御崎公園球技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
御崎公園 > 御崎公園球技場
御崎公園球技場
"ノエビアスタジアム神戸"

ノエビアスタジアム神戸

施設情報
所在地 兵庫県神戸市兵庫区御崎町1-2-2[1]
位置 北緯34度39分24.15秒
東経135度10分8.27秒
座標: 北緯34度39分24.15秒 東経135度10分8.27秒
起工 1999年10月[2]
開場 2001年10月(竣工)[2]
所有者 神戸市
運用者 神戸ウイングスタジアム
グラウンド SISGrass
ピッチサイズ 105 x 68 m
大型映像装置 LED方式 2面
建設費 230億円[2][3]
設計者 大林組神戸製鋼所JV[2]
建設者 大林組・神戸製鋼所JV [2]
旧称
御崎公園球技場(神戸ウイングスタジアム)
ホームズスタジアム神戸(2007年3月 - 2013年2月)
使用チーム、大会
ヴィッセル神戸(Jリーグ)
INAC神戸レオネッサ(日本女子サッカーリーグ)
神戸製鋼コベルコスティーラーズラグビートップリーグ
2002 FIFAワールドカップ
INOKI BOM-BA-YE 2003
全日本高等学校女子サッカー選手権大会(2015年 - 2017年)
収容能力
34,000人
アクセス
#アクセスを参照。

御崎公園球技場(みさきこうえんきゅうぎじょう、Misaki Park Stadium)は、兵庫県神戸市兵庫区御崎公園内にある球技場である。施設は神戸市が所有し、神戸ウイングスタジアムが都市公園法に基づく管理許可制度により運営管理を行っている。

なお、神戸市中央区に本社を置くノエビア命名権を取得しており、2013年3月1日から「ノエビアスタジアム神戸」(ノエビアスタジアムこうべ、略称「ノエスタ」)の呼称を用いている(後述)。なお、命名権が導入されるまでの愛称は神戸ウイングスタジアム(こうべウイングスタジアム)である。

歴史[編集]

神戸市立中央球技場[編集]

1970年、旧神戸競輪場跡地に神戸市立中央球技場(こうべしりつちゅうおうきゅうぎじょう)として開場。国内初の夜間照明を備えた本格的な球技専用の競技場で、当時は13,000人収容、メインスタンドが座席、バックスタンドは立見、ゴール裏は芝生席であった。

日本サッカーリーグ(JSL)時代は主にヤンマーディーゼルサッカー部の試合を中心に開催され、松下電器産業サッカー部の試合でも使われた。Jリーグ発足後は1992年のJリーグカップガンバ大阪が主催試合を行ったが、その後はスタジアム規定や後述の改修工事などの関係でトップチームの試合には使われず、Jサテライトリーグが主であった。

中央球技場時代にはサッカー日本代表の国際Aマッチ開催記録こそないが、1970年代から1980年代にかけてトッテナム・ホットスパーを始めとする欧州の強豪クラブを迎えて日本代表が親善試合を開催した記録がある[4]

また、社会人、大学、高校のアメリカンフットボールの試合会場としてもしばしば使用された。

御崎公園球技場[編集]

2002 FIFAワールドカップの開催に合わせて、40,000人規模の収容能力を有するスタジアムとして改築される事になった。

1995年に発生した阪神・淡路大震災による予算難で、一時は改築を中止し、神戸総合運動公園ユニバー記念競技場を改修する代替案も検討されたものの、結局当初の計画通り中央球技場の改築に取り掛かることになった。

2001年11月にまずゴール裏の仮設席を含めたW杯規格の42,000人収容のスタジアムとして第1次オープン[2]。同月にヴィッセル対横浜F・マリノス戦でこけら落としが行われた。 (メインスタンドには当時使用されていた『FIFA WORLD CUP/KOBE』の看板がある)

2003年に仮設席を撤去し、34,000人収容にする[3] と共に、開閉屋根やパノラマレストラン、スポーツジム施設などを整備した。同年よりヴィッセルがホームスタジアムと使用している。

2015年3月2日ラグビーワールドカップ2019の開催会場となることが発表された[5]

2017年10月より芝の改修工事に行い、日本のスタジアムでは前例のない天然芝(96%)に人工芝(4%)を挿入した、いわゆるハイブリッド芝のSISGrass(シスグラス)が導入された。

施設概要[編集]

外観
ラグビートップリーグの試合風景。
ワールドカップ時の北側仮設スタンド

ラグビーでも使用可能な球技専用スタジアム。当初は全面天然芝であったが、後にサッカーピッチの外側(ラグビー時のインゴールエリア)はロングパイル人工芝に張り替えられている。

