荒井崇博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
荒井 崇博
Takahiro Arai
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 荒井 崇博
あらい たかひろ
愛称 アラタカ[1]
生年月日 (1978-04-03) 1978年4月3日(40歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 177cm
体重 77kg
チーム情報
所属 日本競輪選手会佐賀支部
期別 82期
分野 競輪
役割 選手
特徴 先行・捲り
アマ所属チーム
1994-1997
佐賀龍谷高等学校
プロ所属チーム
1999-
日本競輪選手会佐賀支部
グランツール最高成績
主要レース勝利
ヤンググランプリ 2001
S級S班 2008
日本の旗 日本選手権 1kmTT 2003
最終更新日
2010年11月1日

荒井 崇博(あらい たかひろ、1978年4月3日 - )は、競輪選手長崎県出身[2]日本競輪学校第82期卒業。日本競輪選手会佐賀支部所属。師匠は佐賀支部長の原司(70期)。ホームバンクは武雄競輪場

経歴[編集]

佐賀龍谷高等学校在学中の1997年国民体育大会で個人スプリント2位などの実績を挙げ、日本競輪学校に第82期生として入学すると、同期に兵藤一也らがいる中で61勝を挙げて在校成績2位となり、さらに卒業記念レースを制覇する。デビュー戦は1999年4月2日佐世保競輪場で迎え、初勝利も同日。

2001年12月29日競輪祭で行われてきた新人王戦に代わるデビュー3年未満の選手によるGIIタイトル戦、ヤンググランプリがこの年から開催されたが、最終バックストレッチから豪快に捲って初代優勝者に輝く。

この間、荒井は競輪の傍ら、自転車競技の日本ナショナルチームのメンバーとして国際大会にも度々出場し、2001年、2003年世界自転車選手権では、ともに1kmタイムトライアルに出場(いずれも18位)。2003年の全日本自転車競技選手権では、1kmタイムトライアルで優勝。また競輪のほうでもGIでしばし準決勝に進出するなどして着々と力をつけていた。だが、2003年の世界選出場を契機に、自らナショナルチームからの離脱を宣言して自転車競技から決別する。

2004年8月に開催されたふるさとダービー福井競輪場)において、ビッグレースとしては初めて決勝へと駒を進め、3着に食い込む。しかしGIでは準決勝進出どまりの状態が続いていた。だが、2006年12月開催の全日本選抜競輪いわき平競輪場)で悲願のGI決勝進出(9着)。その決勝では熊本の合志正臣を連れて2センターから捲りを放ち、自らは捲り不発に終わったものの、マークの合志が荒井の動きに乗って直線で鋭く伸び、優勝を果たした。

2007年高松宮記念杯競輪(4着)、寬仁親王牌前橋競輪場。7着)で決勝へと進出。これらの実績により2008年は初代S級S班18名に選出された。

2018年5月1日、第72回日本選手権競輪初日一次予選第2R、中川誠一郎の捲り(上がり10秒6)に乗って1着。10秒4で[3]平塚競輪場バンクレコードを(24年ぶりに)更新した[4][5]。10月24日、九州地区プロのスプリントでライバル中川誠一郎を制して5連覇、通算7度目の優勝をした[1]

主な獲得タイトル[編集]

競走スタイル[編集]

自力戦法主体の選手で、馬力という点においては屈指のものを持ち、とりわけ捲りが決まった時の勝ちっぷりには目を見張るものがあるが、展開に嵌らなければ大敗するケースも少なくない。

競走における闘争心の凄まじさには並外れたものがあり、場合によって追込選手よりも激しい牽制や張りなどを見せるなど、自力選手らしからぬ気合を全面に押し出した走りが持ち味となっており、成績を安定させることができればGIタイトルを掴む可能性を十分に持つ位置にいた。

しかし競輪選手にとって重要な両膝の関節を痛めてしまい、手術から復帰した後は成績が安定しない状態が続いてしまっている。

エピソード[編集]

  • 伏見俊昭とは近年の競輪界では珍しいライバル関係にある。これは2005年に荒井の地元で開催されたふるさとダービーで伏見と併走の末に落車したことによるもので、以降度々荒井と伏見の同乗時に両者の激突が見受けられる。荒井がなかなかGIの決勝進出を果たせなかった理由として、準決勝で伏見と対戦する機会が多く、潰し合いにより行く手を阻まれたことにも起因している。
  • 師匠の原司が2007年のGIII(記念競輪)を2回制覇(平塚青森)したが、いずれのレースも、弟子である荒井が果敢に逃げた結果がもたらしたものだった。
  • 愛車はポルシェであり、パチスロが趣味である。

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]