松山競輪場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松山競輪場
Matsuyamakeirin.JPG
基本情報
所在地 愛媛県松山市市坪西町796-6
座標 北緯33度48分32秒 東経132度44分32.4秒 / 北緯33.80889度 東経132.742333度 / 33.80889; 132.742333座標: 北緯33度48分32秒 東経132度44分32.4秒 / 北緯33.80889度 東経132.742333度 / 33.80889; 132.742333
電話投票 75#
開設 1949年(昭和24年)12月16日
2005年2月4日移転
施行者 松山市
走路 400m
重勝式投票 チャリロト(グループA)
公式サイト 松山競輪
実況
担当 田中克典
ナイター競走
愛称 瀬戸風ドリームナイトレース
開催期間 主に冬場(夏場も開催あり)
記念競輪
名称 金亀杯争覇戦
開催月 3月
テンプレートを表示

松山競輪場(まつやまけいりんじょう)は愛媛県松山市にある競輪場。施設所有および主催は松山市。競技実施はJKA西日本地区本部中四国支部。愛称は瀬戸風バンクもしくはであいフィールド

概要[編集]

1949年松山城の敷地内である松山市堀之内(旧松山競輪場跡地)で500mバンクを開設した。隣接地には、1948年に開設された松山市営球場が存在した。

2005年1月に現在地・松山中央公園内で新しい400mバンクを造成して移転、2月4日から開催を開始し、10月には初めての特別開催となる共同通信社杯競輪が行われた。その後も、2009年9月には初のGI開催となるオールスター競輪が、2011年7月にはサマーナイトフェスティバルが、2013年2月には全日本選抜競輪が、2018年3月にはウィナーズカップが、それぞれ行われた。今後は2019年5月に全日本プロ選手権自転車競技大会記念競輪全日本プロ選手権自転車競技大会が開催される予定である。

記念競輪(GIII)としては『金亀杯争覇戦』が毎年3月(2017年は1月)に開催されている。またS級シリーズとして2008年からはオールスター競輪などを制した伊藤豊明を称え、伊藤豊明杯争奪戦が開催される。2009年11月20日の開催からは、四国初の競輪ナイター競走となる『瀬戸風ドリームナイトレース』が実施され、まず2010年3月までを予定していたが5月1日まで延長して開催され、夏期開催は昼間に行なった後、11月14日より再びナイター開催が行なわれ、以降は冬場を中心にナイターで開催されている。なお2011年3月の記念競輪は昼間開催で行なわれる予定であったが東日本大震災の影響で中止となった。

2004年3月17日からは四国競輪インターネットライブによる動画実況放送が行なわれていたが2010年11月2日に終了した。トータリゼータシステム日本ベンダーネットが採用されている。

当競輪場のCMは愛媛県在住の選手が出演している。

チャリロト[編集]

2012年11月26日からの開催より、重勝式投票にあたるチャリロトが発売される。なお松山は、平塚競輪場川崎競輪場小田原競輪場キャリーオーバーを共有する『グループA』としての発売となり、キャリーオーバーの対象外であるチャリロト3は松山単独での発売となる。

なお2015年1月28日より「チャリロトプラザ」が開設されており、会員登録すれば場内で重勝式の購入が可能となっている[1]

バンク[編集]

400mを使用。カントがややきつく、直線も長いため、性格としては立川競輪場に似ているといわれているが、選手のスピードが落ちにくい高速バンクのため、前に位置している選手が残りやすい面もある。

なおバック側に建物がなく、近隣を川が流れているため、走路に風が入り込みやすく、また走路の全周外側にポリカーボネート(透明板)が設置されているため、選手が風の影響を受けやすい。さらにその外側(ホーム側)には選手通路が設けられており、観客席からバンクまでの距離が長いのも特徴である。

大画面映像装置は3コーナー側に設置されている。

アクセス[編集]

場外車券売場[編集]

  • サテライトこまつ - 愛媛県西条市小松町大字新屋敷字白坪甲1032-1
  • サテライト西予 - 愛媛県西予市宇和町大江188-1
  • 二番町前売サービスセンター - 愛媛県松山市二番町4丁目7番地3(松山市役所敷地内。前売専用のため、レース実況や当日の的中車券・非開催日の払い戻し業務は行っていない)
    • 松山市堀之内の旧競輪場敷地では、2006年6月まで「堀之内前売サービスセンター」が開設され、場外発売が行われていた。

歴代記念競輪優勝者[編集]

優勝者 登録地
2003年3月 小嶋敬二 石川
2003年12月 村上義弘 京都
2005年 渡部哲男 愛媛
2006年 神山雄一郎 栃木
2007年 北津留翼 福岡
2009年 小嶋敬二 石川
2011年 開催中止[2]
2012年 飯嶋則之 栃木
2014年3月 新田祐大 福島
2014年11月 井上昌己 長崎
2016年 浅井康太[3] 三重
2017年 原田研太朗 徳島
2019年 渡部哲男 愛媛
2020年
※1節4日間制開催となった、2002年4月以降の歴代記念競輪優勝者を列記。

注釈[編集]

リンク[編集]