雲仙市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うんぜんし
雲仙市
雲仙普賢岳
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
団体コード 42213-4
法人番号 7000020422134
面積 214.31km2
総人口 42,472[編集]
推計人口、2018年10月1日)
人口密度 198人/km2
隣接自治体 諫早市島原市南島原市
市の木 ヤマボウシ
市の花 ミヤマキリシマ
雲仙市役所
市長 金澤秀三郎
所在地 859-1107
長崎県雲仙市吾妻町牛口名714番地
北緯32度50分6.7秒東経130度11分15.1秒座標: 北緯32度50分6.7秒 東経130度11分15.1秒
雲仙市役所
外部リンク 雲仙市ホームページ

雲仙市位置図

― 市 / ― 町

 表示 ウィキプロジェクト

雲仙市(うんぜんし)は、長崎県島原半島西部に位置する

地理[編集]

隣接する自治体[編集]

地域[編集]

人口[編集]

Demography42213.svg
雲仙市と全国の年齢別人口分布(2005年) 雲仙市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 雲仙市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
雲仙市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 61,901人
1975年 60,107人
1980年 58,861人
1985年 57,380人
1990年 55,408人
1995年 54,048人
2000年 52,230人
2005年 49,998人
2010年 47,245人
2015年 44,115人
総務省統計局 国勢調査より

地名[編集]

雲仙市の地名は□□町○○のように合併前の町名を冠した後に字名が付く。
各町の地名の末尾に付するは「みょう」と読む。なお、吾妻町と小浜町を除く地域においては名の名称を十干に置き換えて地名を表記する。

住所表記として用いられる地名の他に、行政上の単位で、自治会としても用いられる行政区の所属についても併記する。

国見町(くにみちょう)

国見町+旧町村名を冠した十干で表記する。名の名称は現在用いられることは少ないが、行政区名には多く残る。

  • 国見町多比良甲(轟木名)
行政区: 轟木、港町、船津東(一部)、高下第3(一部)
  • 国見町多比良乙(船津名)
行政区: 船津東(一部)、船津中央、船津西
  • 国見町多比良丙(馬場名)
行政区: 馬場第1~2
  • 国見町多比良丁(高下名、こうげ)
行政区: 高下第1~3(3の一部除く)、金山(一部)
  • 国見町多比良戊(金山名)
行政区: 金山(一部)、魚洗川、百花台、小ヶ倉
  • 国見町土黒甲(下原名)
行政区: 北下原東、北下原西、南下原
  • 国見町土黒乙(川原田名、かわんた)
行政区: 川原田(一部)
  • 国見町土黒丙(尾茂名)
行政区: 尾茂、川原田(一部)
  • 国見町土黒丁(今出名)
行政区: 今出
  • 国見町土黒戊(篠原名)
行政区: 篠原
  • 国見町土黒己(宮田名)
行政区: 宮田
  • 国見町土黒庚(八斗木名、はっとぎ)
行政区: 八斗木
  • 国見町神代甲(西里名)
行政区: 西里、上古賀(一部)
  • 国見町神代乙(川北名)
行政区: 川西、川東
  • 国見町神代丙(神代名)
行政区: 下古賀、小路
  • 国見町神代丁(上古賀名)
行政区: 上古賀(一部)
  • 国見町神代戊(片田名)
行政区: 上里、片田、向町
  • 国見町神代己(東里名)
行政区: 東里、上古賀(一部)
  • 国見町神代庚(楠高名)
行政区: 楠高
  • 国見町神代辛(山ノ上名)
行政区: 山ノ上
瑞穂町(みずほちょう)

瑞穂町+旧村名を冠した十干で表記する。名の名称は現在用いられることは少ないが、行政区名には多く残る。

  • 瑞穂町西郷甲(栗林名)
行政区: 栗林
  • 瑞穂町西郷乙(馬場名)
行政区: 東(一部)
  • 瑞穂町西郷丙(古賀口名)
行政区: 東(一部)
  • 瑞穂町西郷丁(木場名)
行政区: 岩戸、西岩戸(一部)
  • 瑞穂町西郷戊(杉峰名)
行政区: 河内、杉峰、西岩戸(一部)
  • 瑞穂町西郷己(古江名)
行政区: 古江
  • 瑞穂町西郷庚(船津名)
行政区: 船津(一部)
  • 瑞穂町西郷辛(伊古名)
行政区: 伊古、船津(一部)
  • 瑞穂町伊福甲(大川名)
行政区: 大川
  • 瑞穂町伊福乙(高田名)
行政区: 横田、高田、桑田
  • 瑞穂町古部甲(岡名)
行政区: 岡
  • 瑞穂町古部乙(夏峰名)
行政区: 夏峰
吾妻町(あづまちょう)

