宮越大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮越 大(みやこし だい、1974年9月6日 - )は、富山県富山市出身の競輪選手日本競輪選手会富山支部長[1]日本競輪学校第77期生。師匠は笹倉重治(48期)。弟は82期の競輪選手、宮越孝治

来歴[編集]

富山県立富山工業高等学校を経て競輪学校入学。在校競走成績は69位(5勝)。

1996年4月14日名古屋競輪場でデビューし2着。初勝利は同年4月28日甲子園競輪場

2015年7月1日より実施される、競輪の後期級班別ランキングにおいて、40歳にして初めて、S級S班を除く、競輪界最高ランクであるS級1班選手となることが決まった[2]

脚注[編集]

関連記事[編集]

外部リンク[編集]