ランドロームジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社ランドロームジャパン
LANDROME JAPAN.,LTD.
種類 株式会社
略称 ランドローム
ムラコシ
本社所在地 日本の旗 日本
274-0812
千葉県船橋市三咲5丁目9番7号
設立 1975年
業種 小売業
法人番号 3040001019090
事業内容 スーパーマーケット
代表者 代表取締役社長 村越淳司
資本金 5,000万円
外部リンク http://www.landrome.jp/
テンプレートを表示

株式会社ランドロームジャパン千葉県を営業基盤とするスーパーマーケット「ランドロームフードマーケット」を運営する企業である[1]。本社は千葉県船橋市三咲5丁目9番7号。1983年(昭和58年)にCGCグループに加盟した[2]。旧社名が「スーパームラコシ」だった[1]ため、年配者や改称以前からの利用者の中には「ムラコシ」と呼ぶ人もいる(店舗の看板や沿道の案内看板に「ムラコシ」や「Murakoshi」と併記されている)。

他社が不採算店として閉鎖した小型店を継承して多店化を進めて売り上げを伸ばした一方で、自社の小型店を他社に売却して撤退するなど店舗網の再編を進めた[2]

店舗[編集]

過去に存在した店舗[編集]

  • 日医大駅前店(印旛郡印旛村(現・印西市)[9]
    • 2000年(平成12年)3月24日に開店[9]2011年(平成23年)5月8日、東日本大震災による店舗建物の損害の改修を、建物所有者との折り合いがつかなかったことを理由に閉店。
  • ムラコシ竜ヶ崎店(龍ケ崎市)[1]
  • 牛久店(牛久市
    • 2010年(平成22年)10月14日に開店。2016年(平成28年)8月16日をもって閉店。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d “北関東・甲信越版 ランドロームジャパン、フードマーケット「龍ケ丘店開店」 日本食糧新聞(日本食糧新聞社) 1997年11月10日
  2. ^ a b c d “ランドロームジャパン・村越社長に聞く 今後は400坪型主力 日本食糧新聞(日本食糧新聞社) 1998年9月9日
  3. ^ “ランドロームジャパン・千葉ニュータウン店順調推移 日本食糧新聞(日本食糧新聞社) 1999年4月5日
  4. ^ “ランドロームジャパンが「接客サービス日本一」宣言 日本食糧新聞(日本食糧新聞社) 1998年9月14日
  5. ^ 店名は「ランドロームフードマーケット」ではなく「スーパーフードランドマーク」となっている。
  6. ^ “ランドロームフードマーケット八街吉田店来春一月八日開店めざす 千葉県八街市 タイハン特報(大量販売新聞社) 2003年6月5日
  7. ^ a b “ランドロームジャパン山武店、惣菜売店100尺に挑戦、平日の客数増に成果上げる 日本食糧新聞(日本食糧新聞社) 2001年10月8日
  8. ^ “ランドロームジャパン「フードマーケット龍ケ丘店」、銘柄牛品揃えで活性化 日本食糧新聞(日本食糧新聞社) 1998年9月7日
  9. ^ a b “ランドローム・ジャパン「日医大駅前店」がワインで新たな試み 日本食糧新聞(日本食糧新聞社) 2000年6月30日

外部リンク[編集]