吾妻町+名の名称で表記する。吾妻町は3村が合併(山田村、三室村、守山村※三室村は明治22年に守山村と合併)した自治体だが、大字および旧村名は使用しない。

  • 吾妻町牛口名(山田村 - 甲)
行政区: 牛口東、牛口3~4、山田馬場(一部)
  • 吾妻町馬場名(山田村 - 乙)
行政区: 山田馬場(一部)、永中(一部)
  • 吾妻町栗林名(山田村 - 丙)
行政区: 栗林、山田原、柿田(一部)
  • 吾妻町布江名(山田村 - 丁)
行政区:布江、柿田(一部)、黒仁田(一部)
  • 吾妻町川床名(山田村 - 戊)
行政区: 川床、牧ノ内、黒仁田(一部)
  • 吾妻町永中名(山田村 - 己、えいちゅう)
行政区: 永中(一部)、河内、吹ノ原
  • 吾妻町阿母名(山田村 - 庚、あぼ)
行政区: 大熊1~2、中阿母、阿母崎1~2
  • 吾妻町本村名(守山村 - 甲)
行政区: 三室1~3
  • 吾妻町木場名(守山村 - 乙)
行政区: 岩戸、三室4
  • 吾妻町平江名(守山村 - 丙)
行政区: 平木場、西光寺、田内川
  • 吾妻町古城名(守山村 - 丁)
行政区: 古庄、守山馬場、萩ノ本
  • 吾妻町田之平名(守山村 - 戊)
行政区: 田之平
  • 吾妻町大木場名(守山村 - 己)
行政区: 大木場、横田、田川原

新城は所属地区が不明。

愛野町(あいのまち)

愛野町+十干で表記する。大字名は現在用いられることは少ない。愛野町では大字を十干に置き換える。名は設置していない[1]

  • 愛野町甲(野井)
行政区: 新崎、川端、舟津、迫、順手、東、本町、本下、平和、八幡、原、有明(一部)、境ノ尾(一部)
  • 愛野町乙(愛津)
行政区: 新町、小無田、寺ノ尾、玉垣、浜口、サン・コーポラス、幸町、田端、中島、桜山、山沢、中野、浜、有明(一部)、境ノ尾(一部)
千々石町(ちぢわちょう)

千々石町+十干で表記する。名の名称は現在用いられることは少ない。大字なし。

  • 千々石町甲(北舟津名)
行政区:下石田、瀬々尾、中島、上町、中町、北元江、八ヶ島、南元江
  • 千々石町乙(南舟津名)
行政区: 犬丸、日ノ田、須ノ崎、金屋、釜
  • 千々石町丙(下峰名)
行政区: 上塩浜、下塩浜、塩屋、島、平和、大迫
  • 千々石町丁(上峰名)
行政区: 峯、中尾、河内、岡東、吾妻1~2、平畑、野取(一部)
  • 千々石町戊(野田名)
行政区: 上石田、上山頭、下山頭、寺ノ元、下狩場、上野田
  • 千々石町己(小倉名)
行政区: 神ノ下、森馬、白津、野取(一部)
  • 千々石町庚(木場名)
行政区: 桂ノ迫、飯岳、高野、西中組、東中組、己ノ鍔、白新田、下岳、上岳
小浜町(おばまちょう)

小浜町+名の名称で表記する。末尾の「名」の文字を削除している。小浜町は2町村が合併した自治体だが、旧村名を冠称していない。また、2町村での合併時に一部改称した地名もある。

  • 小浜町富津(小浜町 - 甲 / 富津名)
行政区: 木津、西小浦、東小浦、加美、日見、殿川
  • 小浜町北野(小浜町 - 乙 / 北野名)
行政区: 下山領、上山領、北村、北野
  • 小浜町北本町(小浜町 - 丙 / 北本村名)
行政区: 平松、羽毛合、少路、朝日山、東中、西中、宮ノ丁、田之中、刈水、北湯ノ崎、南湯ノ崎、新湯ノ崎
  • 小浜町南本町(小浜町 - 丁 / 南本村名)
行政区: 山ノ上、小浜病院、脇浜、上脇、新町、道前、びん串(鬢串)
  • 小浜町北木指(小浜町 - 戊 / 下木指名)
行政区: 日当、上須賀、中須賀、下須賀、小田崎、林ノ内、蔭平
  • 小浜町南木指(小浜町 - 己 / 上木指名)
行政区: 目付石、浜口、小田山
  • 小浜町雲仙(小浜町 - 庚 / 温泉名(うんぜん))
行政区: 小地獄、新湯、寺ノ馬場、古湯、別所
  • 小浜町金浜(北串山村 - 甲 / 金浜名)
行政区: 浜、野中
  • 小浜町木場(北串山村 - 乙 / 木場名)
行政区: 下木場、上木場、大木場
  • 小浜町大亀(北串山村 - 丙 / 大亀名)[2]
行政区: 大亀
  • 小浜町山畑(北串山村 - 丁 / 山畑名)
行政区: 小野河内、上区、中区、下区、原区、茂尾
  • 小浜町飛子(北串山村 - 戊 / 飛子名)
行政区: 菜切、清水、上方、浜方、影平、上光手、下光手
  • 小浜町マリーナ(平成初期、南・北本町の一部より分立)
行政区: マリーナ
南串山町

