小林正治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 正治(こばやし まさはる、1973年2月10日 - )は、東京都を登録地としていた元競輪選手。元モトクロス国際A級選手。日本競輪学校第77期生。競輪選手における師匠は高橋洋一(競輪学校47期生)。

来歴[編集]

幼年時代にポケバイをはじめ、その後モトクロスに転身。国際A級ライセンスを取得し活動した。

その後、日本競輪学校第77期生として同校に入校。在校競走成績は86勝を挙げ第一位。そして卒業記念レースでも優勝。

1996年4月17日立川競輪場でデビューし1着。後2日間も勝ち、デビュー場所で完全優勝を果たした。

1997年及び1998年全日本新人王戦小倉競輪場)で決勝に進出。1997年は9着、1998年は3着に入った。

2011年3月17日選手登録削除。通算成績1075戦185勝。通算優勝回数12。

競輪選手引退後、うどん屋を経営している。

また、同じくモトクロス出身者である猪俣康一(競輪学校99期生)の師匠となった。

パンサーの「競輪、はじめました。」などで解説者として出演もする。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]