高橋光宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 光宏(たかはし みつひろ、1962年7月19日[1] - )は、元競輪選手群馬県高崎市出身[1]日本競輪学校第56期卒業[1]。日本競輪選手会群馬支部所属[1]。師匠は松岡征四郎[1]血液型はB型[1]。自転車はサムソン。愛称は「ミツ

戦績[編集]

1962年7月19日群馬県高崎市に生まれる[1]群馬県立高崎工業高等学校では自転車部に在籍[2]。卒業後2年間製鉄会社に勤務するが、賃金の低さに不満を覚え[2]日本競輪学校に入学。在校成績は43勝で6位だった。

初出走は1985年9月14日豊橋競輪場で、初勝利も同日[1]。デビュー当初から追い込みを得意戦法とした[3]。デビュー後は順調にS級に昇格し、1994年には第10回全日本選抜競輪特別競輪(現在のGI)初優勝を果たす。ただ、この時は初戦の一次予選特別選抜競走[† 1]失格しており、失格選手が優勝したという矛盾が問題となった。これを受けて1992年に制定された「特別競輪で失格した選手は次の特別競輪に斡旋しない」というルールが、1995年より「特別競輪でも失格即欠場」というルールに改められた[† 2]

しかし翌1995年の第38回オールスター競輪で優勝し、2つ目のタイトルを獲得したことで、自らその実力の高さを証明して見せた。

40歳を超えてからも長い間S級で活躍し、さわやかな好青年ぶりで人気が高かったが、2011年下半期からのA級降格が決定したこともあり、2011年6月22日向日町競輪場第6RS級一般戦8着をもって現役引退を表明した。

2011年6月27日、選手登録削除。通算成績2024戦257勝、優勝23回(うち特別競輪2回)。

主な獲得タイトル[編集]

競走スタイル[編集]

高橋曰くあまり攻撃的な性格ではなく、番手で競るよりも競らずに3番手につけることをよしとする[4]。典型的な追込選手。しかし「ここ一番」という時の実力には目を見張るものがあり、決勝レースに出走した時は、かなりの好成績を残している。現在評論家の緒方浩一は、高橋の競走について「三番手を回らしたら日本一」と評価していた。高橋は瞬発力と展開、コース取りなどに関する判断のよさが自身の武器であると述べている[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 着順に関係なく、全員が二次予選に勝ち上がれるレース。
  2. ^ ただし、基本的に次の特別競輪には斡旋される。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 競輪打鐘読本、86頁。
  2. ^ a b 競輪打鐘読本、87頁。
  3. ^ 競輪打鐘読本、88頁。
  4. ^ 競輪打鐘読本、89-90頁。
  5. ^ 競輪打鐘読本、90頁。

参考文献[編集]

  • 『競輪打鐘読本 バンクの"鬼"たちが叫びまくる!』宝島社〈別冊宝島343〉、1997年。ISBN 978-4-7966-9343-1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]