伊藤豊明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 豊明(いとう とよあき、1958年5月25日- )は、愛媛県今治市出身の元競輪選手日本競輪学校第41期生。同期には井上茂徳らがいる。師匠は越智淳三郎。

経歴[編集]

ゲリラ戦法[編集]

デビュー戦は1978年5月13日の、ホームバンク・松山競輪場で迎え、初勝利も同日。また、同開催完全優勝を果たす。

5年後の1982年に開催された高松宮杯競輪では決勝に進出するも6番車で、全く人気がなかったが、直線に入って鋭く後方から脚を伸ばし、完全優勝目前と見られた尾崎雅彦をゴール前差し切って、自身も思いがけない特別競輪(現在のGI)での優勝を果たす。予選では伊藤を連れた越智祥泰が500バンクの赤板前から2車で後続をぶっ千切って飛び出す(暴走失格)逃げに乗って一着で通過、審議にはかかったものの、連に絡んだ伊藤は暴走にはならずセーフ。ここからこの開催での伊藤のツキが始まった、決勝では伊藤自身、ラインを組んでの競走ができなかったことから、いわゆるゲリラ戦法という、ラインの切れ目を狙って好位置を確保し、直線に入って一気に勝負をつけるという走り方を試みた結果、それが見事に当たった。当時は四国勢といえば選手層も薄く、そのため、以後も伊藤はゲリラ戦法を駆使した戦いを続けることになる。

しかも伊藤は、この優勝を期に力をつけ、2年後の1984年あたりからはすっかりGI決勝の常連として君臨。1985年が初開催となったKEIRINグランプリ立川競輪場)でも、9名の選手の内の一人として選出された。

「非情の番手捲り」[編集]

1986年、伊藤は2つめのGIタイトルを得ることになる。岡山本田晴美が台頭してきて、同年のオールスター競輪決勝(いわき平競輪場)では本田の番手に入ることになった。果敢にホームから逃げた本田に対し、伊藤はがっちりと番手を固めた。佐々木昭彦井上茂徳中野浩一を引き連れた野原哲也を野原の同期・本田が突っ張りきると、伊藤の後ろに入った小門洋一と切り替えた井上で競りになる。伊藤の後ろが見えにくかったためか、最終2センター付近において、本田はその時点で流してしまったこともあって、伊藤は本田に力がなくなったと思って、本田を番手捲りした。伊藤はそのまま押し切って優勝を果たしたが[1]、レース後、8着に終わった本田が暗に伊藤の番手捲りを批判。また伊藤も後日、「オールスターでは本田君に悪いことをした。」と謝罪表明する羽目になった[2]。また小門洋一もレース前のコメントでは本田と同地区の伊藤に番手を譲ると言明していたが、レース後「伊藤が番手捲りに行くのなら、自分が本田の番手を競るべきだった。」と戦法を後悔したという。なお本田と小門は結局特別競輪のタイトルは無縁だった。

1988年、現在は共同通信社杯競輪の名称となっている、競輪発祥40周年記念レースとして平塚競輪場で開催された、「ルビーカップ・チャンピオン杯」に出場。逃げる滝澤正光、番手に入り込んだ中野浩一の3番手からレースを進め、直線でまとめて2人を抜き、見事初代優勝者に輝いた。

伊藤のタイトル獲得歴は以上だが、以後も1997年頃まではGIには常時出場。その後は現役選手の傍ら、愛媛支部の支部長の職に就くなど、選手会の仕事にも尽力した。2008年3月31日、ホームバンクの松山で行われたA級決勝戦(8着)を最後に現役を引退。同年4月10日、選手登録を削除された。通算戦績2456戦405勝、優勝64回。

松山競輪場では彼を称え、2008年から伊藤豊明杯争奪戦が行われる。

2018年2月1日付で、日本名輪会入りした[3]

主な弟子[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「サイクルにっぽん」平オールスター特集映像(1986年)より
  2. ^ KEIRINグランプリ'86の共同記者会見での発言
  3. ^ 競輪・名輪会に新規会員 - 西日本スポーツ、2018年2月1日