高木隆弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「髙木隆弘」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
高木 隆弘
Takahiro Takagi
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 高木 隆弘
たかぎ たかひろ
愛称 トカちゃん
生年月日 (1969-05-20) 1969年5月20日(49歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 171cm
体重 82kg
チーム情報
所属 日本競輪選手会神奈川支部
期別 64期
分野 競輪
役割 選手
特徴 追込
プロ所属チーム
1989-
日本競輪選手会神奈川支部
グランツール最高成績
主要レース勝利
高松宮記念杯競輪 1998、2001
全日本選抜競輪 1993
ふるさとダービー 1回
新人王 1991
最終更新日
2010年8月14日

高木 隆弘(たかぎ たかひろ、1969年5月20日 - )は、日本の競輪選手東京都台東区出身。日本競輪学校第64期卒業。日本競輪選手会神奈川支部所属。師匠は小門道夫。初出走は1989年8月5日西武園競輪場で初勝利も同日。血液型A。

戦績[編集]

法政大学第二高等学校在学中は陸上競技を行っていたが、友人である出口眞浩の勧めにより、高校卒業後に日本競輪学校を適性試験で受験し合格する。競輪学校は28位での卒業で、当初は小田原競輪場を練習拠点とした。やがてデビュー直後から素質が開花して活躍を見せ、同期の学校成績上位であった三宅伸有坂直樹と並んで『64期三羽烏』と評されるまでになり、1991年には競輪祭新人王戦で優勝し新人王を獲得すると、1992年には早くも獲得賞金上位で地元開催のKEIRINグランプリに出場している(4着)。

そして1993年には全日本選抜競輪での特別競輪初優勝でトップ選手の仲間入りを果たし、直後に宇都宮競輪場で開催されたオールスター競輪決勝では出口眞浩らと神奈川勢による「法政二高カルテット」を結成して地元の神山雄一郎に対抗したが、最後の直線で神山に交わされ2着となった。しかし同年12月には玉野競輪場で開催されたふるさとダービーも制しており、翌1994年いわき平競輪場で開催されたオールスター競輪決勝では出口眞浩に優勝をプレゼントする形で2着に入っている。

1997年には練習地を平塚競輪場に移動。その後も1998年2001年高松宮記念杯競輪を制しており、2004年に地元の花月園競輪場で開催されたオールスター競輪決勝では、別地区の先行選手である井上昌己と即席ラインを組み、2人でラスト1周付近から後方集団より抜け出したが、直線で井上との一騎討ちに敗れ2着となった。

しかし40歳代を迎えた現在でも大舞台での活躍を続けている。

主な獲得タイトル[編集]

競走スタイル[編集]

デビュー後しばらくは自在戦法であったが、現在は追込選手として活躍している。全盛時は直線でのダッシュ力だけでなく、後方から迫ってくる選手を体当たりでブロックする「張り」という技術にも長けていて、他の自力選手から恐れられていた。

最盛期は吉岡稔真に対抗意識を燃やす「吉岡キラー」の一人として有名で、2001年に優勝した高松宮記念杯の決勝では吉岡を2発の「張り」で着外に沈めたプレーが絶賛されたほどである。

エピソード[編集]

  • 若い頃の風貌が渡嘉敷勝男に似ていたため「トカちゃん」というニックネームがつけられている。
  • 2004年5月25日放送の『ぷっ』すまの試して足して体感チャレンジクイズのコーナーで、小倉優子に「そば屋の出前みたい」と言われた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]