渡部哲男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
渡部 哲男
Tetsuo Watanabe
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 渡部 哲男
わたなべ てつお
生年月日 (1979-11-29) 1979年11月29日(38歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 180cm
体重 84kg
チーム情報
所属 日本競輪選手会愛媛支部
期別 84期
分野 競輪
役割 選手
特徴 先行・捲り
アマ所属チーム
1996-1999
新田高等学校
プロ所属チーム
2000-
日本競輪選手会愛媛支部
グランツール最高成績
主要レース勝利
ヤンググランプリ 2002
S級S班 2008
最終更新日
2008年12月22日

渡部 哲男(わたなべ てつお、1979年11月29日 - )は、日本競輪選手会愛媛支部に所属する競輪選手新田高等学校出身。日本競輪学校第84期生。師匠は三木裕次。

経歴[編集]

競輪学校では、在校競走成績第1位。2000年4月1日にホームバンクである松山競輪場でデビューし、初勝利も同日。同年12月29日に開催されたルーキーチャンピオンレース立川競輪場)では、石毛克幸に次ぐ2着だった。

2年後の2002年ヤンググランプリ(立川)では、4角中位の位置から直線で鋭く伸びて優勝。翌2003年日本選手権競輪平塚競輪場)でGI初出場を果たす。

しかしGI、GIIでは苦戦続きで、上記の日本選手権以降、常時出場は果たすものの、3年あまりはこれといった実績を残すことができなかった。丁度その頃、渡部は吉岡稔真が主宰する「不動會」に入り、吉岡から練習等のアドバイスを仰いでいた。それが功を奏する形で、2005年3月に行われた地元の松山記念を制覇する。

2006年は大活躍の年となった。同年7月に行われた寬仁親王牌前橋競輪場)で初のGI優出を決める(4着)。続く同年8月に開催されたふるさとダービー富山競輪場)では、優勝した平原康多を鋭く追い詰め2着。また同年12月開催の全日本選抜競輪いわき平競輪場)でも決勝へ進出した(8着)。

2007年は、寬仁親王牌で再び決勝へと駒を進め、優勝した小嶋敬二に続く2着に入った。また初代S級S班選手にも選出された。

その他[編集]

  • デビュー以来自力型の選手として活躍していたが、2014年に追い込み型への転向を宣言している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]