国持一洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

国持 一洋(くにもち かずひろ、1951年10月12日[1] - )は、静岡県を登録地としていた元競輪選手日本競輪学校(以下、競輪学校)第28期生[1]。選手登録番号は8374[1]

競輪学校第41期生の元競輪選手、国持晴彦は実弟。

来歴[編集]

高校時代、国民体育大会自転車競技で3年連続優勝を果たした。競輪学校では80勝を挙げ、在校競走成績第1位。

1973年全日本新人王戦小倉競輪場)優勝。

1986年4月30日、登録消除。

主な特別競輪での記録[編集]

以後、特別競輪(現在のGI)ではマーク選手として名を上げ、8度の表彰台を経験したが、一度も優勝することができず、『無冠の帝王』と呼ばれた。また、1984年当時まで存在した全ての特別競輪で2位を記録している。

1974年

1977年

1979年

1980年

  • 日本選手権競輪(前橋競輪場) 2位
  • 競輪祭(小倉競輪場)2位

その他の記録[編集]

  • 記念競輪(現在のGIII)では、通算39回優勝している[2]
  • 1981年、日本選手権競輪のゴールデンレーサー賞を勝った。

クリスチャン[編集]

国持はその後、夫人の影響を受け、エホバの証人を篤く信仰するようになり、競輪選手としての活動よりも、聖書研究のほうに傾倒するようになったという。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 競輪三十年史、資料p.255 - 日本自転車振興会、1978年11月20日発行
  2. ^ 記念優勝回数(20回以上)