サンライフ (大分県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社サンライフ
種類 株式会社
略称 サンライフ
本社所在地 日本の旗 日本
870-1143
大分県大分市大字田尻443番地の1
設立 1969年昭和44年)9月
業種 小売業
法人番号 4320001001291
事業内容 食品スーパーマーケット
代表者 田尻一郎(代表取締役社長
資本金 1,000万円
従業員数 正社員 60名
パートタイマー 400名
外部リンク www.sunlife-store.co.jp
テンプレートを表示

株式会社サンライフは、大分県大分市及び速見郡日出町で食品スーパーマーケットを展開するチェーンストアCGCグループに加盟している[1]

概要[編集]

1964年昭和39年)1月に新産業都市に指定され、大分臨海工業地帯の開発によって人口が急増した大分市では、昭和40年代に郊外で住宅団地の造成が盛んに行われた。当社は、そのような住宅団地のひとつである敷戸団地内に、1970年(昭和45年)4月に開店した敷戸ショッピングセンターを前身とする。

1976年(昭和51年)3月には、2号店となる羽屋店を開店し、同時に社名を株式会社サンライフに改めた。サンライフは、太陽を意味する「Sun」と生活を意味する「Life」の合成語。その後も、大分市郊外に出店を進め、1989年平成元年)には6店舗を有していた。

1997年(平成9年)以降は、500坪クラスの大型店舗を出店するとともに[2]、旧来の店舗を閉店して店舗の更新を進めている。これらの新店舗では、果物や野菜の名が店名とされ、店舗にもそのロゴが大きく掲げられる。

従来からの地名を店舗名とした旧業態の店舗は2012年(平成24年)9月30日の敷戸店閉店をもって消滅しており、現在営業している店舗は大分市3店舗、日出町1店舗の4店舗である。このうち、2012年(平成24年)11月に開店したMelon店は、市街地にあって充分な駐車場の確保が難しいため、隣接するレンブラントホテル大分と駐車場を共用している[3]

なお、当社は、長崎県雲仙市でスーパーマーケットを展開するサンライフ株式会社とは無関係である。

沿革[編集]

  • 1969年(昭和44年)9月 - 株式会社敷戸ショッピングセンターとして設立。
  • 1970年(昭和45年)4月 - 1号店となる敷戸ショッピングセンターが仮設店舗で開店。
  • 1973年(昭和48年)3月 - 敷戸ショッピングセンターの本店舗が開店。
  • 1976年(昭和51年)3月 - 2号店となる羽屋店開店。同時に商号を株式会社サンライフに変更。
  • 1978年(昭和53年)1月 - 稙田店開店。
  • 1981年(昭和56年)4月 - 津留店開店。
  • 1983年(昭和58年)11月 - 古国府店開店。
  • 1989年(平成元年)4月 - 田室店開店。
  • 1997年(平成9年)
    • 2月 - 羽屋店閉店。
    • 3月 - 大分市古国府にAppLe開店。
    • 9月 - 古国府店閉店。
  • 2000年(平成12年)
    • 3月 - 津留店閉店。
    • 10月 - 速見郡日出町平早水にORANGe開店。
  • 2003年(平成15年)
  • 2006年(平成18年)
    • 2月 - 稙田店閉店。
    • 3月 - 大分市大字田尻にtomato開店。
  • 2008年(平成20年)4月 - Carrot閉店。
  • 2012年(平成24年)

店舗[編集]

  • AppLe店 - 大分市古国府
  • tomato店 - 大分市大字田尻
  • Melon店 - 大分市田室町
  • ORANGe店 - 速見郡日出町平早水

過去に存在した店舗については前述の沿革を参照。

脚注[編集]

  1. ^ 株式会社シジシージャパン CGCグループ案内 全国の加盟企業 九州 大分県 閲覧
  2. ^ 流通BMSⓇ探訪 No.1 (PDF) 流通システム標準普及推進協議会、2009年11月24日
  3. ^ a b スーパーとホテル“握手” 駐車場を共用 大分合同新聞、2012年11月29日

外部リンク[編集]