グリーンスタンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グリーンスタンプ株式会社
Green Stamp Co., LTD
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 グリーンスタンプ
本社所在地 日本の旗 日本
100-0005
東京都千代田区丸の内3-3-1新東京ビル8階
設立 1963年6月
業種 サービス業
事業内容 小売業の販売促進支援
代表者 春日政彦(代表取締役社長)  
資本金 1億円
売上高 392億円(2010年9月)
従業員数 400名(2010年9月)
外部リンク http://www.greenstamp.co.jp/
テンプレートを表示

グリーンスタンプ株式会社は、東京都千代田区に本社を置く小売業の販売促進支援をしている企業である。みどり会の会員企業であり三和グループに属している[1]

概況[編集]

カードでポイントをサービスし、貯まったポイントで交換できるカタログ商品などのプレミアムを提供。従来の紙のスタンプからポイントカードサービスの現在まで、40年以上にわたり小売業の販売促進支援に携わっている。販売促進の先駆企業である。現在では、多くの小売店がポイントカードを導入している。 現在、全国加盟店舗数は約22,400店舗、ポイントカード発行枚数は1,700万枚を超え、現在も増え続けている。

同社はベルマーク運動に参加しており、グリーンスタンプギフト券・店名入りのポイント券・従来の紙スタンプ券を貼った商品交換台紙(一部のスーパーなどでは、ポイント券のペーパーレス化もある)を、カタログに掲載されている商品との交換をする際にベルマーク(1枚ごとに2点)が配布される。

沿革[編集]

  • 1958年12月(昭和33年) 前身の株式会社丸善商店が組織したボランタリーチェーンで「マルエム・サービス券」を発行し、トレーディングスタンプ事業を開始
  • 1961年9月(昭和36年)「マルエム・サービス券」を「グリーンスタンプ」と呼称変更してスタンプ販売を創業
  • 1963年6月(昭和38年) 松下幸之助ほか日本有数の企業のトップの人々が発起人となってグリーンスタンプ株式会社を設立
  • 1987年1月(昭和62年) スタンプ発行会社と販売会社が分社・独立、同年カード事業を開始
  • 2001年9月(平成13年) ネットポイント事業「J-Point」開始
  • 2003年5月(平成15年) 東京都千代田区丸の内に本社を移転
  • 2007年12月(平成19年) プライバシーマーク付与の認定を受ける

支店[編集]

主な加盟店舗[編集]

北雄ラッキーリオンドールコーポレーション清水商事フレッセイオギノデリシアキシショッピングセンター万代おかやまコープエフコープ駿河屋魚一など 近年は全国SM・生協・いちまる・高田薬局・レッドキャベツ・ハローフーズ・ユーコープ・マキヤ・丸和など取引中止があった。

関連企業、団体[編集]

日本インターネットポイント協議会、株式会社国際旅行社、株式会社エルエスモード、ロータス株式会社、マルゼン商事株式会社、株式会社レイジースーザンなど

ロータスクーポン[編集]

グリーンスタンプ株式会社の子会社であるロータス株式会社が行っていたスタンプクーポンサービスのこと。1973年から開始。このクーポンに協賛する企業・団体の商品に添付し、消費者はそれを所定の点数集めることによって、商品・景品へ交換することができる。今日の「ポイントカード」サービスに近い概念のものであったが、2009年をもってロータスクーポン発行対象商品の発売は終了しており、交換についても2014年9月30日で終了することになった[2]

関連項目[編集]

  • ポイントサービス
  • ブルーチップ - グリーンスタンプ社と同様に、トレーディングスタンプから発展した小売業を中心に販売促進支援を行う企業。また、ポイントだけでポイント券のペーパーレス化もありうる。

外部リンク[編集]

脚注[編集]