木村実成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木村 実成(きむら みなる、1941年2月8日 - )は、元競輪選手

来歴[編集]

日本競輪学校第15期生。日本競輪選手会群馬支部に在籍していた。師匠は鈴木保巳。登録番号7023。

1961年7月1日小松島競輪場でデビューし3着。

1964年競輪祭新人王戦を完全優勝

1966年、第11回オールスター競輪一宮競輪場)優勝。

2001年8月9日選手登録削除。通算勝利数597。

エピソード[編集]

  • 木村のオールスター優勝がきっかけとなり、後に群馬王国と言われる競輪界の一大勢力が築かれることになる[1]
  • 稲村成浩(群馬)の『成浩』の命名についての話。成浩の父・雅士が命名に際し、尊敬する木村夫妻の名前から、それぞれ一文字ずつ取ったとされている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 月刊競輪2004年8月号
  2. ^ 競輪選手稲村成浩で~す