梶應弘樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

梶應 弘樹(かじお こうき、1965年10月21日- )は、競輪選手日本競輪選手会愛媛支部所属(前支部長)。

経歴[編集]

高校時代、1983年の群馬国体・400m速度競走で2位に入った。その後、伊藤豊明に師事し、日本競輪学校第57期生となる。同期には坂本勉波潟和男らがいる。1986年5月1日岸和田競輪場でデビューし1着。

1991年ふるさとダービー別府競輪場)決勝において、豊田知之に次いで2着。1992年高松宮杯競輪において、現在のGI初優出(6着)。続いて行われた全日本選抜競輪岸和田競輪場)でも決勝に進出。逃げ切り濃厚と思われた吉岡稔真をゴール直前ズブリと差し、初のGI優勝を果たした。また同年の競輪祭決勝では、優勝の吉岡にマークして2着。さらに同年のKEIRINグランプリ平塚競輪場)では5着に入った。

その後、GIでは2回の決勝進出を果たしている。

エピソード[編集]

  • 誰が名づけたか不明だが、ゴキブリに似た乗車フォームをしていることにちなんで、ゴキブリ走法と呼ばれることがある。
  • ホームバンクである松山競輪場の、旧施設最後の開催が2005年1月2日に行われたが、S級決勝戦を制し、旧施設開催最後の優勝者として名を刻んだ。

主な獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]