スタンドはピッチ四辺に平行に設けられている。メインスタンドが二層式でサイドスタンド・バックススタンドが一層式。2階部分にはメインスタンドとサイドスタンドを結ぶコンコース通路が設けられている(イベントによっては動線計画により一部締め切ることがある)。全席が全て背もたれとカップホルダー付きの座席となっており、座席下部から温風または冷風を送り込む空調システムがついている。また、南サイドスタンドの一部には「床発電システム」が据えつけられている。サポーターが飛び跳ねることで床に設置した発電装置を稼動させ、この時発生した電力は試合終了後、観客誘導用の照明に使われる。

両サイドスタンドは2002 FIFAワールドカップの上下に鉄パイプで足場を組んだ仮設席を設けて42,000人収容を確保していたが、W杯終了後に仮設席を撤去し、34,000人収容に縮小している。撤去された仮設席のうち、1,300席分はチュウブYAJINスタジアム鳥取県米子市、2012年12月開場)の座席として再利用された[6]。なお、ヴィッセルのホームゲーム時はメインスタンド上層部(パノラマシート)を利用しないため、主催試合開催時は30,132人となる。当初は慣例通り北スタンド(メインスタンドから見て左側)がサッカー時のホーム側とされていたが、ヴィッセル神戸・サッカー日本代表・INAC神戸レオネッサは南スタンドをホーム側に変更している。

大型映像装置はバックスタンドと北サイドスタンドの間、及びメインスタンドと南サイドスタンドの間に対称する形で11.2 x 6.02 mのものが1基ずつ設置されている。設置当初は三菱電機オーロラビジョンだったが、設置されて8年以上経過し保守用の部品の調達が困難になったことから、2010年に場外のビジョン一基と共にLED化更新工事を行い、パナソニック電工(現:パナソニック)製の「ウイングビジョン」[注 1] へ切り替わり、ハイビジョン映像にも対応した。また、音響設備は、神戸市に本社があるTOAのシステムが納入されている。

屋根は元々メインスタンドとバックスタンドにのみ設けられていたが、W杯終了後の改修工事で開閉式屋根が設置された。4枚で構成され開放時はサイドスタンドに2枚ずつ収納されている。基本的に降雨時には屋根がしめられるが、2008年12月6日のJ1最終節、ヴィッセル×柏レイソル戦は屋根が開けられた状態での開催で試合途中に雪が降った中の試合となったことがある。立体トラスが多用されている[7][8]

バックスタンド上段から撮影した可動屋根クローズ時の御崎公園球技場のパノラマ。画像の向かって左側が南サイドスタンド、右側が北サイドスタンド、中央部分がメインスタンド。座席の色も各スタンドごとに異なっている。

付属施設[編集]

  • スポーツジム「神戸ウイングスタジアムスポーツクラブ」(バックスタンド1階)
  • パノラマレストラン「ウルティモ」(南サイドスタンド1階)
  • 芝生広場
    • フリーマーケットなど各種イベントが実施されている。
  • 多目的コート:2面(テニス、フットサル両用)
  • 地下駐車場:700台

命名権[編集]

観客席に命名権導入

御崎公園球技場では2005年シーズンから、観客席に命名権を導入した。ヴィッセルのホームゲーム開催時に限り、メインスタンドとバックスタンドに企業名を冠し、広告収入はヴィッセルの運営会社であるクリムゾンフットボールクラブ(クリムゾンFC)が授受するというもの。メインスタンドはヴィッセルのスポンサーでもある楽天、バックスタンドは同じくヴィッセルのスポンサーである川崎重工業となり、それぞれ「楽天スタンド」「Kawasakiスタンド」と案内されている[9]。川崎重工業は2006年までの2年契約で更新はされなかった。

施設命名権

神戸市とクリムゾンFCは、御崎公園球技場の施設命名権のスポンサーを募集。2007年2月に不動産ポータルサイト「HOME'S」を運営するネクストが年額7,000万円(税込)で命名権を取得(2007年3月1日から3年間)、「ホームズスタジアム神戸」の呼称(略称は「ホムスタ」)を使用した[10][11]。なお、天皇杯全日本サッカー選手権大会全国高等学校サッカー選手権大会の各県予選など兵庫県サッカー協会の主催試合の際は元の「神戸ウイングスタジアム」の名称を使用したことがある。

2010年には、2013年2月28日まで契約が更新され、引き続き「ホームズスタジアム神戸」の名称を使用することになったが、略称・略号は「ホームズ」に変更された[10]。なお、ネクストは2013年2月末の契約満了を以て、命名権から撤退した。

