鶴ヶ城体育館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鶴ヶ城体育館(つるがじょう たいいくかん)は、福島県会津若松市城東町14-51に所在する体育館

なお、当地の前身である、福島県営会津競輪場(ふくしまけんえい あいづ けいりんじょう)についても記述する。

概要[編集]

1993年11月15日、同市門田町にあいづ総合体育館が開場したため、当名称に変更となった。

1995年ふくしま国体では柔道の会場となった。

2011年9月の全日本プロレス会津若松大会の会場として使用された。

施設概要[編集]

  • 面積 - 1458.49平方メートル
  • バスケット・バレーボール - 2面
  • バドミントン - 8面
  • 卓球 - 22面
  • 2、3階 - 固定席 1536席、卓球室、トレーニング室

2011年(平成23年)9月現在、同年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)により外部軒天井が破損し、改修工事が行われている。

会津競輪場[編集]

会津競輪場
基本情報
所在地 福島県会津若松市城東町
開設 1950年4月8日
(新地は1958年3月20日)
閉場 1963年11月11日
(旧地は1956年11月27日)
所有者 福島県及び会津若松市
施行者 福島県
走路 333.3m
テンプレートを表示
  • 1950年4月8日、若松城(鶴ヶ城)本丸跡内に、1周333.3m周長の競輪場として、東北地方では最初に開場、第一回の県営競輪を開催。なお、主催は福島県であったが、権利及び収益は会津若松市と折半という形をとった。
  • 1954年文化財保護委員会が競輪開催の条件として定めた5年間の使用期限満了期間となったが、会津若松市側が同地使用の2年間延長を申し入れ、これが了承される。
  • しかし、その間に移転先が見つからなかったため、1956年11月27日の開催を最後に、会津競輪は開催休止状態に追い込まれてしまう。
  • その後、当地への移転が漸く決まり、1958年3月20日に開場。しかし移転以前から、競輪場移転に反対だった県側と、県の意向任せという、後手の姿勢に終始する市側との間に競輪廃止への機運が高まり、翌1959年佐藤善一郎県知事(当時)と当時の会津若松市長との間で、競輪廃止問題が浮上。
  • 結局、市民会館建設費が終了する1963年まで開催することで双方同意。同年11月11日の開催を最後に、会津競輪は休止(事実上、廃止)されることになった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]