千々石町+十干で表記する。名の名称は現在用いられることは少ない。大字なし。

  • 南串山町甲(荒牧名)
行政区: 鬼池、白頭、板引、門山、樫峰、加例川、井手ノ上
  • 南串山町乙(尾登名、おのぼり)
行政区: 内原、上大良、妙見、椎木川、新山
  • 南串山町丙(京泊名)
行政区: 溜水、上木場、西浜、水ノ浦、田ノ平、塚ノ山、中ノ場、坂上奥、谷間川、小竹木

歴史[編集]

年表[編集]

行政区域の変遷[編集]

行政[編集]

市長[編集]

現職市長[編集]

2013年(平成25年)1月13日、52歳で初当選[3]無所属自由民主党公明党推薦)[3]、当日就任。2016年(平成28年)12月25日再選(56歳)[3]2017年(平成29年)1月13日再任。現在2期目で、任期満了日は2021年(平成33年)1月12日。
2013年(平成25年)1月29日選任、2月1日就任[4]。任期満了日は2017年(平成29年)2月1日就任。

歴代市長[編集]

首長の代数(歴代)の数え方は何種類もあるが、本節では a, b を添える形で書き分けながら解説する。表示欄では「代a」「代b」という名で2種類を記載した。a は就任のあるたびにカウントする方式に基づく代数であり、b は同一人物による連続就任をカウントしない方式に基づく代数である。a の方式を採っているは、八王子市弘前市[1]浜松市[2]など、b の方式を採っているのは、京都市[3]大垣市[4]などであるが、a と b の違いを認識しないまま単純に比較すると誤解が生まれる。雲仙市がどちらの方式を採っているかは未確認である。なお、返り咲きがあろうとも同一人物を1カウントとする方式もあるが、現状、雲仙市は該当しない。

代a 代b 氏名 就任年月日 退任年月日 備考
 公選市長
- - ( 未 確 認 ) 2005年平成17年)10月11日 2005年(平成17年)11月20日[* 1] 市制の施行に伴い、(未確認人物。通常なら前身自治体首長の一人)が市長臨時代理を務め、市長就任までの空位を埋める。
1 1 奥村 愼太郎 (おくむら しんたろう) 2005年平成17年)11月20日 2009年(平成21年)11月19日 第1回市長選挙で当選し、当日就任。
2 2009年(平成21年)11月20日 2012年(平成24年)11月19日 第46回衆議院議員総選挙に出馬するため、任期4年の3年目を満了した日に市長を辞任。
3 2 金澤 秀三郎 (かなざわ ひでさぶろう) 2013年(平成25年)1月13日 2017年(平成29年)1月12日 2013年(平成25年)1月13日、52歳で初当選[3]無所属自由民主党公明党推薦[3]。1期目4年を満了。
4 2017年(平成29年)1月13日 ( 現 職 ) 2016年(平成28年)12月25日再選[3]。現在2期目で、任期満了日は2021年(平成33年)1月12日。

市役所等[編集]

市役所[編集]

  • 本庁 - 雲仙市吾妻町牛口名714番地に所在。旧吾妻町役場。
  • 総合支所 - 6カ所あり(国見総合支所、瑞穂総合支所、愛野総合支所、千々石総合支所、小浜総合支所、南串山総合支所)。
  • 出張所 - 1カ所あり(雲仙出張所)

税務署[編集]

他の市民サービス施設[編集]

図書館[編集]
  • 雲仙市図書館
  • 瑞穂町公民館図書室
  • 吾妻町ふるさと会館図書室
  • 愛野町公民館図書室
  • 千々石町公民館図書館
  • 小浜町文化館図書室
  • 南串山町公民館図書室


スポーツ施設等[編集]
  • 長崎県立百花台公園(国見)---サッカー場、ソフトボール場、テニスコートなどがある。
  • 長崎県立千々石少年自然の家
  • 国見体育館
  • 瑞穂体育館
  • 吾妻体育館
  • 千々石体育館
  • 小浜体育館
  • 国見武道館
  • 吾妻武道場
  • 愛野武道場
  • 瑞穂弓道場
  • 小浜弓道場
  • 千々石相撲場


