熊本競輪場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
熊本競輪場
Kumamotokeirinjyo.jpg
基本情報
所在地 熊本市中央区水前寺5-23-1
座標 北緯32度47分45.4秒 東経130度44分24.5秒 / 北緯32.795944度 東経130.740139度 / 32.795944; 130.740139座標: 北緯32度47分45.4秒 東経130度44分24.5秒 / 北緯32.795944度 東経130.740139度 / 32.795944; 130.740139
電話投票 87#
開設 1950年(昭和25年)7月21日
所有者 熊本市
施行者 熊本市
走路 500[1]m
重勝式投票 チャリロト(グループG)
公式サイト 熊本競輪
実況
担当 国武賢治
記念競輪
名称 火の国杯争奪戦
開催月 10月(2016年からは久留米で代替開催)
テンプレートを表示
熊本県競輪選手宿舎

熊本競輪場(くまもとけいりんじょう)は熊本県熊本市中央区水前寺にある競輪場。施設所有および主催は熊本市。競技実施はJKA西日本地区本部九州支部。電話投票における競輪場コードは87#。実況は日本写真判定で担当は国武賢治。日本の全公営競技場の中でも最南端に位置する。

2020年10月再開を目標としている[2]

概要[編集]

熊本競輪場は1950年に開設された。記念競輪 (GIII) として『火の国杯争奪戦』が毎年10月に開催されている。他にも現役時代は全国区のスタープレイヤーとして大活躍し、日韓競輪交流親善大使に任命された矢村正を称え『日韓競輪親善大使記念矢村正杯』が、また現役時代は熊本を中心に活躍し熊本選手会の長として中央に上り、輪界の発展に尽くした松本秀人を称え『松本秀人杯』が開催されている。

GIとして、1986年2007年全日本選抜競輪が、1995年2002年オールスター競輪が、2012年に九州地方では初めての日本選手権競輪が、それぞれ開催された。

トータリゼータシステム富士通フロンテックを採用している。イメージキャラクターは『火の国熊本』から「火の鳥」をモチーフとした「ファイ太」。

発売締切前(3分前~)の音楽はフランク・ミルズの「愛のオルゴール」。

2012年10月13日より一般来場者立ち入り区域全体をカバーする無料Wi-Fiサービスを開始(競輪場としては全国初[3])。

2015年8月23日 - “的中券扱い”として自動発払機で車券購入に使用できるギフト車券「わくわく車券」を導入。競輪業界初の試み[4]となる。

平成28年熊本地震では4月16日の本震でバック側特別観覧席の窓ガラスが破損し、バンクなどの設備が壊れる被害を受け[5]応急危険度判定士により建物への立ち入りは危険と判断され、本場での開催と場外発売は中止される事になる[6]。その後前売向けと東門の発売所を使用することにより6月2日から場外発売は再開された[7]が、本場での開催再開は未定。

なお同年7月19日からの松本秀人杯と11月9日からの矢村正杯(共にFI開催)、10月20日から23日までの記念開催は、久留米競輪場で熊本市の主催により行なっており[8][9][10]2017年10月19日から22日までの記念開催も同様に久留米競輪場で開催される[11]。また2019年に当地で開催予定だったインターハイは沖縄県で開催されることが決定した。

バンク[編集]

既存の陸上競技場[12]を拡張するような形でつくられた。

1周は500m[1]。元々は400mで設計していたが、直線部分のみを伸ばすような形で500mに変更して完成させたため、全国の競輪場で最も直線が長く、その特異なバンク構造から「滑走路」のあだ名がつけられている。これは、競輪場のバック側特別観覧席とスタンドの構造を共有している熊本市水前寺競技場(陸上競技場)が隣接しており、500mバンクの内側において通常設置されることの多い陸上用トラックの造成が不要なためである[13]

直線が極端といえるほど長いため先行する選手には不利であり、それを追走する番手の追込選手すら有利とは言い切れない。後方から捲る自力の選手も状況次第で番手追走の選手に交わされる事もあり、最後の直線だけで実力を発揮させるタイミングが重要な走路といえる。ただし、タイミングさえ上手く図れれば先行選手でも逃げ切れるケースがある。

なお大画面映像装置は1センター側に設置されているが、これが後方の選手が直線へ入る時のコースを決めやすくさせる要因になっている。

チャリロト[編集]

