宮越孝治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮越 孝治(みやこし こうじ、1979年1月18日 - )は、富山県富山市出身の競輪選手日本競輪学校第82期生。師匠は笹倉重治(48期生)。77期生の宮越大は実兄。

来歴[編集]

富山県立富山工業高等学校を経て競輪学校入校。在校競走成績は第6位(38勝)。

1999年4月14日大津びわこ競輪場でデビューし初勝利。翌日、翌々日も勝利し、デビュー場所で完全優勝。同年12月29日立川競輪場で開催されたルーキーチャンピオンレースを優勝。

2013年8月2日小松島競輪場で勝利した後連勝を続け、9月7日大垣競輪場でS級特進を果たした[1]。さらにその直後に出走した、9月18日開幕の小松島でも勝ち続け、9月20日の決勝戦も制して12連勝を達成した[2]。その後、10月2日の高松S級予選を勝って13連勝を果たしたが、翌3日の同場S級準決勝で4着に敗れ、連勝記録は途絶えた。

参考文献[編集]

  1. ^ S級特進!!! - ☆コバ ケンヤデスケイリンデス☆ 2013年9月7日付
  2. ^ やっちゃったよ - ☆コバ ケンヤデスケイリンデス☆ 2013年9月21日付

外部リンク[編集]