2013年1月30日、神戸市に本社を置く化粧品メーカーのノエビアが年額6,500万円(税込)で命名権を取得した。2013年3月1日から3年間、命名権により「ノエビアスタジアム神戸」(略称:「ノエスタ」)の呼称を使用している[12][13]

なお、クリーンスタジアム規定が適用されるサッカー(国際サッカー連盟及びアジアサッカー連盟主催)、ラグビー(ワールドラグビー主催)の国際試合・大会・事前キャンプなどでは、例外として正式名称を使用する。

芝生問題[編集]

2003年秋以降、芝生の生育状態が芳しくなく、サッカーをはじめとするスポーツイベントの開催に支障をきたしている。開閉式屋根の設置により日照及び通風が阻害されている事が原因とされており、ヴィッセル神戸が芝生の育成状態の改善を要望し、充分な育成が整わない場合は、(当スタジアムと併用していた)神戸総合運動公園ユニバー記念競技場をメインに戻し、サブに降格させると2004年9月にスタジアム側へ通告する事態にもなった。これを受けて、神戸市では2003年と2004年にそれぞれ2回、2005年・2006年にも芝の全面張り替えを行い、その後は芝の栽培技術改良に伴い、徐々に毎年の張り替え面積を減らしてきていた[14]。また、一般利用とアメフトでの利用を一時停止し、2005年3月に両サイドスタンド上部の壁に通風口を約7,000万円かけて設置するなどの対応を行った。

しかしながら抜本的な改善策には至らず、夏場には芝が剥がれるなど荒れた状態が続き、特に2015年にはヴィッセル監督のネルシーニョ[15] や選手ら[14] がピッチへの不満を口にし、さらにヴィッセルのオーナーである三木谷浩史が自身のTwitterで「12年間言い続けましたが、芝が良くならない。そろそろ決断の時かな」とスタジアムへの不満を明らかにするツイートを記す[16][17] などの事態となった。こういった状況を受け、ヴィッセルでは当スタジアムで開催予定だったJ1・2ndステージ第9節・サガン鳥栖戦(8月29日)[18][19] およびJリーグヤマザキナビスコカップ準々決勝第2戦・柏レイソル戦(9月6日)[20] をユニバー記念競技場での開催に変更した。2016年に10年振りの芝全面張り替えが行われ[14]、2018年には日本初のハイブリッド芝のSISGrass(シスグラス)が導入された[21]。2018年6月16日ラグビー日本代表vsイタリア代表の試合が行われ芝生の傷みが心配されたが、試合後の傷みはなく、また選手からも天然芝との違いが分からないと好評であった。ハイブリッド芝の強度、効果が証明された。[22]

開催された主なイベント[編集]

サッカー[編集]

国内試合[編集]

国際試合[編集]

ラグビー[編集]

アメリカンフットボール[編集]

格闘技[編集]

その他[編集]

神戸競輪場[編集]

神戸競輪場
基本情報
所在地 神戸市兵庫区
開設 1949年10月15日
閉場 1960年12月8日
所有者 神戸市
施行者 神戸市、兵庫県等
走路 500m
記念競輪
名称 不明
開催月 9月
テンプレートを表示

上述の通り、当地の前身は神戸競輪場である。第二次世界大戦の空襲被害で閉鎖された鐘淵紡績(旧カネボウ、現:クラシエホールディングス)兵庫工場跡地を神戸市が買い取り1949年10月15日に開設。1周500m。主に神戸市が主催者となった。開設当初より当競輪場の警備や売店など暴力団が受け持っていた。1950年9月、利権争いを巡って山口組と西海組の抗争事件が起こった。

1956年8月下旬から9月上旬にかけて、当時特別競輪であった全国都道府県選抜競輪が開催されたが、1960年12月8日の開催を最後に廃止された。

アクセス[編集]

脚注[編集]

注記[編集]

  1. ^ パナソニックの大型映像装置は「アストロビジョン」と言う商品名が存在するが、パナソニック電工の製品に関してはこれと言った名称は特に無く、当スタジアム独自に命名された。
  2. ^ 熊本のホームスタジアムであるうまかな・よかなスタジアムが、平成28年熊本地震の影響により「会場の安全確認が完了していない」という理由で使用中止となり[23]、その代替として使用された[24]
  3. ^ 2017年も開催予定だったが、台風接近により中止となった。

出典[編集]

