中川誠一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中川 誠一郎
Seiichirō Nakagawa
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 中川 誠一郎
なかがわ せいいちろう
生年月日 (1979-06-07) 1979年6月7日(40歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 174㎝
体重 78㎏
縁故選手 妹:中川諒子(102期)
義弟:吉成晃一(92期)
叔父:瀬口孝一郎(23期、引退)
従兄:瀬口慶一郎(77期)[1]
チーム情報
所属 日本競輪選手会熊本支部
期別 日本競輪学校85期生
分野 競輪 & トラックレース
役割 選手
特徴 自在
プロ所属チーム
2000 -
日本競輪選手会熊本支部
グランツール最高成績
主要レース勝利
【競輪】
日本選手権競輪 2016.5
全日本選抜競輪 2019
高松宮記念杯競輪 2019
S級S班 2017
【自転車競技】
アジア競技大会
・スプリント(2014)
日本選手権
・1㎞TT(2011、2013)
・チームスプリント(2011)
最終更新日
2019年6月17日

中川 誠一郎(なかがわ せいいちろう、1979年6月7日 - )は、日本の競輪選手自転車競技選手。熊本県熊本市出身。日本競輪学校第85期卒業。日本競輪選手会熊本支部所属。師匠は従兄の瀬口慶一郎(77期)。

実妹の中川諒子女子競輪選手(102期)[2]、義弟(涼子の夫)の吉成晃一も競輪選手(92期)。

戦績[編集]

熊本大学教育学部附属小学校・同中学校[3]真和高等学校を経て日本競輪学校に85期生として入学。在校成績4位で卒業記念レースを優勝した。

卒業後は2000年8月15日、ホームバンクの熊本競輪場でデビューし1着。後2日間も勝利し、デビュー場所で完全優勝。

GIIヤンググランプリに3年連続で出場(2001年・8着、2002年・9着、2003年・7着)した経験を持つが、2015年現在、同大会で同実績を持つのは中川だけである。この他、2007年トラックレース世界選手権・1kmタイムトライアル(11位)にも出場経験がある。

2003年1月、第44回朝日新聞社杯競輪祭でGI初出場(二次予選9着敗退)。

2012年ロンドン五輪日本代表。

2013年11月、第55回朝日新聞社杯競輪祭でGI出場11年目にして、初の準決勝進出(7着敗退)。

2014年7月、第23回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント弥彦競輪場)でGI初の決勝進出[4][5](先行するも6着)。9月、前橋競輪場バンクレコードを更新(8秒8)[6]

2016年3月、残るアジア1枠を個人スプリントでアジズル・ハスニ・アウァンと競っていたが、世界選手権en)にてランキングで上回り、日本のリオ五輪出場枠を得た。アウァンは中川に「あなたから刺激を受けて、私は頑張ることができた」と祝福した[7]。4月6日、リオ五輪日本代表(スプリント)に選出された[8]

直後に熊本地震が発生し、それを反映して熊本地震被災地支援競輪として開催された第70回日本選手権競輪静岡競輪場)では一次予選からオール2着で勝ち上がり[9]特別競輪(GI)2度目[10]の決勝進出を果たす。5月5日の決勝戦では、最終ホームで最後方から単騎の大まくりを仕掛け、後方を引き離す圧勝でGIを初優勝した[11][12](熊本勢のGI制覇は2006年全日本選抜競輪合志正臣以来)。

同7月2日には、QVCマリンフィールドで「スポニチスペシャルデー」として行われたロッテ対オリックス戦の片山萌美による始球式で捕手を務めた[13]。10月には、熊本記念久留米にて代替開催)で、2009年の松阪以来となる、自身通算3度目のGIII制覇(2004年京王閣の協賛GIIIを含む)を果たした[14][15]

2018年7月1日、GIII宇都宮開設記念の優勝で、通算400勝(1380レース目)を飾った[16][17]。また、初日の6月28日には同場のバンクレコードを更新(13秒1)した[18]。10月の第27回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント(前橋競輪場)では、6度目の理事長杯出走で5着となり[19]、2日目の優秀競走ローズカップに自身初の出走を果たして脇本雄太(福井)の番手から1着をとった[20](しかし準決勝で7着敗退)。

2019年2月11日別府競輪場でのGI初開催となった全日本選抜競輪で、地元九州勢の中からただ一人勝ち上がり、3年ぶり通算3度目の決勝進出[21]。39歳8か月でほぼ一周を逃げ切り優勝し、同じ単騎戦で2つ目のGIタイトルを獲得した[22][23][24][25]。開催前には尊敬する別府のグランプリホルダー・小野俊之[26]が不参加なことを嘆いてもいた[27]

6月16日岸和田競輪場で行われた高松宮記念杯競輪決勝で、鐘前からカマシ先行した脇本雄太の番手から差し切って優勝。2019年2回目のGI制覇となった[28][29]

自転車競技での戦績[編集]

2004年

2007年 - 2009年

  • 全プロ・1kmTT 準優勝

2011年

2012年

2013年

  • 世界選手権に出場
  • 全プロ・スプリント 優勝
  • 全日本選手権・1㎞TT 優勝

2014年

2015年

  • 全プロ・スプリント 優勝(3連覇)

2016年

2018年

  • 全プロ・スプリント 優勝

主な獲得タイトル[編集]

日本記録[編集]

