渡辺孝夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡辺 孝夫(わたなべ たかお、1949年3月25日 - )は、大阪府を登録地としていた元競輪選手日本競輪学校第29期生。

来歴[編集]

中京大学時代、1970年和歌山競輪場で行われた全日本大学対抗選手権自転車競技大会(通称:インカレ)の1000mタイムトライアルで優勝[1]。また、同年の全日本アマチュア自転車競技選手権大会(通称:全アマ)の同種目でも優勝した[2]

競輪学校では卒業記念レースで2位に入った。1972年4月16日岸和田競輪場(以下、岸和田)でデビューし初勝利。その後の2戦も勝ち、デビュー場所で完全優勝。

1974年競輪祭・新人王戦小倉競輪場、以下 小倉)で完全優勝[3]

1978年オールスター競輪西宮競輪場、6位)と競輪祭・競輪王戦(小倉、4位)で決勝進出。

2000年2月13日、岸和田で通算300勝を達成。

2006年1月27日選手登録削除。通算成績2721戦317勝。

また、1973年1981年トラックレース世界選手権に出場した。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]