  1. ^ a b c スタジアム(ノエスタ) 日本プロサッカーリーグ公式サイト 2013年6月8日閲覧
  2. ^ a b c d e f 「神戸ウイングスタジアム」、『日経アーキテクチュア2001年6月
  3. ^ a b W杯“遺跡”(4)”. 夕刊フジ. 2013年8月29日閲覧。
  4. ^ 国際親善試合 対トットナム・ホットスパー戦 JFA 代表TIMELINE
  5. ^ ラグビーワールドカップ2019組織委員会 開催都市決定のお知らせ”. 日本ラグビーフットボール協会 (2015年3月2日). 2015年3月2日閲覧。
  6. ^ 生まれ変わった歴史ある 椅子〜日韓ワールドカップからの10年〜”. 野人続々!プロジェクト. ガイナーレ鳥取 (2012年10月3日). 2013年8月3日閲覧。
  7. ^ 神戸ウイング・スタジアム 福井大学
  8. ^ 作品集 デザインファイブ
  9. ^ スタンドに命名権 神戸ウイングスタジアム”. 共同通信社 (2005年2月6日). 2013年2月9日閲覧。
  10. ^ a b “ホームズスタジアム神戸におけるネーミングライツ契約の更新” (プレスリリース), 神戸市, (2010年1月15日), http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2010/01/2010011511001.html 2013年2月9日閲覧。 
  11. ^ “『神戸ウイングスタジアム』のネーミングライツ(命名権)を取得” (プレスリリース), 株式会社ネクスト, (2007年2月9日), http://www.next-group.jp/press/corp/070209.html 2013年2月9日閲覧。 
  12. ^ “御崎公園球技場におけるネーミングライツスポンサーの選定結果” (プレスリリース), 神戸市, (2013年1月30日), http://www.city.kobe.lg.jp/life/town/park/naming/wingstadiumkekka201212.html 2013年2月9日閲覧。 
  13. ^ “「ノエビアスタジアム神戸」命名権取得に関するお知らせ” (プレスリリース), 株式会社ノエビア, (2013年1月30日), http://www.noevir.co.jp/new/whatsnew/2013/20130130_01.htm 2013年2月9日閲覧。 
  14. ^ a b c “J1神戸のホーム芝、全面張り替えへ 市が来年度”. 神戸新聞. (2015年8月28日). http://www.kobe-np.co.jp/news/sports/vissel/201508/0008343524.shtml 2015年8月29日閲覧。 
  15. ^ “神戸ネルシーニョ監督 ノエスタに苦言”. デイリースポーツ. (2015年7月15日). http://www.daily.co.jp/newsflash/soccer/2015/07/15/0008213313.shtml 2015年8月29日閲覧。 
  16. ^ “J1神戸の本拠、三木谷氏が不満ツイート「決断の時が」”. 朝日新聞. (2015年7月18日). http://www.asahi.com/articles/ASH7L5GC7H7LPTQP00R.html 2015年8月29日閲覧。 
  17. ^ 神戸 三木谷氏がホーム移転を示唆「芝が良くならない」”. スポーツニッポン (2015年7月17日). 2015年8月6日閲覧。
  18. ^ 8/29(土)vs.鳥栖の開催スタジアム変更およびチケットの取り扱いに関するお知らせ”. ヴィッセル神戸公式サイト (2015年8月4日). 2015年8月6日閲覧。
  19. ^ 神戸 鳥栖戦会場を異例の変更 三木谷氏つぶやいた「決断の時」来た”. スポーツニッポン (2015年8月4日). 2015年8月6日閲覧。
  20. ^ “2015Jリーグヤマザキナビスコカップ 準々決勝 第2戦 キックオフ時刻および開催スタジアム変更のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2015年8月19日), http://www.jleague.jp/release/post-37559/ 2015年8月29日閲覧。 
  21. ^ “神戸ノエスタ バルサ仕様ピッチに!日本初「ハイブリッド芝」導入へ”. スポーツニッポン. (2016年9月21日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/09/21/kiji/K20160921013395550.html 
  22. ^ “ハイブリッド芝で初試合 両軍が争った部分も大きくはがれず” (日本語). SANSPO.COM. http://www.sanspo.com/rugby/news/20180616/jpr18061618450003-n1.html 2018年6月17日閲覧。 
  23. ^ “2016明治安田生命J2リーグ 第15節 ロアッソ熊本 vs FC町田ゼルビア うまかな・よかなスタジアムでの開催中止について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年5月11日), http://www.jleague.jp/release/post-43084/ 2016年5月11日閲覧。 
  24. ^ “2016明治安田生命J2リーグ 第15節 ロアッソ熊本 vs FC町田ゼルビア 代替スタジアム決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年5月16日), http://www.jleague.jp/release/post-43208/ 2016年5月16日閲覧。 
  25. ^ a b c d e f g 交通アクセス 公式サイト 2013年6月8日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]