原田研太朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

原田 研太朗(はらだ けんたろう、1990年9月16日 - )は、徳島県阿南市出身の競輪選手日本競輪学校(以下、競輪学校)第98期生。日本競輪選手会徳島支部所属。ホームバンクは小松島競輪場。師匠は下川健治(57期)。

来歴[編集]

徳島県立徳島工業高等学校[1](現:徳島県立徳島科学技術高等学校(略称:「科技高(かぎこう)」))を経て競輪学校に技能試験合格し入学。在校競走成績は38位(13勝)。

2010年7月5日熊本競輪場でデビューし初勝利を挙げた。

2012年ヤンググランプリ京王閣競輪場、以下 京王閣)8位。同年度の優秀新人賞を受賞[2]

2015年第68回日本選手権競輪(京王閣)9位。共同通信社杯競輪防府競輪場)8位。サマーナイトフェスティバル函館競輪場)5位。

2016年、立川競輪開設64周年記念鳳凰賞典レース(GⅢ)(立川競輪場)で記念初優勝。広島競輪開設64周年記念ひろしまピースカップ(GⅢ)(広島競輪場)で記念2勝目。2016年開催最初と最後の記念競輪初優勝者となった。

2017年、松山競輪開設66周年記念金亀杯争覇戦(GⅢ)(松山競輪場)で記念3勝目。決勝戦では、S級戦で初めての番手回り(同県、太田竜馬選手の番手)となった。

第1回ウィナーズカップ高松競輪場)7位。オールスター競輪いわき平競輪場)6位。

2018年、第2回ウィナーズカップ(松山競輪場)3位。同大会3日目の準決勝(3月20日)では、通算300勝を達成(登録日から7年10か月19日、710走目)。1994年に改正された表彰規定の、登録10年以内の記録としては史上5人目(神山雄一郎吉岡稔真小嶋敬二武田豊樹に続くもの)[3][4][5]

特徴[編集]

  • 身長164センチ、体重69キロという小兵[6]ながら、先行・捲りの自力を主体とする選手。自力主体の選手は概ね170センチを超えている現状を見る限り、異色の選手だといえる[誰?]

脚注[編集]

外部リンク[編集]