2012年2月28日の開催から重勝式投票にあたるチャリロトを発売しているが、グループ開催への移行により、それまでのキャリーオーバーによる発売は10月31日を最終日として一旦終了することになり、最終日は特例として各賭式でキャリーオーバーがあった場合は一つ外した目でも的中の扱いとしていたが、全方式とも的中者がいなかったため、チャリロトの208万6650円、チャリロトセレクトの78万0675円、チャリロト5の1350円が、熊本市の収益となった。

同年11月16日の開催よりキャリーオーバーを共有する『グループG』としての発売となり、豊橋競輪場別府競輪場小倉競輪場松阪競輪場と共有している。なおキャリーオーバーの対象外であるチャリロト3は熊本単独で発売される。

2015年4月9日には「チャリロトプラザ」が開設され、会員登録により場内での重勝式購入が可能となった[14]

場外車券売場[編集]

なお、サテライトかのや(鹿児島県鹿屋市大浦町)を2008年8月17日にオープンさせたが、2010年3月31日をもって閉鎖している。

歴代記念競輪優勝者[編集]

優勝者 登録地
2003年 小倉竜二 徳島
2004年 小野俊之 大分
2006年 山崎芳仁 福島
2007年 武田豊樹 茨城
2008年 合志正臣 熊本
2010年1月 武田豊樹 茨城
2010年10月 合志正臣 熊本
2012年 佐藤友和 岩手
2013年 長塚智広 茨城
2014年 飯嶋則之 栃木
2015年 武田豊樹 茨城
2016年[15] 中川誠一郎 熊本
2017年[15] 古性優作 大阪
2018年[15] 中川誠一郎 熊本
2019年[15]
※1節4日間制開催となった、2002年4月以降の歴代記念競輪優勝者を列記。

交通アクセス[編集]

ファンバス(無料バス)
※熊本地震以降運休中
公共交通機関
その他
熊本空港(阿蘇くまもと空港)方面から

ホームバンクとする主な選手[編集]

過去には馬場正(12期)が通算843勝を挙げている[18]

合志と中川誠一郎のほか、古くは宮本義春宮路雄資特別競輪を制覇している。

緒方浩一(30期)は、引退後に競輪評論家としても活躍した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本自転車競技連盟・競技規則集2015・253p (PDF) - 実際の測定線距離は499.841m
  2. ^ 熊本競輪500バンクで存続 検討会が最終報告 2020年10月再開目指す - 西日本スポーツ、2017年11月9日
  3. ^ 熊本市競輪事業概要 平成25年度 - 熊本市 農水商工局 競輪事務所
  4. ^ 競艇では、ボートレースからつなどで類似事例がある。
  5. ^ 熊本競輪場、使用不能に 来月開催レース中止 - くまにちコム・2016年4月21日
  6. ^ 熊本競輪開催中止及び場外発売中止について【更新】 - KEIRIN.JP・2016年4月26日
  7. ^ 場外発売再開について - 熊本競輪場・2016年5月31日
  8. ^ 久留米競輪場借上げによる熊本競輪開催並びに開催中止について - KEIRIN.JP・2016年5月31日
  9. ^ 久留米競輪場借上げによる開設66周年記念熊本競輪の開催について - KEIRIN.JP・2016年7月1日
  10. ^ 久留米競輪場借り上げによる熊本地震復興競輪「矢村正杯争奪戦」(F1)開催のお知らせ - 久留米競輪場
  11. ^ 開設67周年記念熊本競輪「火の国杯争奪戦 GIII」in久留米 パンフレット表紙 (PDF) - 熊本けいりん
  12. ^ 昭和天皇の御大典記念事業の一環として、水前寺野球場とともに1928年(昭和3年)9月に建てられた(現在の水前寺競技場とは異なる)。
  13. ^ もっとも、昭和40年代初頭(1960年代後半)までは、バンクの内側に1周300mのトラックがあった。
  14. ^ 4月9日(木)に『熊本競輪場』内チャリロトプラザOPEN!! - チャリロトニュース・2015年4月8日
  15. ^ a b c d 平成28年熊本地震の影響で熊本競輪場が使用不能となったために、久留米競輪場での代替開催。
  16. ^ 2015年(平成27年)3月までは熊本市営バス(廃止 現:熊本都市バス)が運行。停車バス停は「熊本交通センター」、「水道町」、「水前寺駅通り」だった。
  17. ^ 宮崎交通と共同運行。
  18. ^ 選手通算成績 馬場 正

外部リンク[編集]