版昭和60年11月号』、756頁(1985年(昭和60年)11月30日、朝刊10面、会津版)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]