郡司浩平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

郡司 浩平(ぐんじ こうへい、1990年9月4日 - )は、神奈川県横浜市出身[1]競輪選手日本競輪学校第99期生。日本競輪選手会神奈川支部所属。師匠は同じく競輪選手で父親の郡司盛夫(50期)。

来歴[編集]

全日本リトルリーグ野球選手権大会で優勝を経験。横浜市立横浜商業高等学校在籍時代も野球部で活動した。しかし、在籍時代は甲子園大会に出場することができず、3年夏の全国高等学校野球選手権大会・神奈川大会終了直後には将来の目標を見失っていた。しばらくして、父親の盛夫が競輪選手であることから、それに倣いたいと盛夫に伝えたところ、普段は温厚な性格の盛夫が態度を一変し、誓約書を書かされて漸く師弟関係となった。

競輪学校における在校競走成績は第10位(20勝)。

2011年1月15日、ホームバンクの川崎競輪場でデビューし2着。初勝利は同年1月16日の同場。

2016年第67回高松宮記念杯競輪名古屋競輪場) 2位。

2017年、第1回ウィナーズカップ高松競輪場) 優勝。

脚注[編集]

外部リンク[編集]