猪俣康一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

猪俣 康一(いのまた こういち、1976年5月11日 - )は、競輪選手。元マウンテンバイクレース(MTB)選手・元モトクロス選手。神奈川県横浜市出身。日本競輪選手会愛知支部所属。日本競輪学校第99期卒業。現在の師匠は山内卓也

来歴[編集]

神奈川県立釜利谷高等学校出身。

MTBのダウンヒル及びフォークロス部門において、日本では草分け的存在の選手だった[1]1996年頃より、本場であるアメリカ合衆国の名門チームと称される、YETI(イェティ)ファクトリーチームの一員として2年間活動した。その後、MTBでの活動を継続しながら、モトクロスの国際B級ライセンスを取得したことで活動拠点を広げたが、2007年10月、いずれの活動からも引退を表明した[2]

その後競輪選手を目指すため、福島県に所在する大谷競輪選手養成所に入所[3]し、日本競輪学校第99回適性入学試験に合格した。同校在校競走成績は36勝を挙げ第3位となり、適性試験入学者としては第1位を記録した。

なお競輪学校入学にあたっては、同じく元モトクロスライダーで国際A級ライセンス保持者だった小林正治(東京・77期)に師事していたが、在学中に小林が引退を表明したため、小林の同期である山内を紹介される形で、デビューから山内に師事している[4]

2011年1月15日一宮競輪場でデビューし3着。初勝利は同年同月25日の松阪競輪場で挙げた。同年8月19日の高松競輪場でA級チャレンジ3場所連続完全優勝を果たし、A級2班に特別昇級した[5]。そして同年9月1日、岐阜競輪場で行われたルーキーチャンピオンレースを優勝した。

2013年12月29日立川競輪場で行われたヤンググランプリに出場し優勝。同レース史上最年長記録となる37歳での達成だった。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]