  • 200mFTT 9秒702(2013年1月19日 メキシコ・アグアスカリエンテス)
  • 1kmTT 1分0秒017(2013年12月7日 メキシコ・アグアスカリエンテス)
  • 男子チーム・スプリント250m×3 43秒092 Cyclo Channel Tokyo(河端朋之、中川誠一郎、渡邉一成)(2013年12月5日 メキシコ・アグアスカリエンテス)[34]

バンクレコード[編集]

注・出典[編集]

  1. ^ 選手プロフィール - チャリロト.com
  2. ^ 元モデル・田中ら弥彦“スピリッツ”4人が合格 - スポニチアネックス2011年2月26日付記事
  3. ^ 中川誠一郎君(附属小・中卒)リオデジャネイロ五輪へ - 熊本大学教育学部附属中学校 執行部ブログ 2016年7月3日
  4. ^ レース出走表・結果・払戻金詳細 | 弥彦競輪 G1 寛仁親王牌・世界選手権記念 3日目(2014年07月20日) 12レース - Kドリームス
  5. ^ 中川誠一郎G1決勝3連勝!元代表の意地/岸和田 「中川誠一郎の全G1決勝成績」 - 日刊スポーツ、2019年6月17日
  6. ^ なお中川は、2014年5月の井上昌己松阪競輪場)と2018年5月の荒井崇博平塚競輪場)の、バンクレコード更新にも貢献した。
  7. ^ 2016年トラック世界選手権 3月4日(金) 大会第3日レポート - KEIRIN.JP、配信日:2016年3月5日
  8. ^ リオ自転車トラック競技代表に渡辺一成ら
  9. ^ 第70回日本選手権競輪(GI) 優勝者の横顔
  10. ^ 【静岡ダービー】熊本出身中川がG1初V!被災地へ勇気と元気届けた - スポニチ、2016年5月6日
  11. ^ 被災地支援競輪第70回日本選手権競輪・決勝 Keirin-JP 2016-5-5
  12. ^ 2016.05.13 シューティングスタープレス 中川誠一郎 - 月刊競輪WEB
  13. ^ 片山萌美、観客の視線くぎ付け - スポニチ、2016年7月3日
  14. ^ 中川誠一郎が快勝、悲願の熊本G3初制覇/久留米 - 日刊スポーツ、2016年10月23日
  15. ^ 中川が地元記念初V 熊本代替G3 【久留米】 - 西日本新聞、2016年10月24日
  16. ^ 宇都宮競輪GⅢ開設69周年記念「宇都宮ワンダーランドカップ争奪戦」中川記念5V&(通算)400勝 - 競輪スポニチ、2018年7月2日
  17. ^ 中川400勝でG3 5度目V 開設記念 【宇都宮】 - 西日本新聞、2018年7月2日
  18. ^ 中川誠一郎、半端ないバンク新記録13秒1/宇都宮 - 日刊スポーツ、2018年6月28日
  19. ^ 井上-園田 利根の流れに乗った 九州王国再興へ - 西日本スポーツ、2018年10月6日
  20. ^ 【前橋】中川 悲願ローズC制覇!初出場であっさり快勝 - スポニチ、2018年10月7日
  21. ^ “誠一郎 踏み切る 九州王国再興へ”. 西日本スポーツ (西日本新聞社). (2019年2月11日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/keirin/article/486020/ 2019年2月13日閲覧。 
  22. ^ “中川誠一郎が単騎で逃げ切り2度目のG1制覇/別府”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年2月11日). https://www.nikkansports.com/public_race/keirin/zennihon/2019/news/201902110000482.html 2019年2月11日閲覧。 
  23. ^ “中川誠一郎オニアツ快挙!単騎で逃げ切り2冠/別府”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年2月12日). https://www.nikkansports.com/public_race/keirin/zennihon/2019/news/201902120000075.html 2019年2月12日閲覧。 
  24. ^ “【記者コラム】中川VS脇本3月大垣GⅡで実現?!”. スポーツニッポン. (2019年2月13日). https://keirinsponichi.jp/keirin_news/【記者コラム】中川vs脇本3月大垣gⅡで実現⁈/ 
  25. ^ shio_sportsのツイート(1094895680588439552)シオスポーツ(「大阪スポーツ」(東スポグループ)記者)
  26. ^ 直送!競輪場便り 別府競輪場より 「小野俊之 大分 77期 A級1班」 月刊競輪WEB 2017年1月20日
  27. ^ shio_sportsのツイート(1093426211072573440)シオスポーツ(「大阪スポーツ」(東スポグループ)記者)
  28. ^ 【競輪】岸和田高松宮記念杯は中川誠一郎がV 今年2回目のG1制覇に笑顔”. デイリースポーツ (2019年6月16日). 2019年6月16日閲覧。
  29. ^ 中川誠一郎「2つ取れるとは」本人も驚くV/岸和田”. 日刊スポーツ (2019年6月17日). 2019年6月16日閲覧。
  30. ^ WEB月刊競輪世界選レポート(初日) - KEIRIN.JP 2012年4月4日付
  31. ^ ロンドン五輪・ロンドンパラリンピック代表候補選手記者会見 - 日本自転車競技連盟 2012年5月1日付
  32. ^ 中川誠一郎スプリント連覇/全プロ大会 - 日刊スポーツ 2014年5月20日7時52分
  33. ^ アジア選手権 MEチームスプリント<決勝>結果 - 日本自転車競技連盟
  34. ^ 日本記録 - 日本自転車競技連盟 WEB SITE

関連項目[編集]

外部リンク[編集]