松岡篤哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松岡 篤哉(まつおか あつや、1982年6月28日 - )は、岐阜県大垣市出身の競輪選手日本競輪学校第97期生。師匠は山口富生(68期)。

来歴[編集]

小学校の頃から、走幅跳三段跳を中心に陸上競技で活動。岐阜県立大垣商業高等学校時代には高校総体等で、両方の種目で入賞歴を有する。2000年には大垣市の少年スポーツ栄誉賞を受賞[1]した。その後、東海大学でも両種目で活動したが、実業団に入ると三段跳の成績が伸び悩んだため、一旦競技活動から退いた。その後、走幅跳一本に絞ることを決意して、2006年に競技活動を再開。同年ののじぎく兵庫国体では4位に入った。しかし、目標としていた2007年日本陸上競技選手権大会では9位[2]に終わったため、これを契機に陸上競技から競輪へ転向する決意を固めた。

2008年、競輪学校に入校。在校競走成績は第4位(41勝)。

2010年1月1日、ホームバンクの大垣競輪場でデビューし3着。初勝利は同年1月3日の同場で決めたが、このレースは決勝戦であったため、デビュー場所で初優勝を果たした。同年9月26日岐阜競輪場で行われたルーキーチャンピオンレースで優勝。

2011年ヤンググランプリ平塚競輪場)に出場し7着。

2012年、再びヤンググランプリ(京王閣競輪場)に出場し優勝[3]

参考文献[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]