警察[編集]

消防・防災・救急救命[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

日本国外
  • 大韓民国の旗大韓民国求禮郡(くれぐん) - 2007年(平成19年)締結。
日本国内

立法[編集]

市議会[編集]

  • 定数:26
  • 2006年6月22日、市議会は雲仙市議会議員の政治倫理条例案を、全会一致で可決した。

県議会[編集]

衆議院選挙区[編集]

医療[編集]

  • 公立新小浜病院(雲仙・南島原保健組合)
  • 愛野記念病院

郵便事業[編集]

  • 郵便局 - 全部で16局
    • 集配局6局
      • 小浜郵便局、瑞穂郵便局、吾妻郵便局、国見郵便局、千々石郵便局、南串山郵便局
    • 無集配局6局
      • 愛野郵便局、小浜富津郵便局、北串山郵便局、雲仙郵便局、神代郵便局、吾妻大熊郵便局
    • 簡易郵便局4局

金融[編集]

経済[編集]

産業[編集]

農業[編集]

小浜温泉ほっとふっと105
雲仙観光ホテル

漁業[編集]

  • 北部(国見、瑞穂、吾妻)は有明海に、南部(愛野、千々石、小浜、南串山)は橘湾に面していて、漁業が盛んである。

観光業[編集]


教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

幼稚園[編集]

幼稚園はすべて私立である。

  • うせん辻幼稚園(学校法人みどり学園)
  • 小さき花の幼稚園(学校法人日向学院)

特別支援学校[編集]

保育所等[編集]

認定こども園[編集]

  • くにみこども園(学校法人国見学園 くにみ幼稚園 / 社会福祉法人国見愛育会 たいら保育園)
  • 小浜こども園(社会福祉法人 小浜会 / 小浜幼稚園・小浜保育園)

保育園[編集]

  • 土黒保育所
  • あさひ保育園
  • 八斗木保育園
  • 神代保育所
  • 中央保育園
  • 円福寺保育園
  • 岩戸保育園
  • 洗心保育園
  • 正覚寺保育園
  • 大福寺保育園
  • あそか保育園
  • 和光幼児園
  • 愛野保育園
  • すぎのこ保育園
  • どんぐり保育園
  • なかよし保育園
  • 木場へき地保育所
  • あすなろ保育園
  • 雲仙保育園
  • 恵燈保育園
  • 北串保育園
  • 飛子保育園
  • 富津保育園
  • 八幡保育園
  • 串山保育園
  • 南串保育園

交通[編集]

航空路線[編集]

最寄り空港は長崎空港

鉄道路線[編集]

バス路線[編集]

路線バス
高速バス

道路[編集]

高速道路
一般国道
主要地方道

海上路線[編集]

名所旧跡・行事等[編集]

雲仙の地獄
小浜温泉

名所旧跡等[編集]

行事等[編集]

  • 国見町サッカーフェスティバル
  • パラグライダー千々石カップ - 7月開催。
  • 鳥刺し踊り - 九尺で踊る。

地域にゆかりのある著名人[編集]

出身著名人[編集]

安土桃山時代以前の生まれ[編集]

江戸時代の生まれ[編集]

明治生まれ[編集]

大正生まれ[編集]

昭和生まれ[編集]

平成生まれ[編集]

地域にゆかりのある異邦人等[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 公職選挙法第102条の規定により、職務代理権の喪失は当選人の告示日と同日。前日ではない。

出典[編集]

  1. ^ 但し、長崎県南高来郡町村要覧.上編「愛野村」 (1893年 - 国立国会図書館デジタルコレクション)には、それぞれの大字に存在した「名」の地名の記載が見られる。
  2. ^ 角川日本地名大辞典 42 長崎県』のうち「大亀」の頁では、旧北串山村時代は山畑名の一部であった旨の記述があり、『長崎県南高来郡町村要覧.下編』のうち「北串山村」の頁では山畑名に統合されたとの記述があるが、いずれも当時の村内での行政上の区割りとみられる。
  3. ^ a b c d e f 選挙ドットコム
  4. ^ 雲仙市議会事務局 (2013年1月). “平成25年度1月”. 公式ウェブサイト. 雲仙市. 2018年4月5日閲覧。
  5. ^ 資料には「神代村出身」とあるが、当時は東西に分かれていた神代村の合併以前である。
  6. ^ 資料には「国見町出身」とあるが、当時はまだ成立しておらず、その前身にあたる多比良町と土黒村のいずれかである。
  7. ^ 資料には「瑞穂町出身」とあるが、当時は前身にあたる瑞穂村もまだ成立していない。
  8. ^ 確認できるのは母親の実家のみで、当人の生家が確認できないため、出身者には含めず、ゆかりある人物とした。

外部リンク[編集]